「KC」だよ!「カンザス」ではない!

メリフィールドまたポップフライ!KCはミスにつけこまれどん底状態に...ホランドに仕返しされた...

このエントリーをはてなブックマークに追加

惨め過ぎる…投手、攻撃、守備、走塁…もうガタガタでミスからのダメージを抑えられない。

カンザスシティ ロイヤルズは毎年恒例のI-70シリーズのホームでの最初の2試合をミスにつけこまれビッグイニングを作られる似た展開でこの日も3-10と敗退。セントルイス カーディナルスはこれで3試合連続二けた得点で4連勝。調子が良いカーディナルスと当たってしまったロイヤルズが1つのイニングで守備のミスから4つも5つもアウトを取らねばならない展開を防ぐことができずに2死後に3ランHRを3日連続で打たれビッグイニングを与えて負けている。

守備を犠牲にしてホームランを増やす今年のロイヤルズの脆さがここにきて勝敗を決するミスを連発する形で跳ね返ってきている。そしてペレスのDL入りで露呈するブテラのキャッチング能力、スローイング能力の低さはあまりにも大きなダメージをKCに与え続けている。

ロイヤルズは先発ヴァーガスが5回に息切れした。4回にカーディナルス先発ワカを責め2死満塁からDL明けキャスバートがレフトフェンス直撃の3点タイムリー2塁打。3-1とひっくり返したロイヤルズは明るく戦えるかと思われたが甘かった。ヴァーガスがグリチャックにソロ本塁打を浴び2-3。この後が最悪だった。

ロイヤルズには無類の強さを発揮する1番カーペンターに死球を与え、ワイルドピッチで無死2塁。2番ファムはボテボテの1塁ライン際の打球。ベイスラインの内側を走っていたファムだけに捕球後にブテラが1塁に投げれば守備妨害を取られていたはずだが捕球後どこにも投げずに無死1,3塁。更にワイルドピッチで無死2,3塁。1死後に4番マルティネスに2-1から投じた球をボールと判定(ストライクだった)されリズムを崩し四球を与え1死満塁。5番モリーナの打球が何と3塁ベイスに当たりレフトへ転々。3-4と逆転されるも走者マルティネスが3塁を狙いアウト。2死1塁。6番ファウラーのライトへの打球を右翼ボニファシオが見誤り一度前進。しかし打球はボニファシオの頭を超え、2死2,3塁。投手交代でマイナーがマウンドへ。続く7番ジョーコに3ランを打たれ3-7。試合は決した。

初回の攻撃。昨日もブログに書いたが1番メリフィールドはまたも遊撃へのポップアウト。シャレにならない。一方カーディナルスのカーペンターは当たり前のように安打で出塁。他球団の1番打者がタフアウトとして出塁することが多い中、KCは初回に先頭打者がアウトになり得点できないパターンが続く。これで10試合連続で初回凡退のメリフィールド。8回は打ち上げてのアウト。2回は三振。スピードのある1番打者が転がすことすらないのは相手にとって楽過ぎる(笑)。

更に悪いニュースが。エイスのクルーバーが8回まで1失点も0-1で敗退濃厚だったAL中地区首位インディアンス。9回2死1塁、2ストライクまでいったが、ロッキーズ抑えで元ロイヤルズ抑えのグレッグ ホランドがこのイニング2つめの四球を与え2死1,2塁。更に2ストライクまで追い込みながらオウスティン ジャクソンに同点中前打を打たれ、続くゴームスにサヨナラ3ランHRを浴びた。これでインディアンスとロイヤルズのゲイム差が4となってしまった。ロイヤルズと契約したかったホランドだけに酷い仕返しをくらってしまった形となったロイヤルズだ。

明日からは場所をセントルイスに移し残り2試合のI-70シリーズを戦う。セントルイスではかなり勝率が高いロイヤルズだけに絶対に連勝したい。KCはケイヒル、STLはリークが先発。ケイヒルがしっかりとリードした状態でブルペンに繋ぐ試合を明日こそはする!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

昇格間近の有望株【Go! Jays! Go!】

ヤンキース、優勝を左右する8月・残り22試合の戦い【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ハーパー11位タイの若さで達成【MLB記録navi】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:12116
  • 累計のページビュー:10804328

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss