「KC」だよ!「カンザス」ではない!

錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを書いた翌日に間違いに気づいた(詳しくは6月13日のブログを見て頂きたい)のでこのブログの数か所を訂正してあるのでご理解頂きたい。

錦織は全仏に続きウィンブルドンも第8シードでの出場がほぼ確実!4回戦の対戦相手は第8と第9シードで大きく違いが出ることで躍進を狙う!

錦織圭はまだまだATP Tour Finals4年連続出場を諦めない!ウィンブルドンで自己最高成績を残せばチャンスあり!

現在ATP Tour Finalsへのraceで12位につける錦織。目標は8位に上がること。現時点では1560点。8位ゴファンは1820点。まずは過去4回戦が最高のウィンブルドンで一気にポインツ(pts)を稼ぐことで目標へ一歩近づくことになる。8位ゴファン、9位カレーノ ブスタは速いサーフェスは得意でなく、ウィンブルドンでは上位進出しない可能性が高そう。サーヴィスが平均以下である錦織だが速いサーフェスにも対応できる能力を持つ(世界1,2を争うリターン力とショートポイントで決めるスタイル)だけに4回戦突破で360ptsは手にしておきたい。ゴファンとカレーノ ブスタにかなり接近することになる。

そのウィンブルドン8強へ大きな後押しが次週開幕のゲリーウェバー オープン(500大会)終了後のランキングだ。

現在のランキングは全仏4強のティエムが3985で8位、錦織が3830で9位。差は155だ。

昨年、錦織は全仏からウィンブルドンまでの間に獲得したptsは45。ゲリーウェバーOPで2戦目でW/O。一方ティエムは2大会で430ptsを得ていた。

今年は錦織もティエムもゲリーウェバーOPのみに出場。つまり、フェデラーが第1シード(ティエムが第2シード、錦織が第3シード)昨年こそストゥットゥガルト(250大会)準決勝でフェデラーに勝利し大会優勝しているとはいえ、ティエムがGWオープンで優勝することは相当難しい。

よって錦織が8位に復帰し、ウィンブルドンは第8シードでの出場になる可能性がある。ウィンブルドンのシーディングは他の大会とは異なるので現時点では2名がどのような結果になればひっくり返るかは現時点で私にはよくわからない。

では第8シードでウィンブルドンに出場する場合、組み合わせの可能性はどうなるのか?第8シードになることで4回戦で当たる可能性のあるシード勢はティエム、Aズヴェレフ、ツォンガ、ディミトロフとなる。

ディミトロフは2014年で4強に入り、“ベイビーフェデラー”と呼ばれるスタイルからグラスコートは得意なのかと想像しがちだが、必ずしもそうとも言えないだろう。調子が今年程ではなかった昨年とはいえ、前哨戦2大会で共に初戦敗退、ウィンブルドンでは3回戦でSジョンソンに敗退している。ツォンガはビッグサーヴァーだが芝で強い選手とはいえない。ズヴェレフは手強いが芝では未知数。ティエムはゴリゴリのストローカーで後ろから打ちあうスタイルで昨年のゲリーウェバーOP優勝が芝の巧者とは繋がらないだろう。

もし第9シードで出場すると地獄そのものである。4回戦でフェデラー、ラオニッチ、チリッチと対戦する可能性が75%。これは厳しい。

錦織がシードを守り準々決勝進出となればあとは守りに入る必要がなくなる。フェデラーに勝つことは相当厳しいが、他の3選手なら対策をしっかり練り、思い切ってリズムを崩すテニスで勝負ができるだろう。もしラオニッチやチリッチの1stサーヴの調子が悪ければ本当に錦織にも芝で勝てるチャンスがあるのだ!ストローク戦なら錦織に分がある。

ATP Tour Finals出場、そしてウィンブルドン自己最高成績(8強で松岡修造に並ぶ)達成へ錦織にとって勝負の芝シーズンが始まる!

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?」へのコメント

応援してるからこその記事だとは分かりますが、流石に芝ポイントは知っておくべきかと。皆、WBのシード予測ではその点に苦労している(別の計算式を立てないといけない&一昨年の戦績まで追わないといけない)ですからね。どのような方か存じ上げないですけど、もう少し精度を上げないと苦労なさってる方から反感買いますよ。頑張って下さい。

「錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?」へのコメント

これだけの文量を書いてるのに内容が全然正しくないって御本人としても辛くないですか?

「錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?」へのコメント

みなさん常々コメントで指摘をしているにも関わらず、一向に間違い等を改める事が一切ない事を考えると、ブログ主様はそもそものコメントを見ていないのではないでしょうか

「錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?」へのコメント

追記させていただくと、昨年のゲリーウェバーはフェデラーもティエムも準決勝敗退のはずです。
まあ、錦織のファイナル進出の件は私もまだチャンスは有ると思ってます。ただ、ほぼ4人当確がいてジョコ、マレーが6、7位なので残り枠は実質1~2枠だと思いますが。

こんな記事も読みたい

―大会レポート― 最終日 ナダルがストレート勝利で10度目の優勝を達成【ウィンブルドンテニス2017】

オスタペンコ2017全仏優勝に思う日替わり女王時代の到来【女子テニスも熱い】

―大会レポート― 第14日 ウィナー54本!ノーシードの20歳、オスタペンコが優勝【ウィンブルドンテニス2017】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:920
  • 累計のページビュー:11429940

(12月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss