「KC」だよ!「カンザス」ではない!

Royals トレイドで3投手獲得!12回Perez & Moose弾で6連勝!Woodを放出できホッとする!

このエントリーをはてなブックマークに追加

元超大物先発投手トレヴァー ケイヒルがついにロイヤルズのローテーション投手に!パドレス抑え&セットアッパーを一気に獲得!大きな補強となる!

つい数日前5連敗した時には多くのKCファン達が売り手になるべきだと訴えていた(笑)。その後5連勝し51勝48敗となり、首位インディアンスから1.5ゲイム差、ワイルドカード(WC)1位ヤンキースからも1差となり、WC2位の座にいるロイヤルズは買い手となった。

ロイヤルズはパドレスとの間で6名が絡むトレイドを実行。KCは先発右腕、トレヴァー ケイヒル、30歳左腕救援投手のライアン ブクター、SDでクローザーだった右腕ブランドン マウラーを獲得。SDは左腕投手トラヴィス ウッド、左腕投手マット ストラーム、内野手Esteury Ruizを獲得。

ケイヒルはA’s時代、超有望なエイスとして活躍。2010年には18勝8敗、防御率2.97と大活躍した。2011、2012年と200イニングスを超えていたが、その後故障もあり徐々に数字も評価も落ちていった。2014年途中から昨年まではリリーフ投手となっていたが、今年パドレスに移籍し先発に復帰すると2度のDLがあったが11試合全て先発し4勝3敗、防御率3.69。61イニングスで72奪三振と三振が少なかったかつてとは違いカーヴを武器に三振を取る投手へと変貌した。キャリア最高の23.5%がカーヴである(直球は最低の46%)。

No.5先発で苦しみ抜いてきたここまでの17年ロイヤルズ。最近はリリーフでガタガタだったウッドを起用していたが、当然先発でも酷くウッド先発試合は恐怖しかなかった。これでケイヒルという安定感のある投手が入ることとなり、先発投手陣はかなり不安感が減少する。

更に嬉しいのがリリーフの2投手。今シーズン後、あと2年KCがコントロールできるマウラーは平均154キロ超のパワーアームでありながらコントロールも良い。39.1イニングスで奪三振38、与四球8。最近15連続セイヴ機会成功等、セイヴ機会23のうち20回成功。今シーズン後KCが4年コントロールできるブクターも38.1イニングスで被安打28、奪三振47、防御率3.05。

現時点で24.1イニングス連続無失点等5月以降抜群の安定感を誇るKCリリーフ陣が更に厚くなった。残りシーズンは投手力と守備力はほぼ万全になってきたといえる。

ウッズとはオフに2年1200万ドル(約13億円)で契約したが、残っている金額の内720万ドル(約8億円)をロイヤルズが支払う(つまりほとんど)こととなった。それでも登板する度にティームにマイナスな結果ばかりの投手を切ることができて心からホッとしている。来年までお荷物を抱えながら戦うロイヤルズを見なくて済むのである。

ストラームに関しては左の膝の故障で今シーズンは登板がもうできないのだが、才能は素晴らしく残念な思いはある。他のマイナーリーガーでディールできたらと思うのだが...仕方ない。

5連勝中のカンザスシティ ロイヤルズは10日間のロード遠征に突入。最初の3連戦はタイガースが相手。不運?なことにタイガース先発はトレイド移籍が噂され続けながらまだ実現せずにこの日の先発を迎えたジャスティン ヴァーランダー。苦手JDマルティネスに加えヴァーランダー抜きデトロイトとの対戦を望むのは虫が良すぎるのか(笑)

KC先発は先週のホームでのタイガース戦で好投したジェイソン ハメル。好調なスタートを切りながら相手が3巡目になるととたんに悪くなるパターンが多い。この日は前回並みに6回を投げ切れるかに注目だ。

試合は最近ホームランを打ちまくっているロイヤルズ打線がヴァーランダーを中盤に捉える。4回表に2点を先制。更に6回にボニファシオが14号本塁打を放ち3-0とリードを広げる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マーティン・マルドナドの新天地【Halos In Another Sky】

ダルビッシュ 移籍へのカウントダウンはじまる【MLB 戦いの原理を求めて】

KC 5発大逆転で4連勝!ダルよ残留してくれ!トレイド市場の動きがプレイオフ争いを左右する【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:3327
  • 累計のページビュー:10843324

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss