かずのすけの日記

(私的)前半戦総括

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から2日間オールスターでレギュラーシーズンはお休み。ここで前半戦を振り返ってみたいと思う(あくまで私的)。 まず今期の戦いについて。これは現在52勝29敗2分の貯金23。2位の阪神と8ゲーム差開いた堂々の首位。何の文句もないすばらしい成績である。特筆すべきはジョンソンがほぼいなかったのにこの成績であるということ。岡田・大瀬良・薮田・九里が引っ張り、待望の中村祐太が出てきて3勝を上げる活躍を見せた。しかしこれを支えたのが打撃陣で、特に優秀だったのは3番で打線を牽引した丸である。また昨年とは違って新井が一歩下がっていい働きを見せているし、新井がそう出来ているのも誠也が4番に座ってくれているから。本人はあらゆる攻めに試行錯誤しながらではあるが、この4番誠也は彼の成績だけでは見えないそれ以上の打線への安定感をもたらしている。またその4番を助けるかのように前述の丸が打線に繋がりをもたらしてくれている。中軸はここへきて松山が調子を上げ、開幕から好調のエルドレッドとともにポイントゲッター役を担い、一時は規定打席に乗ったと同時に首位打者になった安部が7番でいい活躍を見せている。ワンポイント的に西川が結果を出し、育成から本契約となったバティスタは華々しく2打席連続代打ホームランでデビューと、いいこと尽くめであった。キャッチャーは僕の望みどおり會澤が石原よりスタメンマスクを被り打つ方でも3割弱の活躍。今までの強引なバッティングから一転、逆方向へ逆らわないバッティングでタイムリーを量産。持ち前のセンスを見せ付けてくれている。 さていいところばっかり並べてみたが、次は若干の不安点について見直していきたい。まずは投手陣について。ジョンソンが復帰し先発陣に一層厚みが出た。しかしリリーフに関してはまだ不安定。防御率こそ悪くはないがジャクソンの不調が印象を悪くしている感じ。ただ残りの4枚が機能しているのでなんとかなっている。そのジャクソンも底は打って上がり気配。それと九里がロングリリーフに回ってくれて非常に安定感が出た。後半戦はその形を維持するのか変えていくのか注目。今のところ台所事情は厳しくないが困ったときにはへーゲンズの力が必要になる。その使いどころも注目したい。打線はおおむね順調。これは投手陣も含め怪我だけが心配。 基本的にはオールスターまでは出来るだけ勝ちながら形を作っていって、後半戦で勝負というのが優勝への道。そういう意味では非常に楽に戦える貯金は大きく作れ、先発陣と打線に関しては形が作られたが、暫定クローザーといわれた今村の上に暫定セットアッパー中﨑で乗り切ろうとしつつあるリリーフ陣に関しては不安が残りそう。ただ駒的には大きな不足はないので杞憂に終わってくれればいい。 ここまでは今期について見て来たが、長期的な視点に立ってみればどうか。まず先発陣は岡田がここまでしっかりローテを守ってくれていることをまず評価したい。まだ2年目で元々経験も浅い選手。最近は精細を欠くシーンも増えているが、我慢してローテを守らせてあげたい。そうすれば2桁も見えてくる。それから薮田が非常にいい。フォームも安定して躍動感が出てきた。個人的にはリリーフに回ってほしいがこれだけ結果が出れば何も言えない。頑張って自分の地位を築き上げてほしい。大瀬良も個人的な予想よりよくやっている。ファンは将来のエース候補と呼んでいるが個人的にはまだまだ。ただやはりポテンシャルは高い。この3人が将来に向けても計算が立ち始めている。それにジョンソンと野村。このあたりは調子を落とす年があっても不思議ではないので、その中では十分だろう。それから一番うれしかったのは中村祐太が出てきてくれたこと。個人的には前半戦の投手MVPといってよい活躍。先発の一番しんどいときによくやってくれた。後半戦も期待している。リリーフについては復活組が支えてくれている印象。中田もよくここまで戻ってきてくれた。ただ新戦力が出てこないのは少し不満。九里がロングとして機能しているが、少なくともあと1人は出てきてほしいところ。今高橋樹が1軍にいるが今後どういう使われ方をするのか注目。上手くいかなかった点で話をすれば監督が開幕当初口にしていた「左の先発」について。途中で床田が故障して頓挫してしまった。候補とすれば戸田を筆頭に上記の高橋に中村恭や塹江など居るのは居るのだが、イマイチ結果が出ていない状況。これからは勝負のかかる後半戦で悠長なことはやってられないのでこのあたりは来期に持ち越しか。野手陣では前述の會澤が出てきてくれたのが非常に大きい。それと誠也4番。西川に野間といったタナキクマルに次ぐ新世代(誠也と3人で若鯉三銃士と勝手に呼んでいる)が1軍定着しているのも高評価。堂林が中途半端な形で降格になったのは残念だった。バティスタの6年契約も、聞けばじっくり育てて契約期間の後半で花咲けばいいという、長期的に見た判断らしく、エルドレッドの年齢も考えるとこれも素晴らしい。そんななか一つの不安材料としては菊池不在の可能性。序盤の9点差逆転など苦い思い出しかない。当初は西川を当てはめてみたが上手く機能しなかった。結果的には昨年同様安部をセカンドに入れるのが現時点では妥当なところ。ただここは現時点で緊急性はないものの絶対に考えておかないといけない問題。今後に注目したい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カープ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オールスターゲームだ! がんばれ鈴木大地! がんばれ田村龍弘! がんばれ二木康太! 【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

きっかけは岩隈投手【羽ばたけより大空へ】

《マリーンズ》暗黒時代の始まりか???・・・。。。【南大阪に吹くマリンの風】

カープの前半戦【カープ道】

投稿開始【カープ大好き高校生の野球観戦】

プロ野球愛【カープファン初心者が勝手なことを言います】

【リアルな未来】5番レフト鈴木誠也【カープファンの構想と妄想】

甲子園好きにはたまらないフレッシュオールスター!!【人生広島カープと共に】

ブロガープロフィール

profile-iconkazunosuke1229

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1100233

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 新しい戦力の出現
  2. カープのドラフト結果
  3. カープの復調
  4. ドラフト会議
  5. ローテ予想
  6. カープ優勝への道~守~
  7. カープ優勝への道~打~
  8. ヒースはミコライオの代わりになれる?
  9. 堂林の護摩行
  10. 開幕打順

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss