「KC」だよ!「カンザス」ではない!

WBC ロイヤルズ捕手同士がホーム衝突➡ペレスが膝炎症 ブテラ懸命の減速も不運な結果に!ヴェべズエラ執念の延長勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりにも辛い仲間同士の激突となってしまった...

WBCは好調イタリアが優勝候補のヴェネズエラに挑んだ。Pool Dでプエルトリコに0-11と大敗し、イタリアに負けるとWBCが終わってしまうヴェズエラはこの試合でも0-5とリードを許す厳しい展開。しかし5回表にエスコバー(ロイヤルズ)のタイムリーをきっかけに3点を挙げ、6回に同点に。その後も打撃戦となり、ペレスの勝ち越し2ランHRでヴェネズエラが10-8に。10-9とヴェネズエラがリードし、9回裏、2死1,2塁の場面でGavin Cecchiniがセンターへの2塁打。まず同点となり1塁ランナーのブテラ(ロイヤルズ)がサヨナラのホームを狙うが中継プレイの球が捕手ペレスのミットへ。タイミング的には余裕のアウトだったが捕球した位置がベースからやや3塁方向であったため、ペレスの左脚がベースより3塁方向へ出ていた。ブテラは慌てて減速し激突のダメージを与えないように懸命の努力をした。しかし、ブテラのヘルメットが運悪くペレスの左ひざに当たってしまい、サヨナラを防いだもののペレスは退場せざるを得ない痛みを抱えた。

試合は延長で勝ち越したヴェネズエラが11-10で勝利し、イタリアと共に1勝1敗とした。

結局MRIの結果骨や靭帯等の損傷は全くなく、炎症に留まったことは幸いだ。ペレスはWBCは今後出場せずにアメリカに来ることになりそう。可哀想なのはブテラだ。何せロイヤルズが抱える2名の捕手同士の今回の衝突。2人はとても仲が良いことで有名。ブテラの髪がよくなびくことからブテラがタイムリーやホームラン等で良い仕事をするとペレスがベンチからブテラに向かってヘルメットをとって頭を振るジェスチャーを見せ、ブテラも同じことをして応えるというのがお馴染みの光景。

ブテラはインタビューで「ボールがギャップにいくと予想していたのでホームにツッコんだ。必至で減速し止まろうとしたのだが...サルヴィーがOKであることを願うのみだ」と語った。

WBCならではのMLBでティームメイツが敵味方に分かれての対戦だがまさか同じポジション選手同士でこのような故障に繋がるプレイが起こってしまうとは。

準決勝進出へ望みをつないだヴェネズエラはペレスなしでの戦いとなる。

ロイヤルズとしてはペレスが早く回復して元気に開幕を迎えられる為に懸命の治療&リハビリへ向かうことになる。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

投げずに敬遠というルール変更はどうなのか?【no title】

ダフィー 禁断の「MUとKU」ネタで炎上か!KC愛深いが...もっと学ぼう!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

「オールド・ルーキー」の面白いところ【日本のスポーツを元気に!!!】

ブロガープロフィール

profile-iconkcmosports

Royals, Chiefs, Missouri Tigers, Tennis, e.t.c
  • 昨日のページビュー:3030
  • 累計のページビュー:9125442

(06月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョコヴィッチ 2019年2月を目指す!前代未聞の全サーフェス完全無敵!錦織が打倒ジョコ1番手に浮上する!
  2. 欧米メディア&コメント 錦織はマレー&ジョコと互角にコンピートできる!No.1争いに!Kei's DTL&BHは世界最高!課題のメンタルは経験でクリアされる!
  3. 錦織 世界3位浮上かかる準決勝相手はワウリンカ!満身創痍ワウリンカ相手にスタートから気を引き締めろ!デルポトロ感泣!
  4. 錦織圭 ジョコヴィッチの山に!他はナダル、イズナー、ペア!準決勝で今の錦織がジョコヴィッチに通用する所を見たい!
  5. マイアミOPドロー決定 錦織マスターズ1000初優勝へ好材料だらけ!どう勝ち上がる?QFが最初の難関!?
  6. 優勝候補は!?16甲子園は史上最高の層の厚さ!6校が第1グループに!次のクラスも秀逸!
  7. 大谷翔平 MLBで二刀流容認可能性の5球団とは!?220打席&165イニングス!変則インセンティヴ導入か!
  8. 錦織圭 ウィンブルドンに第8シード出場へ!ATP Finals4年連続も!ティエムをGWオープンで順位逆転確実!8と9位の違いとは!?
  9. ”山田は送りバント程度の選手?”最高選手の挑戦を奪った後悔 千賀、菅野に米メディア興奮!しかしいつMLB挑戦?
  10. 錦織圭 ついにマレーを倒し世界に激震!修造感極まる! USオープン初制覇へ準決勝は相手は銀メダリスト?世界3位?

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss