MLB記録navi

アルトゥーべが41年ぶりの快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加

現地時間の7月9日、アストロズのホセ・アルトゥーべ選手が4打数3安打の活躍、これで5試合連続の猛打賞(3安打)となりました。

1911年以降、5試合連続猛打賞を記録したのはアルトゥーべ選手で9人目。

1976年にジョージ・ブレット選手が記録して以来41年ぶりの快挙となりました。

最も長く猛打賞を続けたのはジョンストン選手とブレット選手の6試合。私の手元にはデータがありませんが1895年にはサム・トンプソン選手も6試合連続猛打賞を記録したそうです。

先日イチロー選手に通算安打を抜かれたロッド・カルー選手も5試合連続を記録しているのが分かります。流石パナマの安打製造機。

打高投低の1930年代に達成者が多いのは分かりますが、なぜか1970年代から3人がランクインしている一方で1940,50,60,80,90,00年代は5試合連続以上が一人もいませんでした。

ジミー・ジョンストン選手には更に凄い事実が隠されています。 6試合連続猛打賞を記録したのと同時に6試合連続4出塁以上を記録しています。6月25日から順に5、5、4、4、5、4出塁しています。これは連続4出塁以上の最長記録(単独1位)になります。

スカーセラ選手はこのランクングの中で唯一の新人選手です。

アルトゥーべ選手は今まで2試合連続が最長で14回ありましたが、ここにきて一気に自己記録を5試合にまで伸ばしてきました。球宴開けの初戦にメジャータイ記録がかかります。

ちなみにイチロー選手の自己最長は3試合連続で4回記録しています。
あら~クリューバー投手の二桁奪三振は5試合連続で止まってしまいました。残念です。ちょっと今日は球数が多かったですね。5回で降板となりました。アルトゥーべ選手は5試合で止まらないといいですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ドジャース ワールドシリーズ制覇して初めて本物だよ 彼らは頂点に立てない!理由は簡単【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

UCLA卒主審を相手に地獄の戦いを強いられたロイヤルズ 3塁コーチ&走塁ミスで延長敗退!カーショーに勝つ明日になる!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ストリートが復帰後4登板でDL。現時点でトレードを採点してみる。【Halos In Another Sky】

ブロガープロフィール

profile-iconkasama

・三振、併殺打や被安打、与四球など負の要素には興味がありません。
・安打、本塁打や勝利、奪三振など華やかな要素の記事をお届け致します。
・チーム記録、プレーオフ記録には余り興味がありません。すみません。
・英語力が乏しいので選手名はカタカナ表記を好みます。
・19世紀など古い時代の記録は把握しておりません。キルロイは? アンソンは? というツッコミはご遠慮ください。
・データの専門家ではありません。趣味の一環です。間違えていたらすみません。その時は遠慮なくご指摘ください。
・リクエストがございましたらコメントにてお寄せください。分かる範囲でお答えいたします。
  • 昨日のページビュー:41
  • 累計のページビュー:1394904

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マー君、野茂に一歩及ばず
  2. イチローがディマジオに並ぶ28回目
  3. 田中将大13人目の快挙なるか?
  4. イチロー区切りの4500安打
  5. イチローより凄い42歳たち
  6. 岩隈投手現在歴代7位の位置
  7. マー君35人目の20勝なるか
  8. イチロー 40歳でのマルチ安打試合数は何位?
  9. ダルビッシュ56試合連続継続中
  10. イチローと他の29人

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
2016
09
08
07
06
05
04
2015
08
06
05
04
2014
10
09
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss