樫井太郎のマジックスポーツ!

巨人打線が投壊に追いつけない。阪神は打線が追い越し、中日はバランスで首位を伺う。ヤクルトも加わり果たしてその結末やいかに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

それにしても巨人の投壊は深刻だ。

そもそも事の発端はシーズン前から遡ると私は思っている。そう、要は山口の先発転向。この事から全てのバランスが崩れ今に至っている言っても過言ではないと勝手に思っている。

山口の先発転向に反対なわけでもない。しかしやると決めたら最後まで遣り通す気概がスタッフにないと本人自身が厳しい。リスクとリターンは等価だ。リターンだけを追い求めて結局中継ぎへ戻して···まあそれはそれで良いかもしれないが、長期的にはその事による「不安」が色々な部分で一瞬でも過ってしまい、その一瞬一秒でも過った瞬間から、何でもない小さな傷が現在の大きな傷になってしまった。そんな気がする。

もちろんヒサノリやかつての桑田の様に、或いは上原しかり、先発、おさえ、先発と色んなケースをせざる得ない時もあった。

しかし彼らに共通しているのは、想像を絶する強心臓だと言う事だ。

もちろん山口もあの緊張感の中で投げぬく心臓は半端じゃない。しかし元来人柄が良すぎる系なのだ。いやけして他の選手が人柄が悪いと言うわけではない。顔からして山口は突出して人柄が良いのだ。

やれと言われればなんでもやる、間違っても反論もしない。もっとも上原の言う雑草恨どころじゃない、まさしく彼は生粋の雑草の中の雑草。

彼からすれば先発転向に不安があったと思う。それを周りがやさしくやさしく傷つかない様にそして一瞬でも不安にさせない様に、そして仮にそれが上手くいかなかったとしても、少なくとも今シーズンは我慢すべきだったと。私は思う。間違っていたら申し訳ないし結果論なのかもしれないが、実力と言うのは精神的な内側から出てくるものだ。それを引き出してやるのがスタッフの仕事だ。同じく雑草系の斉藤コーチなら解っているはずだが…彼は大好きな選手だったし彼の全盛期こそが近年最強のピッチャーだったと私は思うがコーチとしての力には疑問符が湧く。

常勝を義務付けられた巨人では、色々難しいところもあると思うが、少なくとも結果として昨年より後ろが安定しなくなっている。越智もクルーンもピリッとしないが、今までよりプレッシャーを感じながら投げていた事の負担も多々あるかもしれない。

後ろが不安だから先発も不安とプレッシャーでつぶれる。まさに悪循環とはこの事だ。巨人はほっといても5点以上取る力があるから、多少打たれても良いぞ位の感覚で送り出せば良いと思うが···まあそうもいかないのだろうか。

とにかく現段階でも巨人の三位は信じられない。

消化試合数からすれば、阪神とも実質4ゲーム差近く開いていると言っても過言ではなかろう。

阪神と中日には巨人より勝ちパターンが見えている。その分やや有利かもしれないが、巨人もこのままズルズル行くとも思えないので最後まで激しい戦いが繰り広げられると思う。


その阪神だが相変わらず打線が鬼だ。
特にマートン、ブラゼル両助っ人が本当に素晴らしい働きをしている。

あくまでマスコミの言ってる事なので本当なのかどうか解らないが彼らは相当真面目らしい。いや確かに顔からして、発言からしてそれはよく解る。

今までの助っ人と言えば基本荒くれ系。しかもメジャー経験者にいたっては上から目線系のナメナメ系だった。

しかし最近比較的どの球団も自己中心的な選手ではなく、協調性ある真面目な選手を呼んできている気がする。

これも多くの失敗の学習効果かもしれない。私ももし助っ人スカウトマンになるとしたら、まず目に付いた選手の性格を徹底的に調査する。間違いなく。

どんなに実力があろうと環境の変化に対応できる能力がなければ、或いは最初から日本の野球を舐めている様であれば、お金をどぶに捨てる様なものだろう。仮にAロッドクラスが来るとしても性格的な面で駄目と判断すれば呼ばない。しかし興行的には儲かるので上は死んでも呼ぶだろうが(苦笑)

バースの様な例が典型だと思う。

彼の打撃力は本当に日本だけにしか通用しないレベルとは私は到底思えない。彼もフィルダーになれる力は十分持っていたと思う。

当時メジャーではいくら打撃が良くても走れない、守れないは駄目と聞いた。だからバースはメジャー駄目だとか聞いたが、今メジャーを観ている中でそんな事はないと感じている。少なくともDHのあるア·リーグであればお釣りが来るほど問題なかろう。

会社でも上司が変わる事で、或いは転勤先でその実力が変わるくらいだ。実際個々の持つ能力の差は同じプロである限り言われるほど差はない。ましてや日本の野球とは比較にならないほど層の厚いメジャーには、いつメジャーで爆発しても良い選手がゴロゴロ転がっていると思う。

そういった選手にチャンスをどこで、どういった環境の下与えるかで元来持っていた実欲を発揮する可能性があると思う。

日本で3割5分打てるなら、メジャーでは2割8分打てる可能性はある。しかしそれは可能性で、それも環境や扱われ方や色んな要因でそのまま発揮できるとも限らない。

環境の変化と言うのは大きい。

特にマリナーズなんか観ていると何故に移籍した選手が他で活躍するのかと思う(苦笑)

頼むからベルトレを返してくれと思うが、マリナーズに戻ると2割7分の選手になるのかもしれない(苦笑)。。本音は悔しくて仕方ないが。

本当の超一流は別かもしれない。どんな環境変化でもその実力を発揮する。それでも巨人のラミレスや小笠原を見ていると奇跡としか思えない。一流外様が活躍出来ない巨人にあって彼ら二人は歴代移籍選手の中でも突出して素晴らしいと思う。


とにかく助っ人の活躍はチームにとって大きい。ハズレを引いた時のショックも大きいが、当たった時チームに与える影響は計り知れない。

マニエルがいてのヤクルト、ブライアントの近鉄しかり、広島にしても全盛期ホプキンスとシエーンがいたから良かった。水谷の成長を待つことも出来た。

もっとも打席でこれでもかと動き回るデュプリーなんて助っ人もいたが、少なくともトマソンよりははるかにマシだった(苦笑)

横浜は、シピンとかポンセとかミャーンとか良い助っ人を呼んでいたが中々勝てなかったし、シピンに至っては巨人に移籍してヒゲを剃った瞬間からそのライオン丸といわれた野生が消えてしまった(苦笑)

ヤクルトは昔から良い選手を捕る。助っ人スカウト力が他球団が認めているくらい凄いと聞いているが、確かにその日本野球向助っ人スカウト力は素晴らしいと思う。たまに巨人に持って行かれるのは、いかんせん広岡氏の私の履歴書曰くのヤクルトオーナー「巨人には勝つな」だから仕方ないのかもしれないが(苦笑)

わが西武も負けてはいない。

カリブの怪人デストラーデも素晴らしかった。同じく怪人カブレラも移籍して活躍しているが持ってきた西武の素晴らしさを感じたいがゆえ活躍は嬉しい。

マルちゃんも巨人に移籍して、嬉しかった。もっとも巨人では活躍できなかったが性格的に当然だと思った。

クロマティはいかんせん王さんを尊敬していた事が大きい。
彼は頭部のデッドボールの翌日ホームランを打つという感動的なシーンを残した。これだけでも十分素晴らしいと思う。。そしてあの緩慢弱肩プレーで日本シリーズで西武にやられた印象も残っている(苦笑)

とにかくセリーグ3強+1の今後の動向は上位チーム同士の戦いより、下位2チームでいかに取りこぼしをしないかだと思う。

横浜を応援しているが、このまま上位チームの銀行と化さず、昔から良く言われる上位苛めを徹底して欲しい。広島もそうだ。

今頑張らない選手にチームには明日がない。

明日を迎えるためにもとにかく頑張って欲しいと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
選手
巨人
助っ人
チーム
メジャー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ワンプレーを大切に!【千葉ロッテを考察並びに応援する学生のブログ】

打線爆発【ライオンズファンのブログ】

負け数の差を縮めた。【竜投打備】

9/3 巨人 2-3 中日 → ナゴヤドーム7連敗・・・負け越しも決定(涙)【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

3位に転落したが・・・【巨人ファンの独り言】

ジャイアンツ 「鬼門」で見えた一筋の「光」【YGマークを追いかけて・・・】

目指せ!4連覇!!【神奈川のG党】

夢だけ見させていただきました【にせ巨人軍監督、試合後の言葉】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:2374164

(09月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 三塚優子の棄権について
  4. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  5. 高校生のサイドスロー
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。
  10. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss