横浜発!カズ大橋のプロ野球放談

メジャー26人制導入か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、メジャーリーグの登録枠は25名であるが、 来シーズンから1名増加の26名導入を前向きに検討しているとのことだ。

数年前からレンジャースのダルビッシュが先発6人制を主張したことが、 ここにきて投手陣のヒジの予防を考慮し、登録枠を増やす方向に動いた模様である。

早ければ、12月2日の話し合いで正式に採用するかどうか決まるとのことだ。

メジャーの投手は、力投型が多く、トミージョン手術を受けるほど、 ヒジを故障しやすい傾向にある。

投球数100球目安にしてもだ。

もちろん、ヒジの予防対策を日々研究対策を怠らないことだが、 これは、大いに歓迎したいです。

トミージョン手術を受ければ1シーズンは丸々棒に振ることになるのだ。

そのようなケースを減らすための努力はぜひ進めてほしい。

ただ、9月以降は、最大40人登録を28人登録にするというが、 これも、消化試合の意味合いを減らすとともに、 常にベストメンバーで臨みなさいということだろう。

ただ、それなら、NPBの支配下枠に当たる、 MLBのメジャー契約枠を現行の40人から30~35人に縮小してほしい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
MLB

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

メジャー26人制導入か!?

ロスターが40人であることがペイロールを圧迫しているのですか?
その意見はどのチームからも聞いたことがありません。
セプテンバーコールアップ後のアクティブロスターの人数と40人ロスターの人数の因果関係がわからないのです。
なぜセプテンバーコールアップの人数が減ったら40人ロスターの人数を減らさないといけないのでしょう?

メジャー26人制導入か!?

おそらくあなたの意見には、MLBの40人枠には戦力としての側面だけではなく、ルール5、マイナーFAによる他球団流出回避して、さらに有望株を3年育成するためのプロテクト枠という戦力とは別のもう一つの大事な側面があるという視点が欠けている。
その視点があればまた40人枠縮小という意見も変わってくるのではないか?

「メジャー26人制導入か!?」へのコメント

宮本さん。

再度意見ありがとうございます。

現在メジャー契約は40名に制限されてますが、
9月のロスター拡大でも現実には40人登録はしてません。
そして、もし今度のメジャー登録で28名にした場合、
果たして40名必要になるか疑問を感じました。
それなら、メジャー契約を削減して35名程度に絞りこむのが予算面でも少し軽くなるかと。
また、長期離脱者が出た場合はメジャー契約枠とは別に一時的にメジャーに呼ぶこともできます。
なので、メジャー契約枠を削減したほうがよいと考えてます。

メジャー26人制導入か!?

論点が見えづらいのですが、9月以降のアクティブロスターの枠の減少と
40人ロスターの多寡にどのような関連性があるのですか?
それが減ることによってどのようなデメリットが解消されどのようなメリットが生まれるのでしょう?
また、40人ロスターの縮小はチームのロスターの流動性の低下とチーム間の選手の移動の阻害を招きませんか?

こんな記事も読みたい

オフシーズン到来。まずは地元出身キャッシュナーを獲得【日本在住レンジャーの雑記】

2016年エンゼルス総括ネタ【夏はエンゼルス、冬はクリッパーズ】

大統領選で大敗北を喫したMLB天才セイバーメトリシャン、ネイト・シルバー【MLB 戦いの原理を求めて】

ブロガープロフィール

profile-iconkazuohhashi

プロ野球ファン歴40年の男です。
プロ野球エキスパート目指し、
起業立ち上げに奔走中です!
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:199724

(02月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. DeNAの来シーズンを考える。
  2. 岸はまだまだ西武に不可欠か?
  3. ソフトバンクのリベンジへの3つの課題
  4. 西武木村昇吾への温情処置
  5. 日本ハムドラフト6位指名の選手はやはり社会人入りへ
  6. 私が考える来年の埼玉西武ライオンズ
  7. FA行使申請が終了。行使した選手はどうなる?
  8. 平田は中日で仕事を果たせ!
  9. 楽天イーグルスの戦力外に物申す
  10. オリックス長谷川SAの発言は言語道断

月別アーカイブ

2016
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss