「KC」だよ!「カンザス」ではない!

ダルビッシュ KCがトレード拒否10球団に入っていない!10球団はどうして拒否!?8球団は簡単に理解できるが...

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッキリ言って信じられない!ロイヤルズが超大物スターのトレード拒否リストに含まれていない!

ほんの5年前なら多くのスター選手達が球団と結ぶトレード拒否リストに必ずと言っていい程ロイヤルズの名前が入っていた。正直”no-trade list”(トレード拒否球団リスト)という文字に私は拒絶反応を示していて、リストに目を通すことを避けてきたここ数年なので近年ロイヤルズがどれだけリストに入っていたのかはわからない。

そんな中、ダルビッシュ有の10球団のトレード拒否リストに名前のある球団名がFOX記者のKen RosenthaのTwitterによって明らかになった。

他ならぬダルビッシュに関してなので恐る恐るそれらの球団名に目を通した。“どうせロイヤルズの名前は入っているだろうけど気にするものか”という気持ちで見始めたのだが…

ゆっくり左から球団名を追っているのだが、いつまでもロイヤルズの名前が見当たらない。最後の10球団目にもとうとう含まれていなかった!

泣きそうな程に嬉しかった。資金力が少なく30球団の中で最も小さなマーケットである究極の地方都市球団のロイヤルズは長い低迷もあってスター達は絶対にプレイしたくない球団であったのだ。それが大スターのダルビッシュからリスペクトされているのだ。

2013年からのロイヤルズは低迷期から脱し優勝争いする球団となった。そしてメジャー30球団で最もホームランが出にくい投手有利の球場。更にMLBダントツNo.1の守備力にMLBで最も肩が強くブロック能力と盗塁阻止能力が最も高いペレスが捕手なのもダルビッシュから評価されている理由だ。

では10球団は何故ダルビッシュが行きたくない球団なのか?

簡単なのは6球団。オリオールズ、レッドソックス、カブス、ロッキーズ、ホワイトソックス、ブルージェイズは圧倒的に打者有利なホームランが出やすい球場を本拠地としている球団。インディアンズとアスレティックスは観客動員数で毎年最下位を争う球団。???なのがタイガースとパイレイツ。

タイガースもパイレイツも投手に不利な球場ではない。契約を結んだ時点で色々不安要素があったのか?今シーズンに関しては両球団共捕手に不安がありタイガースのブルペンは相変わらず最低だが…パイレイツはロイヤルズ同様スモールマーケットで長い低迷期間があったが、ここ数年はポストシーズンに絡む戦力を保持している。

実際はもっともっと一般のファンには理解できない細かい事情があってこれらのリストを代理人が中心になって決めているのであり、私ごときが分析できるものではない(笑)。

こんなことで気分が高揚するのもどうかと思うが勢いで書いてしまった今回のブログである。

果たしてダルビッシュのトレードはあるのか!?カーショー、ストラスバーグがDL入りしたドジャースとナショナルズが最も本気で動くのでは?と予想する記事が目立つが…私の希望はテキサスにステイして9月のヤンキース3連戦で登板し勝利してもらいたいというもの。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ダルビッシュ KCがトレード拒否10球団に入っていない!10球団はどうして拒否!?8球団は簡単に理解できるが...

デトロイトとピッツバーグは中部だからでしょ。日本人はやはり北東部か西海岸が住みやすい。

そこいくとKCが入ってないのはむしろよくわからない。契約時に一応そこそこ強かったか、10球団まで拒否していいよとなってあふれたのか

トレード拒否リスト

自分もパイレーツは疑問でした。タイガースはデトロイトの治安が悪いからではないでしょうか。

こんな記事も読みたい

久々のイチローネタ【MLB記録navi】

KC8連勝!ホズマー初満塁弾!22安打でDetをスウィープ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

マイク・トラウトが"Super Man"である7つの理由【Halos In Another Sky】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:3327
  • 累計のページビュー:10843324

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss