「KC」だよ!「カンザス」ではない!

UCLA卒主審を相手に地獄の戦いを強いられたロイヤルズ 3塁コーチ&走塁ミスで延長敗退!カーショーに勝つ明日になる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

常に審判達との激しいバトルを続けるしかない小都市球団。不公平もここまでいくと笑うしかない。大都市球団達はその莫大な資金力と裏で何かがある審判とのガチガチの絆で勝利を重ね続けるのだ!今日は何とUCLA卒のMillerが主審で試合前からビクビクしながらの観戦だったが...やはり恐れていたことが起こってしまいロイヤルズは敗戦した。

ロイヤルズは@ドジャースとのオールスターゲイム(ASG)前最後の3連戦の第2戦。現地土曜日は38℃の酷暑の中、先発投手KCケネディ、LADマッカーシーでスタート。

2回裏、ケネディが先頭を歩かせるとピーダーソン相手にカウント3-1から2ラン本塁打を浴びる。更に3回裏にも1点追加され0-3。

4回表、KCは無死1,2塁の場面。ホズマーのセンターやや左への安打で2塁走者ボニファシオは何故か一瞬立ち止まり360度回転して3塁へ。ここで3塁コーチャーのMike Jirscheleは腕を回しボニファシオをホームへ。しかしLAD中堅ピーダーソンの完璧な送球で本塁アウトに。1死1,2塁となってしまった。

バカバカしいにも程がある。3点リードされ、無死満塁でペレスに回るところがリスクをおかしてまで1点を取る必要はないのに。このボニファシオの打球への判断ミス、Jirscheleのそれ以上の愚かなミスで最大のビッグイニングのチャンスが次打者ペレスのタイムリー安打の1点で終わってしまった。

それでも5回に3連続ワイルドピッチに助けられ1点。

恐れていたことが起こったのが7回表。同点となり更に1死満塁の場面。打者は3番ケイン。カウント2-2からの投球は外角に外れる球。見送ったケインだがコールはストライク。続くホズマーはカウント3-1からど真ん中を見送り、次の内角高めのボール球に手を出し1塁ゴロ。同点のまま。守備に就く際、ケインは主審のMillerに何か話すと退場処分に。

更に8回にペレスの勝ち越し19号本塁打で4-3とリードしたロイヤルズ。

しかし、8回裏ソリアがマウンドに。2週間ホームランが出ていなかったLADのルーキー、ベリンジャーにカウント3-1からのチェンジアップをレフトスタンドへ同点ホームランを浴びた。

10回裏左腕アレクサンダーが登板。数日前に書いた34歳主審の不公平コールについてのブログがあるが、この時に延長で登板し3連続四球を与えたアレクサンダーはこの日も先頭アトリーから3連続四球で満塁。ここで登板したヘレーラも四球で押し出しサヨナラ負け。

ロイヤルズはあまりにも痛い敗戦で44勝42敗となった。ドジャースは60勝29敗。

MLBは審判は不公平なジャッジをしないと言い、どの球場でも審判を出身地や出身校に関係なく配置する。しかしUCLA出身監督がドジャース戦の主審。しかも対戦相手はノンビリした中西部の小都市球団。主審にとっては大事な場面でホームの球団に有利なジャッジをやり易い最高の試合。これが地元大学で4年間過ごした審判なら尚更だ。

ケネディーも多くのストライクゾーンをかすめる投球をボールと判定され苦しんだ。マッカーシーは多くのボール球をストライク判定され救われていた。リリーフ陣も同様。

Millerも裕福なドジャースのファン達も地元メディアも大満足だろう。“小都市の中西部のティームに圧倒的戦力を整える天下の我らドジャースが負けることはあり得ないのだ!全てが自分達の思い通りに事は運ぶようになっているのだ!”これがLAだけでなくNYYやボストン レッドソックス、シカゴ カブスのメンタリティーなのだ。

明日はエース対決。南カリフォルニア出身の“地元”ダフィーに対してまで同じような不公平ジャッジを繰り返すのか。カーショーにどれだけ有利なジャッジが下されるのか!?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ストリートが復帰後4登板でDL。現時点でトレードを採点してみる。【Halos In Another Sky】

ムスターカス 1560万票で史上2人目2度目のFan Vote選出!ASG本塁打競争で優勝なるか!?BOS,NYY2選手を退けた奇跡!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

エンジェルスオーナーにまつわるスキャンダルを振り返る。【Halos In Another Sky】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:2250
  • 累計のページビュー:11405168

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss