カワシマンとバスケットボール

シュートは入れる!(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前エントリーでは、バスケットボールで盛り上がってもらう重要ポイントは得点場面を判りやすくすることとし、その実現のためにシュートを入れる前提条件とそれがもたらす盛り上がり効果・影響についての持論5つのうち3つを書いた。


4. フリー状態の確率(シュート力)

空中にあるゴールに入れられるシュート率は、世界のどんなレベルの試合においても約5割である。
ところがシューティング練習で8割入らねば試合で5割は難しいと言われる程デリケートなジャンプシュート。果たして8割まで完成させて試合に臨むプレーヤーはどの位いるだろうか。

地道なプレーの中でシュートセレクションして、フィジカルな強さで競った中で撃つ場合、時には完全フリーで撃つ場合、試合の中でどっちが多いだろうか。
どっちのシチュエーションを想定して練習すべきかが重要である。


5. 視野の広さ(ノールックパスなど)

高校時に観る者を魅了させたマジック・ジョンソン。
そのマジックのスタイルに魅了され、それを体現した田臥。
両者は、確実にファンを楽しませる術を持ったプレーヤー。

一般のバスケットに興味を持っていない人にバスケットを楽しんでもらうためには、彼らのように「シュートを入れさせるため」と判るアシストパスを演出し、相手が誰であれ簡単にフリーでシュートを入れる場面を誇張して<魅せることを計算できること>が必要ではないだろうか。

バスケを知らなくても田臥なら知っているということは、そういうことである。
彼が高校の時にその印象を与え、彼以外にはその印象に追い付くことができないままである。

ジョーダン、アイバーソン、ウェイド、レブロン、コービーなど絶対的なフィジカルとシュート力を持つ世界に数人しかいないプレーヤーの格好だけを真似ても結果は付いて来るハズもないことを学び自認すべきだろう。

わたしからの提言は、視野の広さを身に付けて自分以外を活かすパスを磨いた上で自らのシュートセレクション力を身につけるべきだ。そうすることで、自ずと観る者にも伝わる何かが生まれる。

「いつ見たの?」「なぜ、そこに味方がいるったわかったの?」「今そっちは見てなかったのにパスしたよ!」

敵も味方もあざむく位じゃないとディフェンス重視の中でシュートチャンスを得ることは難しいのだから。


例えば、先日の全日本vsJリーグ選抜の復興チャリティ試合で闘莉王のヘッドパスが無ければカズのゴールは生まれなかったということを考えるべきだ。パス無くしてゴールは生まれない。それはPGに該当する俊輔だけに頼るものではないという典型的なシチュエーションだったのではないだろうか。

そういう意味で日本こそヨーロピアンタイプのバスケに移行すべきであり、どんなポジションの選手でもパスとシュートが上手いという土台を作るべきなのかも知れない。

残念ながら、パスが上手いと思えるPGが少ない。いいパスが無ければ、いいシュートセレクションと高確率のシュートは生まれない。これは間違いない。

国際大会でアシスト王を獲得した吉田(JX)のような成長を、男女問わず誰もが目指すべきだろう。
そこに勝機があることが証明されたのだから。


以上5つの条件からクリエイティブなゲームが生まれ、そこに面白さを感じる可能性が生まれる。

面白いと感じられれば盛り上がることになる。

(4)につづく



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
競技の普及
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

シュートは入れる!(2)【カワシマンとバスケットボール】

シュートは入れる!(1)【カワシマンとバスケットボール】

【MSS】vs高松ファイブアローズ第2戦目試合結果速報【宮崎シャイニングサンズ 公式ニュース】

ブロガープロフィール

profile-iconkawashiman

バスケットへの入れ込み情報

ツイッターしてます!
http://twitter.com/kawa4man
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:44269

(08月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ビッグマンに求められるスキルの探求(その3)
  2. ビッグマンキャンプの必要性
  3. バスケットボールの神様:ジャバー白血病を告白
  4. 宮地 陽子さんの目でみる日本バスケ
  5. 日本代表強化のために選手の選ぶべき道の提言
  6. 心は熱く、頭は冷静に
  7. Love makes you strong
  8. スコラのビッグマンプレーと吉田のリバウンド検証
  9. ビッグマンはジュニア育成から
  10. 宮地 陽子さんの目でみる日本バスケ(追加)

月別アーカイブ

2011
04
2010
06
02
2009
11
10
09
2006
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss