スポーツ宅急便

足りなかったチームの一体感と繊細すぎたAパスありきのコンセプト 〜リオオリンピック 女子バレーボール〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンピックはメダルを取ったか否かが全てではありません。 メダル獲得数が過去最高となったリオオリンピック。団体球技は苦戦したという見方もありますが、健闘ぶりも目立ちました。 32年ぶりに出場した水球男子は、初戦の世界選手権3位のギリシャをあと一歩まで追いつめる大健闘。7人制男子ラグビーは、世界ランク3位のニュージーランドを破る大金星を上げ、英国とは2点差の大健闘。準々決勝でもフランスを破りました。バスケットボール女子は、全て世界ランク上位との予選グループを3勝2敗で通過し、準々決勝では世界ランク1位の王者アメリカと前半好勝負を演じました。 そんな中で一番残念だったのは、女子バレーボール。その戦いぶりを振り返ります。

・残念だったのは、あまりに準備不足だったから 初戦の韓国戦で負けたのは残念でした。それは単なる星勘定のためではありません。予選リーグ6チームのうち4チームは決勝トーナメントに進めます。現状、ブラジルとロシアに勝利は計算できなくても、実力的に劣るカメルーンとアルゼンチンにはある程度計算できました。下位での突破は、決勝トーナメントでもう1つの予選リーグの上位チームと当たるので厳しいことは厳しい。しかし、相手がアメリカになろうが中国になろうがセルビアになろうが、厳しさは大差ないのです。 残念だったのは、オリンピック最終予選で負けた教訓が生かされず、大きな変化もなく敗戦してしまったことです。特に気になったのは、センター線を使えない攻撃とレセプション(サーブレシーブ)の乱れ。セッター宮下遥は極端なくらい、センター線を使わずにサイドの長岡望悠や木村沙織選手を使い続け、大事なセットの終盤でマークされてしまい機能しなくなる。また、不安定なレセプションによって、コンビネーションバレーを展開できない。あまりに準備不足のままオリンピックを迎えてしまったことを露呈してしまいました。 センター線の攻撃は、安定したレセプションがあって機能するという部分はあります。とはいえ、仮にセンターを使ってもコンビが合うシーンは多くありませんでした。レセプションが良くても使わなかった。使ってみてもコンビが合わなかった。それがオリンピック本番で見えた現実でした。 そして、レセプションの乱れた最大の原因は、“コートの塗り絵”が徹底されていなかったこと。コート上にはっきりとした守備範囲の区分ができていなかった為に、お互いがお見合いしてしまう失点や、レシーブに入る動作の遅れが出てしまいました。それは、ブロックされた時のフォローや相手のフェイントに対するレシーブにも出ていたように思います。

・最適解の模索と応急処置の末のアメリカ戦は現状の限界値 それからの日本の試合は、どの6人がベストメンバーなのか? という最適解の模索でした。宮下遥のトスワークが潰れると田代佳奈美に。石井優希がレセプションで崩されると鍋谷友理枝に。マークが厳しくなり長岡望悠が止まり始めると迫田さおりへ。またその逆もしかり。その交代は、調子の善し悪しや対戦相手との相性、目先を変えるという意味よりも、攻撃力と守備力のベストバランスを見出すためであったように見えました。現状でメダル獲得に対してチャレンジャーの立ち位置であるチームが、オリンピックの本番という段階で必死に最適解を探し当てなければならなかったという現実は辛いものがありました。 予選突破後の準々決勝までに求め続けた最適解は、田代佳奈美とスパイカーとの呼吸の乱れが致命傷になり始めると宮下遥へ。鍋谷友理枝が入っても全体のレセプションが大幅に改善しないと石井優希に落ち着きました。そして、得点源の長岡望悠をメインにしつつ好調の迫田さおりを併用していく。結局、初戦の韓国戦のスタメンに戻りはしましたが、他の選手にも使えるメドが立ったことはプラス材料だったかもしれません。 また、コンビネーションは不十分ではあったものの、使う回数が幾分か増えたセンター線の攻撃。不安定さは残るものの、初戦に比べればコートの塗り絵が多少進んだレセプション。今できるだけの応急処置は施した感がしました。 予選突破後の準々決勝は、もう1つの予選リーグ1位アメリカ戦。結果は、0−3のストレート負け。タッチネットを何度も取られるなど、アメリカは決して隙のない相手ではありませんでした。しかし、最適解を求め続け、現時点でやれるだけの応急処置を施して臨んだ一戦。アメリカ戦は今できる限りの精一杯だったと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
バレーボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【最新記事】アジアク5日本KAZ、アジアク4日本IRI、つくば入団引退 2016-08-28【排球博客】

【リオ五輪の風】今さら、女子レスリング観戦記(一日目)【サムライブルーの風】

リオ五輪総括:女子バスケットボール編【スポーツ えっせい】

リオが終わり東京が始まる【全日本バレー〜Road to Tokyo〜】

ウサイン・ボルトの驚愕【黒髪のかねろの整理場所】

【リオ五輪の風】今さら、卓球女子団体、3位決定戦観戦記【サムライブルーの風】

リオ五輪総括:女子バレー編【スポーツ えっせい】

閉幕、リオ五輪。そして東京へ……【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブロガープロフィール

profile-iconkatsuspo

自他共に認められるスポーツライターを目指し活動中です。取材・執筆依頼、また何かのご相談などkatsuspocafe@gmail.com にてお待ちしております。スポーツの魅力とアスリートの姿。熱量を失わず伝えられるよう頑張ります。
  • 昨日のページビュー:30
  • 累計のページビュー:320009

(04月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全英オープンのステンソンとミケルソンのマッチレースに思う 〜スポーツの境界線〜
  2. NHK杯ショート 羽生とレオノワと笑顔
  3. 記憶に残るリバーダンス 〜中国大会女子フリー〜
  4. タイが日本に残してくれたもの 〜女子バレーボール五輪世界最終予選〜
  5. 土居美咲、悔しすぎる敗戦 明暗を分けた「切り替え力」 
  6. 2014年を振り返る〜市川美余引退 美人アスリートに正当な賛辞を〜
  7. ドルトムントが香川を救い、香川がドルトムントを救う日
  8. 熱戦にただただ感動 ラグビーW杯南アフリカ戦
  9. なぜ香川は輝けないのか〜忘却の代償〜
  10. 足りなかったチームの一体感と繊細すぎたAパスありきのコンセプト 〜リオオリンピック 女子バレーボール〜

月別アーカイブ

2017
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
06
05
04
03
02
2014
12
11
02
2007
01
2006
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss