暇人の暇つぶし。

F1におけるペイドライバーという存在。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回もF1です。
日本シリーズの誤審についても書こうかと思ったんですが・・・

・・・一言だけいいですか?(笑)
避難されるべきは、選手ではなく審判です。
投球の直後には、死球と宣告してない。
にもかかわらず、原監督登場後に、デッドボール・危険球と宣告した。
二塁塁審と協議するべきだったと思います。
ブーイングは、選手ではなく審判すればいい。
審判にブーイングをして、観客が審判を退場させてしまえばいいんです(笑)
審判の退場・・・・見てみたい。


さて、話を戻して、F1。
明日には、アブダビGPが行われる。フリー走行を見る限り・・・またレッドブル圧勝の気配プンプン(笑)
誰か止めてくれ!

アブダビGPの予想でもしますか?
いや、しません。
今回は、F1におけるペイドライバーの存在についてなんとなく思うことを述べたいと思う。
ペイドライバーって何?
という人もいるかも知れないので、簡単に説明すると、ペイドライバーとは、実力や今までの成績といった要素ではなく、チームに資金を持ち込むことでシートを獲得したドライバーのこと。
要するに、お金を払ってF1のシート買ったドライバーの事です。
F1の業界も、世界的な経済不況をもろに受け、資金繰りが厳しいのです。
日本のトヨタ・ホンダもF1から撤退しました。
そこで、チームにお金をもたらしてくれるペイドライバーという言葉が生まれました。
近年で言えば、F1の鉄人バリチェロが、ペイドライバーのマルドナード・セナにシートを奪われF1のシートを獲得できなかった。
そして、我らがカムイも来年のシートが危ういのである。

それでは、お金さえあればF1ドライバーになれるのか?
答えはもちろんNO。
では、反対に速ければF1ドライバーになれるのか?
答えは、YESであり、NO。
どうもはっきりしない答えである。
チームにとってやっぱり一番欲しい人材は、レースで勝てるドライバー。
しかし、必ず勝てるドライバーなんているはずがない。
だから、スポンサーをもたらしてくれるかどうかが、+αで必要になってくる。

今のF1ドライバーの中で、極めて例外的にF1ドライバーになった人間がいる。
キミ・ライコネン。
普通、F1に乗るためには、フォーミュラーカーの上位カテゴリーであるF3やF3000などで活躍する必要がある。
しかし、ライコネンはそのカテゴリーのレースに出ていない。
ジュニアのカテゴリーで、勝率53%という驚異的な数字を叩き出した。
飛び級でF1シートを獲得した希有のドライバーなのだ。
いうなれば、小学校から大学に進学した超天才児。
チームは、ライコネンを勝てるドライバーだと判断したのだ。
そんなライコネンも、皇帝シューマッハとアロンソ撃破に苦労したが、2007年にワールドチャンピオンになった。

チャンピオン獲得の1年後、ライコネンはフェラーリから契約を打ち切られる。
なぜか?
そうアロンソのフェラーリ加入。
アロンソは、勝てるドライバーでありながら、スペインの銀行とスポンサー契約を結んでいるペイドライバーでもあるのだ。
勝てるし、お金も獲得できるドライバー。
速いだけのライコネンより価値があると判断されたのだ。

そんなライコネンが2012年にF1帰ってきた。そして、目覚ましい活躍を見せ、先日、ロータスとの来年の契約に至った。
もう一人のロータスのドライバーとの契約はまだされていない。
グロージャンとの契約はまだなのだ。
グロージャンは、ペイドライバー。もちろんGP2のチャンピオンでもあるが、あのクラッシュの嵐をみれば、ペイドライバーと判断されても仕方がない。
ライコネンは、自らの速さのみでペイドライバーを押しのけて先に契約を勝ち取ったのだ。
さすが天才児(笑)

というわけで、ライコネンのような圧倒的なスピードを持っているドライバーがたくさん出てくれば、ペイドライバーなんて言葉は、なくなるはず。
不況だからこそ、素晴らしいドライバー達がF1を盛り上げてほしい。

個人的には、最年少チャンピオン・今年勝てば最年少3年連続チャンピオンのベッテルは、紛れもない天才だと思う。最強と表現されるアロンソだが、結局チャンピオンを取ったドライバーが最強なはずだ。
シーズン中は、アロンソが最強だったが、シーズンが終わればベッテルが最強・最速ドライバーになるはず。



おまけ
カムイ、優勝しかない!



暇人のひとりごと。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
F1
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

F1におけるペイドライバーという存在。

そのとうり!世間はアロンソびいきしすぎだと思います‼もし、もしも二人が同じマシーンに乗ってもベッテルは負けないと思う!彼はこの三年間で凄く成長したと思うまだ時々若さが出る時もあるけど...現役ドライバーでシューマッハの記録を更新出来る可能性が有るのは彼だけだと思います‼

こんな記事も読みたい

HPにて写真がアップされました☆【レーシングドライバー 東徹次郎】

F1予選Q2進出目安タイムの出し方【太鼓スポーツコレクション】

〔MotoGP〕ロレンソ&ストーナーに感動!【日替わりExciting!】

ブロガープロフィール

profile-iconkazkaz1983

サッカー、F1、野球が好きな暇人です。

思ったことを書いていきたいと思います。

ではでは・・
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:5983896

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2015年のシートから見るF1!一言モノ申す!!!
  2. F1におけるペイドライバーという存在。
  3. モナコGP・アホすぎるハミルトンチーム・勝者なき表彰台
  4. F1・ドライバー移籍 カムイの椅子取りゲームの行方は?
  5. ロータスは、カムイではなく、グロージャンを選んだ。カムイのこれからを考える。
  6. 噂話ばかりが先行するF1・2016シーズンの開幕だ!
  7. モナコGP・ペレスを辞めさせろ!!
  8. さぁ、近づいてきたぞ!F1開幕!!
  9. マンUは、既に瀕死状態だった。
  10. F1 衝撃移籍。

月別アーカイブ

2016
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss