私的スポーツエトセトラ37~格闘技、バスケット、サッカー・・・~

東洋の誇り マニー・パッキャオ~アジア未到の四階級制覇へ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

まぎれもない、アジアの至宝・・・ メキシカンキラー マニー・パッキャオ

現WBC世界スーパーフェザー級王者であり、メキシカンキラーのゆえんこそ、
マニー・パッキャオの全てといっても、過言ではない。

メキシコの英雄 マルコ・アントニオ・バレラを2度破り、恐怖の男 エリック・モラレスに
2勝1敗と勝ち越し、メキシコ最後の砦 ファン・マヌエル・マルケスに、1勝1分けと
強豪メキシカンを打ち破ってきたことで、一躍、ボクシング界にその名を轟かせた。

全戦績は、51戦47勝(35KO)3敗という、素晴らしい戦績を残している。

アグレッシブかつ、豪快なファイトスタイルは、ボクシングの本場 アメリカでも、高い人気、評価を得ている。
(パウンド・フォー・パウンドランキングでは、2位につけている。)

パックマンの出現により、アジア人ボクサーの評価や注目を高めることとなり、今後、
アメリカンドリームを掴むチャンスが、アジアにも広がることと考えられる。
このことにより、さらに、ボクシング界が活性化されると思う。

一方、迎え撃つ(?)WBC世界ライト級王者 デビット・ディアス

挑戦者にばかりに、注目が集まっているが、パッキャオを一度破った男 エリック・モラレスを破ったことのある、実力者である。

34戦32勝(17KO)1敗という、こちらも素晴らしい戦績を残している。
しかし、モラレスを破ったといえども、ビックネームとの対戦経験がないに等しい。
まだ、未知数なところが多々あるチャンピオンといえる。

もちろん、パッキャオを破ることがあれば、世界中に名が知れ渡ることとなり、みずからが、ビックネームとなりうる。(ビックマネーも転がり込んでくる。)
正直、今の、パッキャオの勢いを止めるのは非常に困難に思える。
ディアスに、勝機があるとしたら、「パワー」の差だと思う。

ライト級を主戦場としてきた者と下の階級から上げてきた者(パッキャオは、元々フライ級からスタート)とでは、やはり、体格面からくる、「パワー」の違いが考えられる。

デビット・ディアスがアメリカンドリームを掴めるか? それとも、パッキャオが、体格差をものともせず、アジア人初の4階級制覇という偉業を達成するのか?

要注目である。

東洋の誇り マニー・パッキャオ

修羅場という、修羅場を潜り抜け
成功を掴みながらも、棘の道を行く男・・・

アジア未到の四階級制覇へ
ぜひ、果たしてもらいたい。

フィリピンの英雄からアジアいや、世界の英雄
そして、伝説へ・・・



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconkarisumalife37

スポーツのほとんど大好きです!!
特に格闘技が好きです。

好きな言葉
誰が言ったか?ですが、

「これからの自分に必要だから、今の問題がある。」

ヘンテコのところも、多々あると思いますが、よろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:71618

(11月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NBA 無冠の帝王と呼ばれた男たち・・・~頂点に立てなかったスーパースター~
  2. 桜庭和志VSヒクソン・グレイシー~愛は、幻想を超えて・・・~
  3. 北の誇り 甲子園で歴史的快挙を成し遂げた、駒苫野球部員の現在・・・
  4. 月狼 佐藤ルミナ~修斗のカリスマに、陽は昇るのか?~
  5. 日本サッカー界~カリスマの系譜~
  6. 大和魂再び・・・ 今の戦極に足りないものを持った男 エンセン井上
  7. 日本バスケットボール界最高峰 JBL 昨シーズンを振り返る。~日本バスケットボール界、さらなる高みへ・・・~
  8. 東洋の誇り マニー・パッキャオ~アジア未到の四階級制覇へ~
  9. DREAMライト級GP~夢と誇りと英雄と・・・~ (前編)
  10. DREAMライト級GP~夢と誇りと英雄と・・・~ (答え合わせ)

月別アーカイブ

2009
01
2008
12
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss