「KC」だよ!「カンザス」ではない!

立教大学 59年ぶり全日本優勝!神宮応援席は超満員!中川&田中で明るい立大の未来!

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園優勝経験者達が投打の柱となり立教大学を59年ぶり全日本大学野球選手権優勝へ導いた!

全日本大学野球選手権は立教大学×国際武道大学という主力として甲子園優勝経験したメンバー達、また甲子園スター達をズラリ並べるteams同士の対決という決勝にふさわしいカードとなった。

立大はこの日は登板がなかったがエース左腕田中(2年大阪桐蔭)が投手陣の軸、野手陣は2番熊谷(4年仙台育英➡神宮大会優勝)、4番笠松(4年大阪桐蔭)、5番山根(4年浦和学院)という高校時代、甲子園優勝や神宮大会優勝経験者が軸。更に立教らしいと思えるのがこの日先発の手束(2年福島)、6番大東(4年長良)といった甲子園にはなかなか届かない公立進学校出身者、またおそくら1浪して入学している7番高取(4年日大二)といったスポーツ推薦(選抜入試)系ではなさそうな選手達も主力として活躍する点。

武大は東海大系列の大学ということで先発野手陣は7名が東海大系列校出身。その中でも5番磯網、6番豊田は共に2年前に夏の甲子園で優勝した東海大相模の主力。3番勝俣(2年東海大菅生)は2年前センバツ出場し、豊田と共に高校日本代表の主力としても活躍した。

1回表に磯網のタイムリーで1点を先制した武大。1回裏、立大は1死1塁から3番飯迫(神戸国際大付)のフラフラっと上がった左翼への飛球が遊撃手と左翼手がお見合い状態でポトリ。これが痛かった武大。笠松が四球で満塁となり、5番山根のタイムリー、DHの大東(4年長良)がレフトスタンドへ突き刺さるホームラン。5-1となり勝負がほぼ決した。

今大会大車輪の活躍でインパクトを残し続けてきた1年生アンダースロー救援投手の中川(桐光学園)がこの試合も5回途中から登板し4.2イニングスを被安打2、奪三振3、与四球0と完璧な無失点リリーフで優勝に大きく貢献した。

個人的な意見として、中川を3点リードの5回途中からマウンドに送ったこと、6点リードの8回裏、無死1塁から7番高取(4年日大二)に送りバント(結果悪送球で1点入り高取は3塁到達)をさせた采配は好きではない。中川は登板過多。彼の将来を考え、決勝では極力投げさせないでもらいたかった。元々1死2塁にする為のバントにどれだけの意味があるのかという意見を持っているのだが、接戦の状態での終盤以外でこのバント采配は避けてもらいたい。6点リードして気を緩めることなく打者に思い切りスウィングさせる指導者が増えてもらいたい。

立教大学は母校愛のある学生が少ないと立大応援団(リーダー部OB)の人がyoutubeの動画(応援団について語る内容はとても興味深くおもしろい)で語っているが、決勝戦に関してはさすがに59年ぶり優勝のかかる試合ということもあるだろうが応援席が超満員になった。応援歌等がどれだけ歌えるかわ別にしてこの偉業をスタンドのOB,OG他立大関係者達は大いに満喫していたのが感じ取れた。youtubeの人と同期の団長の姿も久しぶりに目にした。現役の団員達も初めて見るであろうこの応援席超満員を楽しんでいるように見えた。先輩達が18年間味わえなかった歓喜の時を現役として迎えられることは言葉に表せない程の幸福なのではないか。

以前もブログで書いたがアスリート選抜等でエリート選手達を獲得するようになって数年、ようやくその努力が実を結んだ立大だが、この先数年間は主力投手陣が2年生以下で相当明るい未来と言えそう。田中と手束という先発2枚は共に2年生でリーグ戦でも見事に役目を果たした。更にリリーフに1年生中川がいる。このままスーパーリリーフ投手として使っていくのか先発に転向させるのかはわからないが、3枚の投手達が調子を崩さなければこの秋の立教はまた優勝するかもしれない。もちろんライヴァル校達はそれを阻止すべく執念を見せてくるのだが。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

"神前試合" 立教 59年ぶりの優勝 【今日も神宮】

第66回全日本大学野球選手権大会準決勝(国際武道大×上武大 立教大×東海大北海道)【北のお部屋】

『行け立教健児』ドームに轟く【今日も神宮】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:8024
  • 累計のページビュー:10851347

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss