「KC」だよ!「カンザス」ではない!

清宮&野村計4発!4時間7分究極乱打戦!日大三下し早実35年ぶり春制覇!アメーバTV大成功!関東大会決勝再戦は!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の高校野球ファンが史上初平日ナイター決勝生中継を堪能した!

高校野球史上初となる高校野球のナイター試合。東京都高野連が春季東京都大会準決勝を前に急きょ決勝を27日(木)18時開始@神宮球場に変更したことが衝撃的大成功という成果を治めることとなった。

決勝は全国の高校野球ファンが大注目となる早実×日大三。秋季大会決勝で早実が2点を追う9回裏に同点➡野村のサヨナラ2ラン本塁打という幕切れで早実の勝利となったこのカード。今回は春季大会とは思えない程の大熱戦で全国のファンを痺れさせた!

何故春季大会(甲子園と直接絡まない大会)の試合を全国のファンが生中継で観られるのか?それはアメーバTVが中継することとなった為である。

早実と日大三はある程度に通ったティームカラーである。共に全国1,2を争う超強力打線が売り。清宮、野村という抜きんでた3,4番を中心に切れ目のない早実打線。井上、桜井、金成、日置というホームランパワーを備えた打者を中心に切れ目のない打線の日大三。

投手力で比較すると桜井、岡部という2枚がいる日大三がやや上回る。早実は本来絶対的エースでなくてなならない中川が謎の調整不足が続いているらしく全くマウンドに立てない状態が続く。数こそいるが早実の投手陣は相当苦しい。

守備力では日大三が上。つまりバランスでは日大三が上回るが早実は2塁、3塁、遊撃の守備と投手陣という弱点を持ちながら打撃力でどんな強豪をもねじ伏せるというバランスこそ悪いものの魅力は全国1かもしれない面白いティームなのだ。

試合内容はチェックしてもらえばわかるので特に触れない。野村の2発が前半のハイライト、清宮の2発が後半のハイライト。延長サヨナラの幕切れはおまけのようなものだ。早実4本、日大三3発と計7本塁打が乱れ飛ぶ「らしい」試合展開。どのホームランもかなりの飛距離だったと思う。特に野村と清宮の当たりは衝撃!

アメーバTVは提供の前田監督が解説で前田さんにはやや酷な4時間7分という長丁場の激戦となったわけだが、アメーバTVは笑いが止まらないのではないか!?生中継した甲斐があったというものだろう。

関東大会は例年になく大注目間違いなしだ。早実、日大三は当然優勝候補。あとは近年日本の高校野球を引っ張る神奈川県の代表がどこになるのか?横浜、東海大相模、桐光学園が残っているのでこの3校の中から2校が出てくるだろう。ただ注目の本田を要する土屋監督が率いる星槎国際湘南が横浜を倒す可能性もあり楽しみな神奈川県大会である。

東京の2校と神奈川の2校が優勝争いの中心になると予想する。当然、早実 vs. 日大三の決勝になる可能性も十分ある。そうなったら第3ラウンドを生中継してもらいたい!

今回の決勝で夏の西東京大会は両校がまた決勝で対戦する可能性がかなり高いと思わせる。多くの高校野球ファンは日大三が有利と予想するだろう。何故なら今日の決勝は桜井を一度もマウンドに立たせなかったからだ。しかし、忘れてはいけないのは早実の2年生右腕、中川の存在だ。中川は昨年秋の状態であれば十分全国の強豪相手に通用する投手だ。ただ、センバツでも一度も登板がなく(代打はあった)、今大会もそれが続く。センバツ大会を扱った雑誌の中で週刊ベースボールだけが一言「調整不足で登板なし」と綴っているが他の雑誌は全く中川の登板なしについて触れていなかった。ちゃんと仕事してくれよ(笑)結局多くの高校野球ファンがいまだに中川の状態について把握していないのだ。

中川が早実の夏を左右する存在であると私は考える。復活してもらいたい!そうなれば日大三にまた勝つ可能性が高くなるし、甲子園でも優勝争いを確実にできる早実になるはずだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

春季高校野球九州大会から見えるもの【スポーツ えっせい】

第89回選抜が終わって【高校野球観戦日記】

甲子園大会の出場校は偶数が いい【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:47058
  • 累計のページビュー:11211571

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  8. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss