私的スポーツエトセトラ37~格闘技、バスケット、サッカー・・・~

DREAMライト級GP~夢と誇りと英雄と・・・~ (前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

DREAMライト級GP

戦極ライト級エース 五味隆典、UFCライト級王者 BJ・ペン、ストライクフォースでギルバート・メレンデスを破り、新王者となり影から真の実力者へ ジョシュ・トムソン、敗れたとはいえ実力は周知の通りギルバート・メレンデス(個人的ですが)がそこにはいなかった・・・(ペンは、UFCの契約上難しいとはわかっているが。)

どこか、寂しげなまま始まった。

正直、このGPの覇者が世界最強か?
疑問符がつくのは、確か。

それは、今も変わらない。
しかし、蓋を開けてみれば、激闘、名勝負が次々と生まれた。

エディ・アルバレスVSアンドレ・ジダ、エディ・アルバレスVSヨアキム・ハンセン、青木真也VSJZ・カルバン、宇野薫VS石田光洋・・・

数々の死闘

その中から、生き残った4名

彼らは、一度は王者となるも、紆余曲折を経て、夢求め、この舞台に巡り合った猛者

青木真也、宇野薫、川尻達也、エディ・アルバレス

夢舞台に立ち各々が実力を、地力を知らしめてきた。


エディ・アルバレス

・コアのファンの間では、実力者としてその名を轟かせていたが、日本のメジャープロモーションには、一度も参戦しておらず、一部の知る人ぞ知る存在であった。

アンドレ・ジダ戦やヨアキム・ハンセン戦・・・

どちらも、壮絶極まりない
まさに、「死闘」と呼ぶに相応しき激闘を制し、ダークホース的存在から一気に優勝候補へ・・・

爆発力

アグレッシブかつ気持ち、心の強さを前面に押し出したファイトスタイル
この強力な武器を引っさげ、川尻を撃破し、頂点掴むか? 夢掴むか?


川尻達也

・ブラック・マンバ、ルイス・ブスカペどちらも苦しみながら、競り勝ち、ここまできた。
どこか、物足りなさを感じさせる試合内容・・・

いうなれば、マンバ戦前の「やれんのか」での、ルイス・アゼレード戦も久々の復帰戦とはいえ、「らしさ」を感じられなかった。

ふりかえれば、五味隆典との歴史的名勝負、ギルバート・メレンデスとの記憶に残る壮絶な試合

どちらも、大きなインパクトを残すも試合には敗れている。
逆に、勝ってもさほど、印象に残る試合が少ない気がする。

敗れてもなお・・・

今までは、これでも良かったかもしれない。
しかし、生存競争厳しくなってきているのは、間違いない。

その中で、生き残る術

それは、「勝つこと」が大きく占めるのは間違いない。
それと、ファンの心に強く残るような試合内容も必要とされてくると思う。

GP前、川尻を優勝候補に挙げる声も少なくはなかった。

始まってみれば、無名だったアルバレスが試合で魅せ、強豪打ち破って一躍スターダムへ・・・

川尻は、泥臭い試合内容をつづけ、評価を下げた。

「裏切られた」
と言われてもしょうがない。
勝手に期待し、勝手に失望・・・

「裏切られた」
という、いわばマイナスから一気にプラスにする方法は一つ

アルバレスを破ること。
誰もが納得いく方法で。
KOでも一本でなくても良い。
徹底的に、「らしさ」をみせつけること、「クラッシャー」たるゆえんを見せ付けることであると思う。

川尻にまた、陽は昇るのか?



青木真也

・「僕の中の”誇り”をかけて、”英雄”を叩きのめしたい。」
この男が放った強烈な一言

PRIDE VS HERO’S
を強く意識したこの言葉

「大連立」に期待したもの・・・
この言葉が全てだと思う。
(HERO’Sファンにとっては逆?)

青木は、とにかく「波乱」の連続だった。

「やれんのか」で、カルバン負傷により、試合が流れ、チョン・ブギョンと対戦。
苦しみながら勝利、メインイベンターという重圧をなんとか撥ね退けた・・・

それから

DREAM参戦

カルバンと再戦(?)へ・・・

しかし、運命のいたずらか?
カルバンの後頭部ヒジ打ちにより、ノーコンテスト
勝敗が決することがなかった。

再々戦

HERO’Sで絶対的強さを誇った男 JZ・カルバンを遂に下す。

絶対王者を下した勢い止まらず、HERO’Sが誇る難攻不落(?)の曲者 永田克彦に
圧勝し、4強へ・・・

数々の困難、苦難を乗り越え、DREAM.ライト級エースと呼ぶに相応しき存在へ

GP制覇により、一気にその名を世間に轟かせてもらいたい。



宇野薫

・シードにより、いきなりベスト8からスタート
顰蹙(ひんしゅく)をかう・・・
その中でも、この件で一番批判した男 石田光洋とベスト4の座をかけ対戦

五味に敗れたといえ、メレンデスやアウレリオなど実力者を破ってきた 石田

石田の「誇り」を賭け、実質、HERO’Sのエース(KIDは、HERO’Sの顔、象徴ということで)宇野薫に噛み付くも、石田に圧倒的現実をみせつけた。

文句なしの一本勝ち

周囲の雑音を一気に黙らせた。

HERO’Sを背負い、夢舞台へ

PRIDE VS HERO’S

ドラマチックな・・・

醍醐味をあじわい尽くしたい。
決戦まで、時刻々と・・・

(つづく)







































後編は、
試合予想をメインに書いていきたいと思います。
超消極的予想であることを、御了承ください。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
総合格闘技
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconkarisumalife37

スポーツのほとんど大好きです!!
特に格闘技が好きです。

好きな言葉
誰が言ったか?ですが、

「これからの自分に必要だから、今の問題がある。」

ヘンテコのところも、多々あると思いますが、よろしくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:69726

(02月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. NBA 無冠の帝王と呼ばれた男たち・・・~頂点に立てなかったスーパースター~
  2. 桜庭和志VSヒクソン・グレイシー~愛は、幻想を超えて・・・~
  3. 北の誇り 甲子園で歴史的快挙を成し遂げた、駒苫野球部員の現在・・・
  4. 月狼 佐藤ルミナ~修斗のカリスマに、陽は昇るのか?~
  5. 日本サッカー界~カリスマの系譜~
  6. 大和魂再び・・・ 今の戦極に足りないものを持った男 エンセン井上
  7. 東洋の誇り マニー・パッキャオ~アジア未到の四階級制覇へ~
  8. 日本バスケットボール界最高峰 JBL 昨シーズンを振り返る。~日本バスケットボール界、さらなる高みへ・・・~
  9. DREAMライト級GP~夢と誇りと英雄と・・・~ (前編)
  10. DREAMライト級GP~夢と誇りと英雄と・・・~ (答え合わせ)

月別アーカイブ

2009
01
2008
12
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss