樫井ゲンノスケのマジックスポーツ!

ポスティングに想う

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩隈選手のメジャー行きが危うい?状況らしい。

皆さんの様々な記事や意見を聞いて、ポスティングについていろいろと感じる部分が出てきたので個人的な意見というか、感じた事を書きたいと思う。

誰の為のポスティングなのか。出す側、受け入れる側、選手それぞれが利益を共有できる素晴らしいシステムだと思うが・・・。

スポーツ選手にとって、上の世界があればそこで自分を試してみたいと思うのは普通だ。その向上心の強さが、さかのぼれば少年時代からあり、他人より前を向いてこれたからこそ今の一流姿があると思うので、一流選手であれば至極当然だろう。

そして脂の乗りまくった時期にチャレンジしたい。当然だと思う。FAまで待てない。待っても良いがアスリートの気持ちとしては自信のある今行きたい。待てないのが普通だ。

この制度によりFAを待たずしても、メジャーへの挑戦が可能になった。しかし球団にとってはスター選手がいなくなる運営リスクがある。それをお金で何とかしようって事だ。球団にしてみればスター流出はチーム力だけでなく色々な面で痛いと思うが、その資金で新しいスターを呼ぶ、或いは輩出できる可能性もある。

しかしイチローの様な選手はもうしばらく出てこない。イチローはイチローでしかない。誰も当たり前だがイチローにはなれない。オリックスがそこで得た金銭。その時点では良かったかもしれないが、あれほどの選手を失った代償はお金の価値で代えられるものではないと私的には思う。

もっともイチローのその価値高騰もメジャーでの活躍によるものだとすれば、そのまま日本にいてそれを感じられたかどうか解らない。しかしもしそのまま日本にいれば、国内のHR、打点以外の様々な記録を塗り替えていたと思う。夢の4割ももしかしたら達成していたかもしれない。現在メジャーでも今もしその可能性があるとしたら記者の間では彼しかいないと言われている中で。

子供達がイチローが打席に立つ度「イチロー」と声をあわせて応援するあの球場での響き声。中々忘れる事が出来ないが、国内にいても当然スーパースターであり続け、かつ年々その存在価値が高まり、その存在感は他を圧倒していたと思う。もし仮にそのままオリックスにいたとするならば、イチローがいるだけでも金銭的な面だけでなく、日本プロ野球の宝を持つ球団価値としての高さは想像を絶するものだったと思う。もっとも年俸高騰にてFAで移籍した可能性大だと思うが(苦笑)

巨人の歴史の根っこが太いのは、歴史だけでなく長嶋や王がいたからだと思う。

もしその黄金時代、FAやポスティングが存在し、仮に巨人がポスティングで長嶋をメジャーに行かせて(本人はチャンレンジしたい気持ちがあったらしい、当然だと思う)巨額の資金を得たとしても、それは一時的なもので今の巨人の歴史とあわせて日本プロ野球黄金期があったかどうか・・・

もっともその代わりに他の選手、例えば晩年であれば富田が活躍していたかもしれないが(苦笑)、長嶋の存在を超える選手は皆無だろう。

王さんしかり確かにもしメジャーに行っていればどこまでHRを打てていたのか・・・プロ野球ファンからすれば夢の様な話だし私も子供の頃、そんな夢を描いた時期もあった。今それが現実に可能になったのは、良い時代かもしれないが・・・・

・・・・が最後付いてしまうのは何故だろうか。私だけだろうか。

日本を代表する選手がメジャーで活躍するのは嬉しい。選手自信もそうだろう。ポスティングで球団が潤うのも良いだろう。一時的に。

しかし日本のプロ野球を、選手にとってももっと魅力ある場所にする事がまずありきだと思う。もちろん魅力がないから外に出るわけではないと思う。しかし私的には現状で良いとは思えない。結局は金銭的な事になるのかもしれないし、それが現実だと思うが日本で頑張る事の価値の高さを日本プロ野球に置いてももっと高めて行く努力をすべきではないかと私的には思っている。

もちろんメジャーに行ける選手は限られている。ダルビッシュしかり彼も近いうちに行く可能性があると思うし、それはそれで海外での活躍を観たい気持ちもある。しかし、日本シリーズでかつて巨人と対戦した時の様にその雄姿を国内で見れなくなる寂しさも同居している。いや私はむしろその寂しさが大きい。球場に行き、ナマダルを(お酒みたいで申し訳ない(汗))もっと観たい。ナマダルVS〇〇を可能な限り観たい。

その価値はお金では買えない。と私的には思う。

選手の活躍できる期間は長い人生から考えてごくわずか。そのわずかな時間に自分の全てを出し切れる場所を求めるのはアスリートである限り当然。しかしその場所が何でもかんでもメジャーではなく国内でも充分あると感じさせる努力が必要だと思う。メジャーとは歴史も規模も選手層の厚さも、全てが違うので仕方ないにせよ・・・出来る限り努力すべきだ。財産を簡単(でもないが)手放してはならないと思う。メジャー養成所ではないのだから。

とはいえ・・・選手にとっては良い時代だと思う。夢を適える事の出来る時代だ。確かにメジャーは魅力的だ。画面を通してみても思う。そもそも日本は放送から負けている。わけのわからない芸能人を呼んだりとか、毎度変わらぬ画面の映し出し方。球団には関係ないが重みが一欠けらも感じられない。

球場にしても向こうは天然芝メインに変更しているにもかかわらず日本は利益優先でいつまでたっても人工芝&ドームが存在=雨で流れない=お金が計算出来る=まあ選手生命は多少目を瞑る。なのか。。

もっとも例えば東京ドームは、東京のあのど真ん中で野球だけの球場は無理かもしれない。コンサートや様々なイベントを同時に行なう球場でなければ運営できないのだろう。身体に優しい芝に変更したにせよ・・・ドームに行く度に野球観戦は星空の下、ビール片手に観戦するのが良いと思うのは私だけだろうか。正直言って我が西武のドームは意味不明な屋根だと思う。私だけかもしれないが。雨にぬれないのは助かるが・・・

話はそれたが、メジャーは野球に対しての基本的な根っこの部分が日本とは若干でも違う様なきがする。そういった部分も魅力の一つなのかもしれないし、逆にそういった部分は日本でも充分変化させられる事だと思う。

とにかく岩隈選手の年俸云々でどうこう言われていて、ポスティング資金をあてにしていた球団が汗かいてるとか言われているが、私的には岩隈選手が可哀相でならない。夢はお金で買う事が出来ないといいつつそこにある問題は結局は金銭的な事であるとするならば。まあそれが世の中の当たり前の事かもしれないが、最後は自分の気持ち次第だと思う。確かに年俸の提示には私も疑問に思ったが、悔いのない形で最後、両球団ではなく、岩隈選手自身が終われる事を祈りたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
選手
日本
岩隈選手
メジャー
野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ポスティングに想う

野茂は日本で4年連続最多勝でしたが、2年目と4年目はそれほど良くありませんでした。防御率も3点台でしたし。

ポスティングに想う

私は、川尻がメジャーリーグで投げる姿を見たかったです。
今の投手なら、石川や和田や杉内や渡辺(俊)や武田(久)がメジャーリーグで投げる姿を見たいです。

ポスティングに想う

karimanさん

今の松坂に当初のワクワク感を感じないのは松坂の限界が見えちゃったからじゃないですか?
日本のエースだった松坂も今や先発4、5番手の投手で体たらくが続いてます。これじゃあワクワクなんてできないし、逆にがっかりですよ。

でもありえないですが、松坂が毎年タイトルを争ったりサイヤング賞の候補にあがるような活躍をしていたらワクワクしたり日本人として誇らしくないですか?

まして実際にタイトルを取ったり、サイヤング賞を受賞したりなんてことがあれば日本でタイトルを取ったり沢村賞に選ばれたときの何倍も凄いことだし、ワクワクすることだと思うのですが?

残念なのは松坂にとっては凄い投手でいられるのはNPBであり、MLBはサイズがデカ過ぎたことです。

当然、ダルもMLBでは並の投手になってしまうかも知れません。というよりその可能性のほうが高いでしょう。
でももしかしたら、ダルなら向こうでも一流投手として君臨できるかも知れないという淡い期待もあります。

ちなみに自分は中嶋とか西岡クラスのMLB行きは興味ないですし、行かないほうがマシだと考えています。

ことば悪いですが、松井稼頭央や福留、岩村といった彼らより格上の選手ですら通用しないのが現実だから、万が一奇跡的に通用しても、地味にどうにか生き残ってるな程度が関の山でしょうから、それだったら日本で一流選手として過ごすほうがいいと思います。

野茂は4年連続最多勝、イチローは7年連続首位打者、これぐらい突出した選手でないと向こうでも一流選手として輝くのは不可能です。

今のNPBにこれ程、突出した選手はいませんが、ダルが比較的近く、だからこそ彼にはMLBに挑戦してみて欲しいんですよね。

ポスティングに想う


う~ん、やっぱり“鉄は熱いうちに打て!”と言うことなんでしょう。
やはり純粋な子供の頃に熱い感動を受けた対象によっては、捕らえ方は大きく異なるでしょう。私も小さい頃、長島と村山の対決、そして王と江夏の対決に心を躍らせた世代ですので(笑)
その時代に…もしFAやポスティングの制度があったとしたら、今の若い世代の方と同じようにまた違う感性も芽生えたのではないかと思います。

そして、それから十数年後には制度上は仕方なくNPBを引退して野茂がメジャーに渡りました…そして野茂は大活躍をして、今日の日本人選手の夢を叶えるきっかけを作りました。
昨今のMLBファンの方々には、この経緯と感動の時代に育ってない方々も多くなりましたので、その気持ちが分からないのは仕方がないことでしょう。

あの野球界の開国とも言える感動は今の感動と比べても決して劣る事なく…むしろ今よりも遥かに凄さまじい感動であったように思えます。
そして、管理人さんと同じく、プロ野球が長年に渡る希望を現実として叶える時代が大切であったことも、大切にゆっくりと語って行きたいですね。

こんな記事も読みたい

地味ながら良い動き【116 Wins】

どん底から這い上がってきたアメリカン・リーグMVP~ジョシュ・ハミルトン・ストーリー~【~(自称)タイガーマスクの全米巡回ドサ廻り紀行~】

V-MartがDETとサイン【ヤンキース~“帝国”復活への道~】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:2380597

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 高校生のサイドスロー
  4. 三塚優子の棄権について
  5. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない
  10. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss