今日も今日とて

関西住まいのカープ好きが色々書きます

kazuhaya

  • 昨日のページビュー:315
  • 累計のページビュー:2669010
  • (11月18日現在)

最新の記事

鶏肋

そろそろストーブリーグが過熱し始める頃。 今の所、関西に住んでいる事もあって大和の去就が気になりますね。 内外野を守れる上に守備力は名手クラス。 何度か大和の好守備に得点を阻まれた記憶もあります。 カープは今年でいうと内野の上本、外野の野間がバックアップ、守備要員として存在しました。 野間についてはやはりスタメンを狙って欲しい選手ですから、一定期間大和の様な選手がいると助かるのは確かなんですよね......続きを読む»

各種指標から見る来期占い的なもの(投手編)

私が言うまでも無く、カープの投手陣には不安があります。 もっとも打線にも脆弱性があるのでそちらも安心では無いのですが…… それはともかく、投手陣について指数を基本に考えてみたいと思います。 相変わらず、K/BBとWHIPを用います。 K/BBは三振と四球の比率、2未満は良くない、3.5以上は優秀とされます。 WHIPは1.32が平均、1.10より下回ると非常に良く、1.40を超えると平均以下とい......続きを読む»

各種指標から見る来期占い的なもの

たまには数字的分析も良いだろうという事で各種指標を引っ張り出してみました。 IsoDは有名ですね、出塁率から打率を引いたものです。 0.07~0.08で合格ライン、0.1を超えると一流とされます。 IsoPは長打率から打率を引いたもので長打力の指数と言えます。 BABIPは本塁打以外のグラウンド内への打球が安打になる割合、というものです。 BB/Kは四球と三振の比較比率 PA/Kはひとつ三振するま......続きを読む»

不安しかないぞ

ソフトバンク山田がヤクルトに…… 敵チームが強化される中、底上げしかやらないって馬鹿じゃないのか? 他所も底上げしてるんだよ。 ちーがーうーだーろーと言いたい。 めちゃくちゃ言いたい。 真面目な話、投手を整備出来ないとボロ負けするよ。 それどころか選手がパンクする。 中崎、今村、一岡、中田……皆が小林幹英に見えてきます。 少しでも長く活躍して欲しいと思うのもそうですが、焼き畑農業みたいな事をし......続きを読む»

面白くCSを変えてみる、その2

前に書いたCSを面白く変えるというエントリのコメント欄で良いのを頂きました。 まぁ、そこまで行くとクライマックスシリーズ、では無くなりますが。 レギュラーシーズンでセ・パ両リーグそれぞれでリーグ戦を行い勝ち抜いたチームがそれぞれのリーグを代表して日本シリーズを行い日本一を決める。 これが以前の流れでした。 まぁ、長年の事ですし、またわかり易いのでこの流れそのものが古くからのファンにはこびりつい......続きを読む»

自分の所だけで喜べないのかな?

思い返せば2013年、初めてカープはCSに進出しました。 万年Bクラス、安定の5位力、貧乏球団、内川に突撃ってw、阪神の2軍、巨人の植民地……… まぁ、色々言われてきての進出でしたが、この時も借金持ちがどうとか良く言われてましたね。 さて、あの頃そんな事を言う人の所にどれだけの人が突撃したでしょうか? 多分知る範囲では無かったでしょう。 突撃すれば逆襲もあるのですから、それは見なかったと思います。......続きを読む»

他球団ファンの記事とか

普通、あまり見ませんよね。 基本的には自チーム情報の共有に使われていると思います。 だから、人のコメントなどもちゃんとは見ていない訳です。 何が言いたいかというと、私はFacebookをやっているのですが、そこのFBFがCSを勝ち抜いた記事にコメントだけ残しました。 彼がDeNAのファンである事は知っていましたので。 勿論、面識もある人ですし、普通に祝賀コメントでした。 所が他人に当てたコメント......続きを読む»

DH制について

DH制をセ・リーグにも導入するや否やという話が出ていました。 DH制によりレベルがどう、とかいう事も全て含めても私は反対ですね。 これは単に感覚の問題に過ぎませんが、打席に立つ9人が守りにそのまま入る事こそが原点でしょう。 投手に打力がない、という事でそこに打撃専門の選手を入れているのが現行のDH制ですが、以前より違和感を持っていました。 投手は専門性が高く、打撃に時間を割かない為に、という話も理......続きを読む»

来期の展望

ネガティブブロガーとして見た場合、来期のカープの見通しは非常に悪いです。 これはポストシーズンの結果とは関係ありませんが、現実的にはそこで確信を強めました。 まず投手陣の問題。 故障持ちの一岡、今村、中崎、中田廉の4人は登板過多でした。 2016年のヘーゲンズ、ジャクソンというセットアッパーが機能しなかった影響ですが、これはかなり危険です。 せめてどちらかでも機能してくれれば負担軽減されたのです......続きを読む»

面白くCSを変えてみる

何だかんだで問題があると言われるCS。 私のスタンスはルールとしてあるので従いましょうというものです。 これは以前から変わってません。 なので負けたチームには非常に大きな不満を持つわけです。 大瀬良が負けた日にベンチで笑ってたとか聞くと半分疑いながらも腸は煮えくり返る訳です。 ソースが無いので印象だけの事だと思いますけどね。 さて、表題の通りCSを面白くするためにどういう手法があるのでしょうか。......続きを読む»

CSについての考察

これの何が問題かというと簡単です。 リーグ優勝しながら、CSで敗退すると他チームからまるで優勝チームじゃないように扱われる事です。 当然ですが、割り切れない人が多くなるでしょう。 特にカープの場合は余計に言われている様に思えますね。 ソフトバンクなども過去にやられています。 その際にそこまで言われてたかなと思い出してみますが、実際どうだかわかりません。 下剋上という言葉が好きな日本人に取っては果......続きを読む»

本当にリスペクトしてます?

さて、自分がどこかのファンとして相手ファンに対しての配慮は必要でしょうか? 必要と考えた方はカープとカープファンが過去に色々言われていた頃は何をしていたのでしょう? 当時、誰かの口からリスペクト云々なんて聞いた事は無かったですね。 カープファン以外が果たしてこれに異を唱えたか? 唱えていないのが現実です。 現状のリスペクト論はとどのつまり虚構である事が明らかになっていると思います。 しかしながら......続きを読む»

CSについて整理

ま、物議を醸しているCS周りの問題ですが、ちょっと整理しましょう。 まず敗因となった要因は期間が空きすぎた事が第一、第二にコーチ人事です。 コンディション面で疲れが噴出し、体調面の悪化があったと推測されます。 社会人チームではなくチーム内の紅白戦で緊張を維持するなどすれば幾分違ったでしょう。 コーチ人事はそれによる心理面、というより試合前に人事情報が出ている事自体がチーム全体としての弛緩を意味し......続きを読む»

問答無用で強ければ良い訳よ

CSのルールやら何を言った所で条件は同じですわな。 勝てば良いわけで、負けたら仕方ない。 ソフトバンクの強さを見てもカープはまだまだ及びません。 強さを積み重ねた歴史、重み、そういうものを感じますね。 さて、そこに向かっていけるのか。 私の見立てでは難しいと思います。 プロ競技に於いて勝利の積み重ねとはすなわち消耗を意味します。 優勝するために払った代償がある、という訳です。 その損耗に対しての......続きを読む»

ファンやらリスペクトやら

カープのオーナーがどうとか言って記事を上げている人がいますな。 その人はこうした内容をアップしないと返事しないようなのでこの記事を作りました。 で、その手の話はどうしようもないと個人的には思ってます。 そいつらはカープやカープファンが過去に卑下されていた頃に同じようにやってた連中ですよ。 応援の仕方やイベントなんて各チーム勝手にやれば良い。 鳴り物の応援も風船飛ばしも真似してるわけでしょ? パフ......続きを読む»

引っ越します

サービス終了に伴い引っ越します。 以前から細々とやっていた別ブログ「だら~っとね」です。 http://kazuhaya2014.blog.fc2.com/ まぁ、こちらの記事が交じってくるので頻繁には更新すると思います。 (それでも今くらいのペースですが) それでは可能ならば向こうでお会いしましょう。 ...続きを読む»

諸々について

まず、第1に愚にも付かない事を書いてきましたが、スポナビブログのサービス終了に伴ってこちらも閉める事にします。 一応はタイトルの違うブログをやっていますので、そちらに移行する事になるでしょう。 あまり、質の良いユーザーでは無かったですが、場所を貸してくれたスポナビブログさんには感謝です。 石井コーチと河田コーチが退団します。 退団発表のタイミングや来期はヤクルト移籍との事で何とも言えずもやもやし......続きを読む»

お疲れ様でした。

カープはまだまだ弱いチームだということですよ。 強ければ勝てるのですから。 シーズンの優勝に泥を塗ったね、もう少し良い勝負してくれたらまだしもね。 来年以降、DeNAに勝てる姿が見えませんよ。 中日も阪神も巨人もヤクルトも捲土重来を期して練習と研究をしてくる。 為す術無くやられた姿を見る限りでは、弱みが見つかったという風に解釈するしかない。 何にせよ、投手陣整備をしない限りは黄金時代は来ない。 ......続きを読む»

切り替えられたか

今の所、分の悪い勝負になってますね。 台風のお陰で試合も流れたのですが、悪い流れはこれで止められるのでは無いでしょうか。 勿論、相手は手強いですから、簡単な事ではありません。 しかし、ここを切り抜けてこそ、チームも本当の実力を備える事が出来るのでは無いでしょうか。 ソフトバンクの底力を見ると、強さを感じます。 あれはひとつの目標だと思いますし、目標である内はまだ伸びる要素があるわけです。 まぁ、......続きを読む»

まず先勝

必要な時に集中打で得点する、シーズンと同じ様な戦い方が出来ましたね。 幸先の良い1勝だと思います。 どんな勝ち方でも勝てば良いわけで、これがコールドだろうが、ポテンヒットの得点だろうが、100対0だろうが、同じ1勝です。 逆もまた真なりですから、カープはそうした負けをしないように戦って欲しいと思います。 ソフトバンクは楽天に敗れました。 ポストシーズンはレギュラーシーズンとはまた違いますし、戦い......続きを読む»

雨中の試合

私は関西在住のカープファンで甲子園の近隣に住んでいます。 正直、中止と思っていたら開催。 そして数時間に及ぶ死闘。 こう書けば何か良さげですが、NPBは中止に出来なかったのでしょうか? 打球が弾まずに内野安打、守備側も走塁側も怪我を恐れてのプレー。 マウンドも当然状態は良くなかったでしょう。 プロですし、興行ですから試合をしてなんぼというのは分かりますが、流石にあのコンディションは試合が出来る状......続きを読む»

2017ドラフトに向けての考察(野手編)

カープの現時点での来期の年齢層は以下の通りとなっています。 外国人選手はここには含んでいません。 20代前半 外野手 高橋、鈴木 内野手 青木、桒原、木村、西川、美間 捕手  坂倉、船越 20代後半 外野手 野間、土生、堂林、丸 内野手 上本、田中、庄司、菊池、安部 捕手  磯村、中村 30代前半 外野手 天谷、下水流、岩本、松山 内野手 小窪 捕手  曾澤、白濱 30代......続きを読む»

2017ドラフトに向けての考察(投手編)

現在、引退、戦力外となった選手を除けばカープの投手編成は以下の通りとなっています。 年齢層は来期のものとお考え下さい。 10代投手 左 1名(高橋昂) 右 2名(アドゥワ、長井) 20代前半投手 左 3名(塹江、高橋樹、床田) 右 5名(藤井、加藤、中村祐、岡田、辻) 20代後半投手 左 5名(飯田、オスカル、中村恭、佐藤、戸田) 右 9名(中崎、薮田、横山、九里、大瀬良、今村、一岡、......続きを読む»

投手陣について考える~寸評~

現状在籍する各選手の今シーズン成績と私の評です。 評価基準としてK/BB【奪三振数/与四球数】という指標とWHIP【(与四球数+被安打数)÷投球回】という指標を用いています。 K/BBは2.0を割ってしまうと数値としては悪く、3.5を超えると優秀と言われています。 WHIPは1イニング中にどれだけランナーを出すか、という数字です。 1.32で平均値、1.40で平均以下、1.50を超えると悪いという......続きを読む»

梵、自由契約へ

ニュースとしては驚きですが、そんなに驚いていない自分もいます。 私の勝手な印象ですが、梵英心とはどこまで行ってもプレーヤーであり、納得が出来るまで突き詰めるタイプ。 今のカープで出場するのは難しかったですが、もう一花という気持ちが強かったのでしょう。 昨シーズンが終わった後に確か、以前のように無理だから体重を増やして打撃改造する、というニュースがあったと記憶しています。 彼の中でその目処があるのか......続きを読む»

レギュラーシーズン終了

完全優勝とは行きませんでしたが、取り敢えずレギュラーシーズンは終了しました。 首脳陣も最終盤は疲労度の高い選手は休ませつつもポストシーズンで使えるかの見極めに入っていました。 目処の立った選手もいれば来季にも不安を残す選手、または期待させる選手も出て来ています。 後は首元が涼しくなる選手、でしょうか。 プロの視点と私たちの視点は大きな差があるので成績の悪さや結果の悪さがそのまま評価では無いと思い......続きを読む»

ポストシーズンに向けて

これからは現有戦力で使えるカードを探す事と疲労度の高い選手の回復が優先されますね。 勿論、一気にとはやらずに順繰りになるとは思います。 タイトル争いをしている選手は出続ける事になるでしょう。 昨日は石原が、今日はジョンソン、今村、上本、天谷、エルドレッドが抹消された様です。 すでにルーキーの坂倉が上がると言われていますし、メヒアやヘーゲンズも上がるのではないでしょうか? 上本、天谷の後は誰か?庄司......続きを読む»

祝連覇!!

おめでとうございます。 この一言に尽きますね。 全ての選手、監督、コーチ、スタッフに感謝したいですね。 タナキクマルが今年も引っ張ってくれました。 會澤もほとんど独り立ち、安部が定位置を掴みました。 誠也も怪我はしましたが、それまでの活躍は十分ですし、松山もキャリアハイじゃないでしょうか。 エルドレッド、新井も良いところで打ってくれました。 野間の走塁には痺れました。 西川もセンスを見せてくれまし......続きを読む»

投手陣整備考

今シーズンの優勝はまず間違い無いと言えるでしょう。 マジック1まで来ています、すっきりきっちり勝って決めたい所ですね。 さて、これからCS、勝ち抜けば日本シリーズとなる訳ですが、その予想はしません。 こういうと何ですが、不安要素の方が大きいと感じています。 それは投手陣の疲労度です。 かなりお疲れ、というよりは相当酷い、または消耗し切っている、故障もあるのでは? こういうイメージが拭えません。 ......続きを読む»

まぁ、本当なら今日試合だよなぁ……

だから勝てるってもんじゃありませんが。 三連休に合わせての日程だから仕方ありませんね。 それにしても一岡、今村、中崎の状態は悪いですね。 特に今村は表情に疲労の色が出ている様に感じました。 まぁ、元からそんなのかも知れませんけど。 これ、優勝決めて休んだくらいで回復するのでしょうか。 と言いますか、来期以降にも影響が出そうで怖いものがあります。 やはり新人や補強は投手に絞った方が良さそうです。......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

このブログの記事ランキング

  1. 弱いチームに逆戻り?
  2. 井端について考える
  3. ドラフトと左腕と
  4. 自由契約選手について
  5. フレッド・ルイス選手の獲得による変化
  6. 投手陣について考える~寸評~
  7. 2017ドラフトに向けての考察(野手編)
  8. 来期を考える(1)
  9. 残念な報道とコーチ人事雑感
  10. 驚愕!!

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
2016
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
05
04
03
01
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss