私的スポーツエトセトラ37~格闘技、バスケット、サッカー・・・~

北の誇り 甲子園で歴史的快挙を成し遂げた、駒苫野球部員の現在・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

駒沢大学付属苫小牧高等学校

第86回夏の甲子園で、北海道に初めて深紅の大優勝旗をもたらし、第87回大会で、
大会史上6校目、57年ぶりの夏二連覇を果たし、そして、史上2校目、三連覇を目指した、第88回大会では、3大会連続決勝に進み、球史に残る激闘・・・37年ぶりの引き分け再試合、敗れ三連覇を逃し、
準優勝になるも、人々に感動を与えた。 北の誇り 駒大苫小牧野球部員のその後を
書いていこうと思う。

まずは、初優勝時主将を務めた、佐々木孝介
駒大苫小牧高校を卒業し、駒沢大学に進学

もちろん、野球部に入部し、大学野球デビュー戦でいきなり4打数3安打2打点と猛打賞、鮮烈なデビューを果たすも、二年生の秋までの成績としては、24試合出場し、
50打数8安打5打点0本塁打、打率160と苦しみ、三年生からは、学生コーチとして、
選手からコーチへ・・・選手をサポートする側となり、現在大学4年生。
テレビで見た(インタビューなど)印象だけですが、とても向いているように思います。


大会連覇時の、主将 林裕也

駒沢大学に進学し、1年生時13試合に出場し、打率277、二年生は、秋季リーグでは、出場わずか5試合と苦しんだが、努力が花開き、三年となった今年、打率400をマークし、首位打者とベストナインに輝いた。
今後もこの勢いで、さらなる高みへ・・・


大会三連覇ならずも、準優勝した、第88回大会時キャプテンであり、4番であった  本間篤史

亜細亜大学に進学し、一年時春季リーグ7試合、秋季リーグ4試合に、出場 未だ、快音が聞かれない・・・
現在二年生、春の時点で出場なし。
先輩 林が苦しみながら、花開いたように、本間も花開いてほしい。
豪打再び・・・
ぜひ、この壁を乗り越えてほしい。


最後に、87回大会で優勝投手となり、本間と共に、88回大会決勝まで進み、ハンカチ王子こと、斎藤祐樹と歴史的投手戦・・・あと一歩で、涙を呑むもエースとしてチームを
引っ張った、マーくんこと、田中将大

楽天ゴールデンイーグルスに入団し、11勝を挙げ、パリーグ新人王に輝き、オールスターでも、先発を経験した。
二年目となった現在も、すでに6勝をあげ、チームの若きエースとして活躍している。

選手からコーチに転向した者、苦しみながらも、遂に花開いた者、なかなか花開かず苦しむ者、そして、光輝く者・・・

共に、夏の甲子園優勝という、栄光を味わい、人々に感動を与え、それぞれの道へ・・・

特に、北海道民である、僕にとって感動を与えてくれた、駒苫の選手は、思い入れがあり、ついつい気になって、チェックしてしまう。
今回紹介した、選手以外の選手も含め、これからの活躍を強く願ってます。

最後に、今年の春季全道高校野球 準々決勝で、駒大苫小牧高校は、北海高校に0-11 コールド負けを喫する。
圧倒的現実を前に、再び立ち上がれるのか・・・
過去の栄光にとらわれず、這い上がってもらいたい。

深紅の大優勝旗が再び、海を渡り北の大地へ・・・
そう、願っている。

















1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

北の誇り 甲子園で歴史的快挙を成し遂げた、駒苫野球部員の現在・・・

僕は、2004年の、岩田ー鈴木の左腕け継投

がわすれられない。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconkarisumalife37

スポーツのほとんど大好きです!!
特に格闘技が好きです。

好きな言葉
誰が言ったか?ですが、

「これからの自分に必要だから、今の問題がある。」

ヘンテコのところも、多々あると思いますが、よろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:69616

(02月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NBA 無冠の帝王と呼ばれた男たち・・・~頂点に立てなかったスーパースター~
  2. 桜庭和志VSヒクソン・グレイシー~愛は、幻想を超えて・・・~
  3. 北の誇り 甲子園で歴史的快挙を成し遂げた、駒苫野球部員の現在・・・
  4. 月狼 佐藤ルミナ~修斗のカリスマに、陽は昇るのか?~
  5. 日本サッカー界~カリスマの系譜~
  6. 大和魂再び・・・ 今の戦極に足りないものを持った男 エンセン井上
  7. 東洋の誇り マニー・パッキャオ~アジア未到の四階級制覇へ~
  8. 日本バスケットボール界最高峰 JBL 昨シーズンを振り返る。~日本バスケットボール界、さらなる高みへ・・・~
  9. DREAMライト級GP~夢と誇りと英雄と・・・~ (前編)
  10. DREAMライト級GP~夢と誇りと英雄と・・・~ (答え合わせ)

月別アーカイブ

2009
01
2008
12
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss