スポーツ宅急便

リオ五輪開幕、その前に伝えておきたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよリオ五輪開幕目前。開会式は、日本時間8月6日の朝。現地入りした各競技の代表選手達のニュースが続々と届くなか、男子サッカーは一足先にスタートしました。 多くの競技で日本選手の活躍が期待されるなか、卓球はメダル獲得が期待される競技の1つ。 先に行われる個人戦では、男子の水谷隼選手が第4シード、女子の石川佳純選手が第4シード、福原愛選手が第6シード。各国のエース級との戦いは、初戦から楽なものではありませんが、順当に勝ち進めばメダルをかけた大一番が期待できます。 そして、団体戦に関しては更に期待が高いのでないでしょうか? 今年2月から3月の世界卓球団体では、男女共に銀メダルを獲得しています。特に女子に関しては、2012年ロンドン五輪団体銀メダル以降、隔年開催の世界卓球団体では連続銀メダル。ファンの関心は、メダルの先にある打倒中国にも集まっているでしょう。中国の壁はまだまだ高い。しかし、その差は少しずつ縮まっているように思います。 そんな中で気がかりなのが、今年に入ってからの福原選手に対する期待度の低さです。 “次世代のエース伊藤美誠”、“日本のエース石川佳純”。そうやって多くのメディアに取り上げられる両者。それに対し、27歳になる彼女のポジションは、“キャプテンとしてチームを支えるお姉さん”という認識が多く定着してしまった感があります。今まで、日本のエースとして戦ってきたその闘争心が、求められる役割によって、曇ってしまわないか? それが少々心配です。

「世代交代の波に飲まれた感じですね」 ベスト8に10代の選手が6人残った今年1月の全日本卓球選手権女子シングルス。福原選手はベスト16で19歳の加藤杏華選手に敗退。それについてアナウンサーに問われた、日本卓球協会役員のある解説者はその一言で片付けました。ベスト4まで進出した加藤選手の健闘については一切触れずに。たった1試合の敗戦で。 その後、福原選手は海外のツアー大会でも思うような結果が残せないことが続きます。ただ、ツアー大会の結果を見ると、石川選手や伊藤選手が特別いい結果を残しているわけでもありません。ましてや、それは五輪への調整段階。しかし、福原選手のニュースに対して、限界説や選考を疑問視するようなコメントが加速していきました。 “もう、石川の時代” “愛ちゃんは終わった” “なぜ福原を代表に選んだのか” “美宇ちゃん(平野美宇選手)に譲るべき” しかし、五輪本番を前にこれだけは知っておいて欲しい。彼女は世代交代の波を乗り越え、明確な代表選考レースを勝ち抜いてきたのだということを(少なくとも上記の解説者はご存知だったはずですが)。 卓球のリオ五輪代表枠は、男女ともに3人。シングルスの出場枠は2人なので、残りの1人は団体戦のみの出場。その選考基準は、 ①シングルス代表2人は、2015年の9月に発表される世界ランキングの上位2名。 ②団体戦のみ出場の残り1名は、国際大会の成績などを加味した上で協会による推薦。 昨年5月に行われた世界卓球個人戦。度重なる怪我から復帰した福原選手は、2回戦で敗退。それに対し、当時14歳の伊藤選手は世界卓球初出場でベスト8という好成績を残します。大会終了後の世界ランキングは、 6位石川佳純 8位福原愛 11位伊藤美誠 15位平野早矢香 22位石垣優香 29位平野美宇 上位2名の出場枠の可能性は、実質平野早矢香選手くらいまでだったでしょうか。その後、ランキングポイントを稼ぐために多くの日本人選手が海外ツアー大会を転戦します。その結果、日本人選手の同士討ちも相次ぎました。もし、福原選手が本当に限界であるならば、若い世代にとって世代交代を実現させるチャンスが残っていました。伊藤選手が2番手になることも、協会推薦の3番手で成長著しい平野美宇選手が選ばれることも。 そして、9月の世界ランキング。 5位石川佳純 6位福原愛 10位伊藤美誠 17位平野美宇 19位平野早矢香、石垣優香 この期間中、福原選手は海外のツアー大会で3回の優勝。中国オープンでは、世界卓球でベスト4に進出した木子(中国)選手を破り、当時世界ランク1位の丁寧選手(中国)とはフルセットの戦いを演じています。10月の世界ランクでは、石川選手を抜き自身最高位の4位にもなりました。 彼女はその戦いにおいて、世代交代の波を押しのける自身の存在を見事に証明してみせたのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
卓球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

手倉森ジャパン痛い黒星スタート【スポーツ えっせい】

手倉森ジャパン、ナイジェリア戦敗戦!再び俺・レキップ【蹴球オタクの古今東西】

もうハッキリ言ってしまうと敗因は植田・塩谷・櫛引。そこで改善案。【キキアシワアタマ】

東京五輪正式種目決定!「野球・ソフトボール」への関心の高さ【スポーツマーケティングレポート】

俺から見たリオデジャネイロ・オリンピック:日本対ナイジェリア【バルセロニスタ】

リオ五輪 卓球女子・組み合わせ発表! シングルス、団体戦ともメダルの可能性あり!(日本代表は石川、福原、伊藤)【0 to zeroのhorizon】

石川佳純と福原愛のオリンピック対戦相手が決定!【田端到の東京五輪&ヤクルト・スワローズ研究所】

卓球部・関東学生卓球選手権大会ダブルス【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkatsuspo

自他共に認められるスポーツライターを目指し活動中です。取材・執筆依頼、また何かのご相談などkatsuspocafe@gmail.com にてお待ちしております。スポーツの魅力とアスリートの姿。熱量を失わず伝えられるよう頑張ります。
  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:325591

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 全英オープンのステンソンとミケルソンのマッチレースに思う 〜スポーツの境界線〜
  2. NHK杯ショート 羽生とレオノワと笑顔
  3. 記憶に残るリバーダンス 〜中国大会女子フリー〜
  4. タイが日本に残してくれたもの 〜女子バレーボール五輪世界最終予選〜
  5. 土居美咲、悔しすぎる敗戦 明暗を分けた「切り替え力」 
  6. 2014年を振り返る〜市川美余引退 美人アスリートに正当な賛辞を〜
  7. ドルトムントが香川を救い、香川がドルトムントを救う日
  8. 熱戦にただただ感動 ラグビーW杯南アフリカ戦
  9. なぜ香川は輝けないのか〜忘却の代償〜
  10. 足りなかったチームの一体感と繊細すぎたAパスありきのコンセプト 〜リオオリンピック 女子バレーボール〜

月別アーカイブ

2017
09
02
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
11
10
09
08
06
05
04
03
02
2014
12
11
02
2007
01
2006
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss