樫井ゲンノスケのマジックスポーツ!

上原の快投に思う。新しい場所で彼は今光輝く、最高の居場所を見つけたかの様に

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も上原が見事最後を締めくくった。

しかも相手はヤンキースでしかもこの時期、負けられない状況下でのしかも一点差でしかも最下位には負けられんだろ的な言わば、死に物狂いチーム&実力最強を相手に、何事もなかったかの様にあっさりと三者凡退に切って取った。

スピードはぜいぜい140から145キロ。しかし毎度ながら相手バッターのバットが何故か空を切る。恐らくフォークへの意識もあろう。そしてメジャーでは中々見られないコンパクトな腕と手首の使い方で、やや遅れ気味にボールが出てくる為、短いイニングではタイミングがまったく合わないのだろう。

150キロのスピードでも打ちやすいタイプと140キロでも打ち難いタイプとあるが、上原は後者。前者でわかり易いのはかつて剛球で一時ストッパーまでまかされた巨人の西山だ。もっとも彼の場合精神的なもろさもあったが、よく言われる腕の出所が見やすいタイプだった。

その上原の投球フォームで全盛期は常時145キロ前後出ていた事を考えれば&フォークがあれば当時打てなかったのは良く解る。スピードはもとよりキレが半端ではなかった。もちろんコントロールも素晴らしかった。絶妙な外角へのコントロールは今でも健在だ。

今の上原を見ていると短いイニングだからかもしれないが、巨人で苦しんでいた時よりはるかにキレがある。今日のピッチングを見てもかつてメジャーとの交流戦でボンズ相手にフォークで見事三振に切って取ったシーンを思い出した。

当時ボンズはメジャーでも通用すると言った。周りは社交辞令もあるだろうと言っていた記憶があるが、今の上原で短いイニングとは言え通用する事を考えれば、私的には当時行っていれば先発としても十分活躍できたと信じたい。

全盛期を過ぎ、メジャーへ。しかし行った先は弱小球団。いったい何を求めて・・と私的に当初思った。

栄光の巨人で骨を埋めれば、それなりの名誉を得ながらの引退もあったと思う。しかし彼が選んだ道はあくまでチャレンジだった。もっともこれまでもその雑草根性を胸に、並み居るエリート達と戦ってきた。彼の根っこに潜む闘争心はサッカーで言うところの大久保かもしれない。大久保より上手い選手は数多くいるが、戦場ともいえるワールドカップの舞台で刺し違えるほどの闘争心で戦える選手はそうはいない。

彼は自分との戦いそして周りとの戦いで常に勝って来た。刺し違えるほどの覚悟を胸に。私的にはそう思う。

オリオールズも監督が変わり好調だ。もしかしたら来年飛躍するかもしれない。それも上原という絶対的ストッパーを得た事の自信で。

もっとも体力的な事と怪我が心配だが・・・

上原にとってはまた新しい場所を得られた喜びだろうか、かつての様に生き生きとした姿をまた観る事が出来て私は嬉しい。もちろんあの汗タラタラの緊張感あるシーンもだ(苦笑)

しかし恐らく彼の最終目標は先発ローテーだろう。今はその地ならしかもしれないが、周りは強心臓の上原をストッパーとして今は外せまい。

そろそろまたPCが飛びそうなので今日はこのへんで(安物は駄目だ。。苦笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
上原
相手
闘争心
タイプ
メジャー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

MLBサマーキャンプ【中国野球情報】

上原7S目に想う。来季は…【日々の想いを徒然に】

1973年・37歳【月曜の朝、汽車に乗って】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:2380876

(11月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 高校生のサイドスロー
  4. 三塚優子の棄権について
  5. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない
  10. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss