「KC」だよ!「カンザス」ではない!

1年生&18歳仏人トップ11独占!NBAドラフト!Kentucky大学1巡目最大4名指名!野球、アメフトと競技性が違う

このエントリーをはてなブックマークに追加

予想通り1年生が上位を独占だ!

NBAドラフトは全60指名が終了。トップ5は予想通りの5名が指名された。

全体1位は76ersがWashington大学1年生ポイントガード(PG)、Markelle Fultz(マーケル フルツ)を指名。全体2位はLakersがUCLA1年生PG、Lonzo Ball(ロンゾ ボール)を指名。以下3位はCelticsがDuke大学スモールフォワード(SF)Jason Tatum、4位はSunsがKansas大学SF、Josh Jackson、5位はKentucky大学PG、De’Aaron Foxという上位5選手であった。

八村塁と同じConzaga大学で同期のセンター(C)Zack CollinsはトレイドアップしたTrail Blazersが全体10位で指名。またGonzaga大学の3年生PG、Nigel Williams-Gossは2巡目全体55位でJazzから指名された。

例年1年生が上位で多く指名されるNBAドラフト。今年は何と上位11名の内10名が1年生。他の1名は18歳のフランス人選手であり年齢的には1年生である。12,13位が2年生となった。

ドラフトされた選手達の大学をチェックしてみた。

1位は1巡目で4名指名されたKentucky大学(UK)。2位は1巡目3名、2巡目1名のDuke大学。他UCLA、North Carolina大学(UNC)がそれぞれ1巡目2名。Oregon大学は2巡目3名、California大学(Cal)は2巡目2名であった。またインターナショナル(外国人)選手達は1巡目3名、2巡目7名と計10名が指名された。

これまでも何度かブログで書いてきたが、NBAのルールにより原則として高校卒業から1年間はNBAティームと契約しプレイすることが認められていない(例外はある)為、とりあえず華やかなNCAAバスケットボールを1シーズン経験してからドラフトにアーリーエントリーするパターンが確立されている。よって1年生ばかりが上位で指名されるのだ。

バスケットボールは他の球技と比較しより身体能力がモノをいう競技の特性上、アメリカ3大スポーツの中で唯一10代でもNBA入り後即スター選手になり得る。スキル面は才能に恵まれていれば早い年齢で磨き上げNBAレヴェルでも通用するエリアまでもっていけるのがバスケットボール。もちろんそれら10代スター達も第一線で活躍しながら体作り、スキルアップに励み続けるので年々選手として成長していく。

アメフトは10代でNFLスターになることはほぼ無理。少なくとも高校卒業後3年間は心技体を磨かないとNFLでは通用しないのでNFLは大学で3年間過ごしてからでないとドラフトに掛かれないルールがある。 MLBも高校卒後即MLBでプレイすることは現実的には無理であり、高校からドラフトされ入団しても最低3年間はマイナーリーグで過ごすのがパターン。通常もっとかかる。大学からドラフトされて入る場合でもマイナーリーグでしばらくプレイすることが求められる。

来年のドラフトは全体1位指名候補はダントツでMizzouri大学(Mizzou/MU)のSF、Michael Porter Jr.と見られる。選手達の平均レヴェルこそ今年よりやや落ちるがPorter Jr.だけは仮に今年のドラフトにかかっても全体1位間違いなしという抜きんでた存在。

今年ドラフトされた選手達がNBAでどのような活躍をし、誰が新人王を獲得するのか?また来年ドラフト組がNCAAで今後どう価値を上げ下げするのか!楽しみな秋からのバスケットボールシーズンである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
NCAAバスケットボール
NBA
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA16-17】NBAドラフト2017 が明日開催、ロンゾ・ボール2位(レイカーズ)で決まりですか? #NBAdraft【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【NBA16-17】🗡カイリー・アービングが7月21日に日本初上陸。#DefendTheLand 【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

B1 2017-18シーズンの地区分割から予測される展開について【konakalab】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11390674

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss