樫井太郎のマジックスポーツ!

ナカジの期待値はBBぐらいか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナカジは私は勝負強いと思う。確かにCSの第一戦はひどかったが(苦笑)二戦目は若干でもリベンジした。そこが普通と違うところだと思う。

思うが冷静になってみれば、一見何の特徴もない選手だ。スター性はあると感じるが、単純に打撃レベルだけで考えればナカジはメジャーで活躍出来そうもない。が・・・みなさんの言うように正しい意見かもしれない。しかし・・・


人間の資質はある程度産まれた瞬間から決まっている。どんなに実力があってもここ一番のプレッシャーに勝てない選手。これは野球だけではない。何のスポーツに置いてもそうだ。当時阪神のブルペンエース福家なんかほんと良い例だが、逆にプレッシャーがかかればかかるほど強くなる選手もいる。まさしくそれがナカジだ。顔を見ればわかる。ここ一番で目が泳いでいる選手とそうでない選手の違い。

彼は今までメジャーに行った中ではトップクラスの心臓を持っている。毛が生えまくっている。上原もヒサノリもそうだが、さらにボウボウだ。そのギャランドウの多さに実は向こうで成功するか否かがカギを握る事になっているのではないかと私は思っている。その部分に期待したい。

ただ伊良部みたく図太いだけでもだめだ。ようは冷静の中に潜む鬼魂の叫びを持っているか否か。そこに予想と結果のギャップが生まれている。そんな気がする。



考えてみた。あくまで独断と偏見だが・・・


予想指数を仮にAとしてその結果をBとかAとかCとしよう。

ムーディーズの各付じゃないが若干細かく+とか-とかつけてみよう。いや解り難いのでダブルAとかシングルBとかが良いのか?

たとえば松坂のメジャー移籍当時活躍予想指数は契約内容から言ってAAAがナンバーワンならAAぐらいの期待値だった思う。結果現在はBBBぐらいだろうか。井川に至っては当初シングルAがBの下、ダブルCかもしれない。

もっと言うならイチローは当初打率2割8分前後とみられていた。少なくともピネラ監督の印象はそうだった。思い出してほしいがまさかあの様な活躍をするとはだれしもが思わなかった。メジャーはそう甘くないぞと。

ようはスタートは期待値BBB。しかし結果はAAA(トリプルA)だった。

ゴジラはAAぐらいか?結果Aだろうか。数字だけで言えばBBBだろうか・・・。しかし昨年ワールドシリーズでのMVPはAAとしたいところだ。

松井稼はA予想。それこそメジャーにもっとも近い内野手と言われた選手だったが実際はBBか。そして最後はCか。

岩村は当初BBだと思うが、結果はギリギリAまで上り詰めたと思う。しかしあの怪我が悔しい。最終的にはBだろうか。

城島は期待値はAあったと思う。いかんせん日本で当時ナンバーワン捕手。しかし結果はBBBかBBだろう。いやもっと下かもしれない。

ヒサノリや上原の当初予想はBBぐらい。川上の方が期待値は上だったと思うが結果は数字だけでいえば逆。

もっと意外だったのは岡島。五十嵐はそのままだろう、もうしわけないが予想通りの結果だ。斎藤は予想以上で、本当にそのまま活躍したのは案外忘れられかけているが佐々木だと思う。

黒田もほぼ期待通りだろう。一番ひどかったのは伊良部か?

福留は期待値からすれば結果的には依然として下回っていると思う。むしろ新庄が4番まで打った事を考えればよく頑張った方だろう。期待値は当時Cレベルを考えれば。

確かに行く前からある程度の予想はつく。私も正直言うとナカジがメジャーでガンガン打つ姿は想像できない。鬼チャンス時は別として。まあむしろ最初期待されてないぐらいの方がいいかもしれない。

福留や松井は期待値が高すぎたと思う。正直メジャーでレギュラーでいられる事の凄さを私は解っていなかった。イチローが凄すぎなだけで、もっと言えばベンチに入っているだけでも凄い事なのだ。田口なんかはよく頑張ったと思う。

しかるにナカジがメジャーでベンチ入りしていれば十分成功だと思う。レギュラーなんてのはおこがましいだろう。ポスティングで行くのではなく、なんなら自ら勉強しに行ってもいいぐらいだ。しかも無報酬で(苦笑)。

期待値が最初低いのは悪い事じゃない。最初は控えからかもしれないが十分だろう。というか本当に入札する球団が出てくるのだろうか?(苦笑)

なんだか勝手な気苦労している様な気がしてきた。。。(苦笑)


というか選手を単純に期待値からその結果で評価するのは、やはり良くない事に気がついた。結果はどうあれ彼らはチャレンジャー。日本野球の素晴らしさを少しでも伝えてくれた、或いは伝えている戦士だ。桑田も江夏も何故最後晩年、メジャーに挑戦したのだろうか?そこには人間の持つ「最後まで絶対あきらめない夢への挑戦」といった根っこの部分があるからに違いない。

岩隈にもダルにも過度な期待をせず、黙ってその生き様を見守って行きたいと思う。もっとも本当に行くのだろうか?まだ正直言ってピンとこないが・・・・。

まあ個人的には岩隈、ダルもそうだが、それ以上に杉内と和田がメジャーでどこまでやれるか見てみたい。成瀬もそう。だがメジャー向きなのは杉内だろう。とにかく日本の誇る最強サウスポーそろい踏みを見てみたい気がする。

相当話が飛んで自分でも何言っているか解らないが、禁煙中でめまいがしているためお許しを・・・・(苦笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
期待値
メジャー
予想
A
選手

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

久保のケガは三味線か【虎は泪か溜息か…】

俺ならこうする!2戦目秋山~CSまで後2日~【キャッチャー目線で勝手に野球解説】

CSF.1 カチドキレッド初黒星、嫌なデジャビュー。。【「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ】

2010ドラフト展望【どーも、ライオンズファンです】

改善すべきこと〜来季のコーチ陣について〜【どーも、ライオンズファンです】

監督続投に一安心【どーも、ライオンズファンです】

2010シーズンを振り返って〜投手編〜【ライオンズファンのブログ】

2010のドラフトのこと(12)~西武編(1)~ 【暗黒の星~最下位脱出を狙うぞ~】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:2374164

(09月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 三塚優子の棄権について
  4. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  5. 高校生のサイドスロー
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。
  10. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss