今日も今日とて

関西住まいのカープ好きが色々書きます

kazuhaya

  • 昨日のページビュー:3678
  • 累計のページビュー:2423371
  • (09月21日現在)

最新の記事

ポストシーズンに向けて

これからは現有戦力で使えるカードを探す事と疲労度の高い選手の回復が優先されますね。 勿論、一気にとはやらずに順繰りになるとは思います。 タイトル争いをしている選手は出続ける事になるでしょう。 昨日は石原が、今日はジョンソン、今村、上本、天谷、エルドレッドが抹消された様です。 すでにルーキーの坂倉が上がると言われていますし、メヒアやヘーゲンズも上がるのではないでしょうか? 上本、天谷の後は誰か?庄司......続きを読む»

祝連覇!!

おめでとうございます。 この一言に尽きますね。 全ての選手、監督、コーチ、スタッフに感謝したいですね。 タナキクマルが今年も引っ張ってくれました。 會澤もほとんど独り立ち、安部が定位置を掴みました。 誠也も怪我はしましたが、それまでの活躍は十分ですし、松山もキャリアハイじゃないでしょうか。 エルドレッド、新井も良いところで打ってくれました。 野間の走塁には痺れました。 西川もセンスを見せてくれまし......続きを読む»

投手陣整備考

今シーズンの優勝はまず間違い無いと言えるでしょう。 マジック1まで来ています、すっきりきっちり勝って決めたい所ですね。 さて、これからCS、勝ち抜けば日本シリーズとなる訳ですが、その予想はしません。 こういうと何ですが、不安要素の方が大きいと感じています。 それは投手陣の疲労度です。 かなりお疲れ、というよりは相当酷い、または消耗し切っている、故障もあるのでは? こういうイメージが拭えません。 ......続きを読む»

まぁ、本当なら今日試合だよなぁ……

だから勝てるってもんじゃありませんが。 三連休に合わせての日程だから仕方ありませんね。 それにしても一岡、今村、中崎の状態は悪いですね。 特に今村は表情に疲労の色が出ている様に感じました。 まぁ、元からそんなのかも知れませんけど。 これ、優勝決めて休んだくらいで回復するのでしょうか。 と言いますか、来期以降にも影響が出そうで怖いものがあります。 やはり新人や補強は投手に絞った方が良さそうです。......続きを読む»

王手!!

石井コーチが練った策でしょうか、スカッと快勝でマジックも2となりました。 巨人にも頑張ってもらって、明日で決めるのがベストですね。 そしてNHKで全国中継との事です。 これは朗報です。 そう言えば昨年の優勝もNHKだったと思うので縁起も良いですね。 何気に九里の二桁勝利が見えてきました。 入団以来応援しているので何とか達成して欲しいところです。 彼の存在は今シーズン、非常に大きかったと思います。......続きを読む»

中身の無い負け

野球というのは確率のスポーツです。 それ故に戦術は確率を上げる方向になるのが必然ですが、同時に外れた方に布石を置くのが特徴ですね。 これが駆け引きや面白さに繋がっているのだと思います。 昨日の負けはその点何も無い、何となく負けたという感じです。 この辺りは石井コーチも感じているみたいなので今日からの戦いを見たいですね。 ただ、気になるのは誠也不在の中、得点力を考えると新井かエルドレッドが必要に感......続きを読む»

九里が引き寄せた勝利

これで対阪神はトドメをさせたでしょうか。 3連戦内容は良くなかったですが、劇的な活躍も有り3連勝。 投手陣に相当疲労がありますが、野手も丸や菊池はかなりキテそうです。 さっさと優勝して少しでも負荷を和らげたいものです。 3つ目は何と言っても九里の働きが大きかったですね。 阪神有利の場面からパーフェクトリリーフ、そして球数も少なくテンポ良く抑える事が出来ました。 野球はメンタル面の要素が大きく、流......続きを読む»

ベース寄りに立て

藤浪先発の今日の試合、右打者はそうするべきです。 変に左打者を並べるのは愚の骨頂でしょう。 勿論、基本的な部分は変えなくても良いのでタナキクマルはそのままで良いと思います。 松山の4番も良いでしょう。 一塁は新井、レフトはエルドレッドにするだけですね。 1.遊撃・田中 2.二塁・菊池 3.中堅・丸 4.右翼・松山 5.左翼・エルドレッド 6.一塁・新井 7.三塁・安部 8.捕手・會澤 これが一......続きを読む»

投手にもクロスオーダーが必要か

私が野球を見始めた頃は先発が完投するのが当たり前の認識でした。 勝ち試合で降板するのはガッカリしました記憶もあります。 ストッパーという概念はすでにありましたが、これも今のクローザーとは違う感覚。 勿論試合の最後を任せるという意味合いが基本ではありましたが、その名の通りピンチのストッパーの役割も大きかった。 これは試合終盤まで引っ張る事から自然とそうなったのでは、と思いますが、一番厳しい場面での交......続きを読む»

これは行くべきだと思います

私は生まれも育ちも関西ですからカープの選手獲得について地域性を求めません。 しかし、広陵の中村君は獲るべきだと思います。 まず、能力の高さ。 大舞台で結果を出している事。 捕手である事。 捕手については石原から會澤へ世代交代の最中です。 磯村や坂倉、船越とその後の世代も出つつありますね。 特に坂倉は天才的な打撃がかなり評価され、或いは會澤の2番手もあり得ます。 それでもこの逸材を逃す手はありません......続きを読む»

勝ち越したから良しです

そうは言っても最後に負けると何とも言えない気持ちになりますが。 福井に期待される最低限はやったと思いますし、中田廉については仕方ない。 一岡、中崎、今村を休める事が出来ただけでも助かりました。 中田が切り抜けていたら佐藤祥万だったような気がしますが、はて。 チームの状態は相当に疲労が溜まっている印象です。 首位チームで優勝が見えてくるこの時期まで全力で来ていますからこれは仕方ない。 幸い、秋の気......続きを読む»

今が底かなぁ

打線も投手陣も今が1番苦しい時でしょう。 なので今こそ基本を忘れずに嫌らしい野球に撤して欲しいですね。 アウトひとつに意味がある、そういう部分を意識すれば打線は上向きますよ。 大瀬良も遂に、ですがそもそも過去の大投手でもシーズン負け無しは田中だけです。 そういうのはもしメジャーに行くならそのシーズン直前まで取っておくということで。 ま、負けは残念ですが、収穫もありました。 特に佐藤祥万の好投とジャ......続きを読む»

仕方ないものは仕方ない

激戦の3連戦を完全に5分に終えました。 お互いのチームが惜しい所が目立った3連戦とも言えます。 カープも勝てたかも知れませんが、タイガースもそれは同様。 今後も手強いですね。 まぁ、ファンをやっているとどうしても負けた犯人探しをやりがちです。 私も過去にやっているでしょうしね。 ただ、現状としてこれだけチームが勝っているのは全員の力あってこそ。 それは首脳陣が上手く配置しているからだと思います。 ......続きを読む»

驚いたところで投手陣考

日ハムの谷元投手が金銭トレードで中日に移籍しましたね。 電撃発表と言えると思います。 谷元投手は出身が三重という事なので里帰りの意味もあったでしょうか。 日本ハムは放出が既定路線で、その先として谷元投手の地元に絞って交渉していたのでしょうか。 それとも中日側が谷元投手の立ち位置に注目して声を掛けたのか。 謎ではあります。 監督推薦でオールスターに出場、昨年もバリバリ活躍していた投手ですから手強い相手......続きを読む»

精神がもたらす影響について

先日、岡田が完全試合間近まで行きました。 しかし、ヒットからタイムリー、四球という流れで交代しましたね。 チームが大勝する状況下、出来れば投げきって欲しいという展開でしたが、ベンチは交代に踏み切りました。 これは岡田にイップスがある可能性を示唆します。 先日より元日本ハムの岩本氏によるイップスにまつわる記事がありました。 読まれた方がいらっしゃったらどう感じましたでしょうか? 私は戦慄が走りまし......続きを読む»

完全優勝の道が見えた

快勝でしたね。 糸原選手の怪我は心配ですが……。 これで阪神とも五分、セ・リーグ内で全チームへの勝ち越しが現実的になってきました。 完全優勝から昨年の忘れ物を取りに行って欲しいと思います。 とは言え、次は中日です。 チーム状態を上げてきていますし、CSも射程圏ですから一戦一戦をやるべき事をやって勝ってもらいたいです。 岡田の中継ぎ論が出ていますが、そろそろヘーゲンスを上げたらどうなんでしょう。......続きを読む»

意識の差

相手に良い投球されたらそうそう得点出来ませんわな。 そこは反省とスコアラー陣、コーチ陣とのマッチングで次回は攻略出来る様にして欲しいと思います。 タイトルの意識ですが、天谷の走塁ですね。 結果的に得点出来るかは別にして三本間で挟まれてランナー進塁させないと駄目でした。 そこを瞬時に判断出来るかが意識の差だと思います。 タナキクマル誠也や新井辺りの意識は中々チーム内でも突出しているとは思います。......続きを読む»

変な言い方ですが、良い負け方です。

勝てるに越した事はありませんが、岡田がひとりで投げ切っての敗戦。 中継ぎを使わずに済んだ事と、岡田に一試合を任せられたという事は今後に生きてくると思います。 こういうイニングを食わせる事が出来る投手は貴重ですし、またチームの期待が窺えますね。 現在離脱中ですがジョンソンと野村という両輪が先発投手陣の柱になります。 昨年度は黒田が加わる事で厚みを増していましたが、その穴を誰が埋めるのかという事がシ......続きを読む»

上々の出だし

ブレイシアが抑えてりゃホント良かったのですが。 今日の試合は大事になると思います。 それと大瀬良の途中降板、足がつったとの事ですが軽症である事を望みたいですね。 先発が足りない今、100球目処の交代が基本みたいですが、後ろは後ろでシンドイですね。 その意味でブレイシアが機能すれば便利な所を任せたいのですが。 ちょっと信頼して出せない感じではあります。 今日は岡田先発ですが、上手くイニングを食っ......続きを読む»

打てなきゃね

打てないと勝てないのは当然ですね。 九里は好投しましたが、残念な結果でした。 こういう時期に大事なのは進塁意識と進塁阻止意識です。 基本的なプレーの精度を上げていけば自然と勝率は上がります。 新井の不調、菊池の怪我、不安要素が出て来ています。 エルドレッドにしても年齢を考えると今年は良くても先々はどうなるか。 その意味でレフト、一塁、二塁、三塁を守る選手層が厚くなる必要があります。 安部はもうち......続きを読む»

上出来の試合、大瀬良続けるか。

良い試合でした。 ジャクソンは使いましたが、最終回はブレイシアを使えましたし。 ただ、僅差では使いにくいですねぇ。 ヘーゲンスの復帰が待たれます。 ジョンソンも途上ではあるものの打者相手に投げたという事で復帰に向かっているのがわかります。 6月復帰でしょうが、焦らず万全を期して貰いたいですね。 今日は大瀬良。 このカードの勝ち越しも掛かっていますし、やって貰いたい所。 出来れば先制は許さず、味......続きを読む»

大事な試合

まぁ、大事じゃない試合があるのかという話ではありますが。 カープにとってはエースの野村を出す、対戦成績の分の悪いDeNAとの対戦です。 ここは3つ欲しいくらいですし、最低勝ち越し。 苦手を持つとどうしても優勝は難しいでしょうから、その払拭もしたいですよね。 最高は野村の完投勝ちでしょうが、さて。 何度か書いていますが、カープの中継ぎ陣には故障リスクが隣り合わせです。 なるべくそれを減らし、可能な......続きを読む»

ピースは揃った、再点火に向け準備を

今シーズンの重要ポイントであるふたり、岡田と九里が結果を出しましたね。 これは本当に大きいです。 ここまで相性の良い巨人相手とはいえ、良い形を作る事が出来ました。 ひとまずは安心です。 あとはDeNAと阪神相手にも同様の投球を出来れば優勝がはっきりと見えて来る様になりますね。 そして松山が復帰二戦共に結果を出しているのも好材料。 昨年もここで打って欲しいという場面で松山が打点を上げるケースがあり......続きを読む»

ひとつピースが埋まりました

前々回のエントリで書いた今シーズンを占う上での鍵になるひとり、岡田が結果を出してくれましたね。 ひと安心という感じです。 終盤にやや不安定な場面もありましたが7回を2失点。 これで目処が立ちました。 次回登板にも期待が持てます。 もうひとりの鍵を握る男、九里は明日の登板。 やはり怖い阿部を筆頭に左打者陣がポイントになりそうです。 特にスタメン起用を巨人がどうするのか? 長野を外して左を並べてく......続きを読む»

投手起用について

起用法固定、というのは必要では無い時まで選手を使わずに済むというメリットがあります。 また起用される側も試合状況によって自分の出番を予測、準備出来ますね。 昨年成功したのはこうした選手固定のやり方が成功した、というのも一因だったかと思います。 この起用時に役割を固定するのは何を根拠にするかと言うと首脳陣から見た信頼度によります。 プレイシア起用が無いことに声が出ていますが、勝勢または逆転を期待しつ......続きを読む»

九里と岡田が鍵を握る

まぁ、泥沼ですね。 正直な所、このままだと暗黒期待った無しです。 現状カープで完投出来る投手は調整中のジョンソンを除けば稀に野村が出来るかも、という感じです。 と言いますか、現実問題として最近の試合でゲームを作ってる先発は野村だけ。 後は悉く炎上しています。 5月上旬なのに中継ぎ陣の酷使傾向が顕著でしかもパフォーマンスに影響が出ています。 よほど奇跡的なブレイクスルーがなければ誰でも投壊を意識する......続きを読む»

投壊が全ての始まり

先発陣:野村、岡田、大瀬良、九里、福井、中村祐、加藤 (復帰すれば)ジョンソン、床田 中継ぎ陣:薮田、中田廉、今村、ジャクソン、プレイシア、一岡、高橋樹 (復帰すれば)中崎、ヘーゲンス 先発を見渡すと確実性が高いのが復帰すればのジョンソン、野村 比較的安定するかも、が岡田、大瀬良 懐疑的なのは、九里、福井、床田、中村祐 完全復帰前提ですが、1番イニング食えるのはジョンソンでしょう。 野村は7......続きを読む»

ここでの対処を誤ると暗黒時代になります

題名通りですね。 今の状況は暗黒時代の直前に酷似しています。 勃興する有望な若手野手、エースの存在、若手投手陣。 佐々岡がいて、チェコ、ルーキー山内が居た頃に近い雰囲気がありますね。 現状のカープは非常に危ういバランスの上にあります。 投手陣を見れば確実に計算出来るのは先発では野村だけ。 中継ぎ陣はジャクソンくらいです、後はいつ失点してもおかしくない。 当然、投手を注ぎ込むしかありませんが、酷使傾......続きを読む»

ずるずる行く可能性

これは非常に高い蓋然性があります。 昨年を含めてカープの強みは守備の固さにありました。 これは菊池や丸に代表される野手の守備もありますが、それだけではありません。 先発投手の余裕が最大の要因でした。 一昨年なら前田健太とジョンソン、昨年ならジョンソンと黒田、野村。 イニングを食える安定性と能力の高い先発がいるからそこで大型敗戦を食い止める可能性が高くなります。 しかし現状は野村しかいませんね。 岡......続きを読む»

本当に大丈夫なのか?

菊池がヤクルト戦から戻るとの事ですが、大丈夫でしょうか。 そもそも絶対のレギュラーが全休という状況が普通じゃないですよね。 勿論、元から怪我があるのは承知していますが……。 プロ野球選手で怪我の無い選手はいません。 その意味では全て折り込み済みと信じるしか無いですね。 取り敢えず、投手陣の再編、整備。 勝つには大事です。 出来ればフィリップスの上院互換な新外国人選手を獲得出来れば良いのですが。......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11

このブログの記事ランキング

  1. 弱いチームに逆戻り?
  2. 井端について考える
  3. ドラフトと左腕と
  4. 自由契約選手について
  5. フレッド・ルイス選手の獲得による変化
  6. 来期を考える(1)
  7. 残念な報道とコーチ人事雑感
  8. 驚愕!!
  9. カープの今後
  10. 田中は1番で良いのか?

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
05
04
03
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss