「KC」だよ!「カンザス」ではない!

Chiefs DorseyがGM辞任!NFLに激震!NFLベストロースターを誇るKCで何故?

このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかまさかの辞任劇だ!今後のChiefsはどうなるのか!?

カンザスシティエリアはもちろん、全米に激震が走った!就任から4年半。2勝14敗のティームを一気に立て直し、1年目に11勝5敗でプレイオフ進出に導いたJohn Dorsey(ジョン ドーシー)がKCを去ることになった。これは誰も予想していなかった。何せ4シーズンズで3回プレイオフ、全てディヴィジョンで2位以上と申し分のない成績をKCチーフスは残してきたのだから。

記事によってこの辞任についての解釈は異なる。リリースという記事もあれば同意の末の辞任という記事もある。いずれにしても事実はオーナーのClark Hunt(クラーク ハント)がドーシーとの話し合いの末、17年シーズンまで結んでいる契約を更新しないことで同意したと発表したのだ。 辞めることがわかっている中、GM職を続けさせることは意味がないのでドーシーは即KCを去ることとなり、新たなGMを探すことになるチーフス。KCのフロントからは1月にChris Ballard(クリス バラード)がコルツGM就任することになり去った。後釜は内部からでなく外部から採用せざるを得ないかもしれない。

この時期になぜこのような決断を下すことになったのか。ハントは理由は語っていない。この時期の辞任(解任)で唯一あり得るのがドラフトに関する意見の対立か?という考えもある。2ヶ月前のドラフトでチーフスは来年1巡目指名権を譲る形でトレイドアップし、全体10位でクウォーターバック(QB)を35年ぶりに1巡目指名した。ブログでも書いたが元ベイスターズ投手パット マホームズの息子、パトリック マホームズである。

あるいはチーフスが最近サラリーキャップの関係でエースワイドレシーヴァー(John Dorse)のジェレミー マクリンをリリースしたことも関係があるのか。ドロシー在任中に契約した選手で失敗もありデッドマネーが結構あったことも疑問視されていたかもしれない。ドラフト全体1位で獲得したOLのエリック フィッシャーに大金を使ったが期待に応える活躍はしていないこともあるのか。

ただ、ドーシーはGMとしての手腕はNFL全体でも相当高い。フィッシャーは失敗としてもそれ以外のドラフトでは逸材を上手いこと指名でき、All Proにもそれらを送り込んできたことは評価されている。またある他球団GMは現在のチーフスの53人ロースターはNFLベストだと断言している程、選手を揃える能力に長けているドーシー。彼は間違いなくすぐに新たな職を得ることになりそうだ。

ヘッドコーチのアンディ リードは5年の契約延長契約を結んだばかり。この点は良かった。新たなGMが誰になるのか。

心配な今後数週間のチーフスのGM探しの期間である。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NFL
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

元ベイスターズ投手の息子NFL全体10でチーフス指名!Mizzouハリスは全体22位ドルフィンズへ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

NFL Draft間もなく!ChiefsのQB指名あるのか!?Mizzouのハリスは1巡目確実!どの球団に?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

連載第60回・アメリカンフットボール部【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11398526

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss