「KC」だよ!「カンザス」ではない!

錦織 5大会連続格下に敗戦 深刻な事態!?ソックに苦杯 苦手IWコンディション克服できず マイアミは?ATP Tour Finalsへも試練の今後3か月

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに錦織が苦しめられてきたインディアンウェルズマスターズのコンディションに心身ともにズタズタにされてしまった。

インディアンウェルズマスターズ準々決勝。錦織圭はまたもシードダウンという形でこの大会を去ることとなった。カンザスシティ男、ジャックソック(第17シード)はその錦織を徹底的に分析し、見事に弱点を突きまくって初のトップ5からの勝利、そしてマスターズ1000準決勝進出を果たした。

今大会この試合前まで3時間54分しか戦っていない錦織と全試合3セッツ試合で錦織より3時間近く長い時間を戦ってきたソック。マッチポイントを切り抜ける試合もあったがソックはそのフィジカルの強さを大いに見せつけた。一方錦織は試合最初のソックのサーヴィスゲイム、15-40といきなりブレイクのチャンスを得ながらボールをコントロールできない見た目カジュアルなエラーでキープを許す。そして自身のサーヴィスゲイムはあっさりと落とした。これがこの試合の全てを物語っていた。

昨年までのインディアンウェルズで錦織がよく見せてきたこのラケットから弾かれるボールが長く伸びてアウトになる光景。これを抑えようとするとストロークでの威力が落ちる。打ち合いになっても主導権を握れない為に、気持ちよくプレイができない展開になってしまった。

今大会に関しては4回戦までは例年苦しめられる風があまりなく、相手のレヴェルも高くなかった為に楽な内容が続いたが、準々決勝でついにこの風がやってきた。高地であり高く弾み、伸びるボール、更に風で動く。対戦相手も同じ条件だが錦織はこのコンディションへの対応が最も苦手な選手ではないか。

ソックは徹底的にセカンドサーヴでもキックを多用し錦織を苦しめた。ソックはセカンドサーヴで70%の得点率。一方錦織は39%。錦織は試合序盤からストロークでボールがロングとなる為に抑えようと威力のないストロークとなった。4回戦のストロークでの平均72マイルズと比較しこの日は69マイルズとなってプレッシャーをソックに与えられなかった。結局今年も準々決勝敗退で、この大会は一度も準決勝に残れていない。

気になるのは第3セット途中でストロークを放ってキープした場面で右ひじを気にし始めた点。その後は問題なくプレイしていたようには見えるが、もしこの部分が結構シリアスな故障へと発展すると全仏初制覇は完全に夢と消えてしまう。無事であることを祈るのみだ。

この試合で負けたことで痛いことの1つが、5位ラオニッチとの差を広げられなかった点。次のマイアミは昨年錦織が準優勝、ラオニッチは8強。錦織は今年のマイアミで準決勝敗退でも240pts落とすことになる。得意なマイアミではあるがシードを守る(4強)だけではptsを落とすのは厳しい。

錦織自身のメンタル面も心配だ。今年に入って5大会全て格下に負けて大会を終えている。所謂かつては錦織の代名詞であったメンタルの強さはほぼ影をひそめてしまっている。tour優勝も1年以上遠ざかり決勝では6連敗中。今日のソックとの第3セット第5ゲームが良い例だが、自身のサーヴィスゲイムで何度もブレイクポインツを切り抜けゲイムポイントを握っても結局最後はブレイクされるということがごく普通になってしまっているのだ。粘って危機を脱することがなかなかできず、最後は力尽きてしまう。

マイアミは得意ではある。ファンとしては信じたい気持ちは強いが、自信は持てなくなってしまっている。このままズルズルとトップ20位まで落ちてしまい、残りのキャリアはそのあたりで戦っていく選手になる危険性が無きにしも非ずだ。トップ20の選手が日本人でいるだけでも夢のような話だったので、錦織のこれまでに感謝して応援し続けることも仕方ないとは思うが...夢をもう少し見させてほしい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織 5大会連続格下に敗戦 深刻な事態!?ソックに苦杯 苦手IWコンディション克服できず マイアミは?ATP Tour Finalsへも試練の今後3か月

残念だけど、もう終わった選手。

錦織 ソックに敗れる 苦手IWコンディション克服できず 得意マイアミへの期待は?ATP Tour Finalsへも試練の今後3か月

現在の錦織には全く期待していません。
今回の敗退も「ああ、やっぱり」という感じです。

前回の初戦負けで、ラケットを叩き壊したのを見て、正直失望しました。
温厚な彼があんな行為をするとは信じられませんでしたし、私の両親は大正生まれで
既に他界していますが、「物を大切に扱うように!」と厳しく言われていただけに
ショックでブログを更新する意欲も失せています。
だけど心の隅では、どこかで彼に期待している自分がいます。
勝利の女神から見放されているようですが、払拭する活躍を見せてもらいたいですね。

こんな記事も読みたい

西岡選手 IW大会 激闘とあと1ポイント【たまにテニス】

錦織との再戦を強烈に望む レジェンド対決第2戦 フェデラーVSナダル BNPパリバ・オープン2017R16【change-the-flow】

西岡良仁がワウリンカ(3位)を追い詰めるも惜敗 しかし確かな足跡を残す(BNPパリバ・オープン2017・4回戦)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:1517
  • 累計のページビュー:11406684

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  6. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  7. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  8. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  9. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss