「KC」だよ!「カンザス」ではない!

マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

悲願のマスターズ1000初優勝へ錦織圭はどう戦うのか!?錦織には好条件がたくさんある今大会。1年以上ぶりのtour優勝はド派手なマスターズ1000となると見る!

第2シードで初めてマスターズ1000に挑む錦織。自宅から近く気候、環境、サーフェス等全てが錦織を後押しする得意のマイアミ。今年に入って調子の波があり満足な結果は得られていない錦織だが、このマイアミはついに大復活を遂げる大会となるのではないか。好条件が揃っている。

ドローを見てもまずまずだと思える。もちろんタフな相手が次から次へと待っているがそれはもう当たり前のこと。ただ得意な大会でシードをしっかり守って決勝までいけたら有利と見るべきかもしれない。第1シードのワウリンカと第4シードのフェデラーというトップハーフの上位2名はインディアンウェルズで決勝まで勝ち上がった。この両者が準決勝で対戦となると決勝に勝ち上がった選手の疲労度は相当なもの。錦織も同様にタフなQF、SFを勝ち上がることになるだろうから疲労度はかなりあるとはいえ、少なくとも体力面では互角以上になる可能性がやや高いのではないか。

絶対的ビッグ2であるマレーとジョコヴィッチが揃って故障で不出場となる極めて珍しい状況。今年に入って全豪、インディアンウェルズとビッグ2が中盤までに揃って姿を消し悲願の優勝へ視界が一気に開けた途端に敗退する嫌な流れが続いてはいる。しかし、冷静に見ると全豪はフェデラーが相手、IWは元々苦手な大会であり、仕方なかった面もある。

今回のマイアミは大会前からビッグ2がいないことがわかっている。精神的には大会前から大きな負担が取り除かれている部分幾分余裕を持ったメンタリティーで挑める利点がある。ただでさえ得意な大会。目に見える壁が低いことは心身への負担を軽くはしてくれるはずだ。

錦織の初戦は世界74位のケヴィン アンダーソンになる可能性が高そう。10位だったのはそれ程昔ではなく力はある。203cmから放たれるサーヴィスが最大の武器だが、正直落ち目であるアンダーソンに苦戦することはないのではないか。

3回戦は第25シードのヴェルダスコかIWでも対戦したエヴァンズのどちらか。両者とも錦織は負けたことがある相手だが、タフな展開になったとしても負けることはないのではないか。

4回戦は19シードのカレーノ ブスタ or ジル シモンになる可能性が高い。ブスタと対戦のない錦織。マイアミでこの両者に錦織が負けることはなかなか想像しにくい。

準々決勝は順当にいくと第7シードのチリッチが相手。他には第11シードのリュカ プイユや第21シードのパブロ クエヴァスが候補。チリッチはIWでもそうだったが、波があるタイプで序盤に敗退する可能性も十分ある選手。ただ、錦織との対戦となると俄然強さを発揮する。手も足も出ない程完璧なテニスを展開してしまうチリッチだけに非常に強い。チリッチと当たる時はかなりのタフマッチも覚悟すべきだろう。

準決勝は第3シードのラオニッチか第5シードのナダルが候補。他には第9シードのティエムや第13シードのソックがくる可能性も。ナダル相手なら錦織は有利と見る。ラオニッチは故障がどの程度回復しているのか気になる。少なくとも体力面ではIW欠場で余裕があるのは恐い。ソックにはIWで3セット敗退を喫している。錦織のやや不安な要素は以前から負けた格下選手に立て続けに負ける傾向がある点。思い出すのはブノワ ペアに連敗したこと。ノッテいるソックも手強い。

決勝でビッグ2と対戦しないことがわかっているのは精神的な重荷はかなり軽くはなる。しかし錦織は以前から目の前の一戦にのみフォーカスするタイプ。今回もしっかり一戦一戦勝ち上がってもらいたい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?

純粋に、また素直に考え想定すればそのとおりでしょう。
私は、圭の問題は何時もながらのサービスの不安定さと、最近特に突然多くなるアンフォースドエラーにあると思います。先のBNPバリパでもし実現していたらですが、西岡との対戦で負けていたろうなと思います。
それ程にエラーの数、サーブの安定度が西岡に比べ現在は違います。格の差は歴然ですが、現状はそうです。
だから簡単に格下に負けるのです。また、持ち味の粘りも落ち、集中力も落ちているように感じます。
全てはサービスの安定度にかかっていて、足腰を鍛えなおし、軸足が安定すればサービスの質が上がります。
結果的に荒っぽくなっているように感じますし、ラリーでも主導権を取るのが遅いように思います。
ランクが云々では考えられない状態で、且つ不安定です。

「マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?」へのコメント

あなたに否定的なコメントたくさんありますが、私はそのポジティブな考え結構好きですね。
私もマイアミはドローには恵まれてチャンスだとはおもいますよ。
これで勝てないならもうこの先チャンスはないかもしれませんね。

マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?

>タフな展開になったとしても負けることはないのではないか
とか
>この両者に錦織が負けることはなかなか想像しにくい
とか
根拠も示さずによくまあこんなことが書けますね・・・

マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?

ダスコとエバンズなら負けることはないとか、
ちょっと舐めすぎじゃないか?

こんな記事も読みたい

インディアンウェルズMS振り返りとエントリーランキング(2017/3/20)【いろいろな試算を少し本格的にやってみる。】

マイアミ・オープン2017 ドローが決定 第2シードの錦織圭、西岡良仁の組み合わせは…!?【0 to zeroのhorizon】

絶好調のレジェンド、フェデラーとの一騎打ち!?錦織は得意のマイアミで最大のチャンスを活かせるか?!~2017マイアミ ドロー前展望~【KEI ENERGY】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:5668
  • 累計のページビュー:9643559

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  6. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  9. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss