樫井ゲンノスケのマジックスポーツ!

高橋尚クローザーにて勝利はもしかしてやはり適任なのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

不思議でならない事が以前からあった。

そのスタイルからどう考えても先発系高橋尚が巨人時代一時抑えに回っていた事。抑え不在の中緊急処置的雰囲気だったがむしろハマっていた。

桑田も一時そういった時期もあってスタイル的にもダブって感じたが、リリーフと言えば速いストレートがまず第一条件だと思っていた或いは津田や佐々木をイメージしてしまう自分には違和感を感じていた。

もっとも高津や岩瀬の様な素晴らしい選手もいるし潮崎、鹿取しかり必ずしも剛速球が必要なわけではない。それでも高橋尚は先発系にしか思えないがそれは自分の勝手な思い込みに近い誤りである事が最近解ったし、ある意味高橋尚は天才かつ強心臓な事が解った。

首脳陣が一番大切な後ろで緊急処置とは言え使うのは、理屈じゃない。

技はもちろん抑えに必要な鬼的強心臓を持っている事を感じているかと私的に思う。でなければ巨人時代からのそのリリーフには私的には説明がつかない。三振が取れる速球がない。天下の宝刀シンカーがあるにしてもだ。

と思いきや短いイニングでの高橋尚の速球とシンカーにはキレが確かに違う。特にストレートが素晴らしい。ストレートにキレがあるからシンカーも生きるのだろう。メジャーで先発で結果を出す事も大変だが斎藤しかり抑えで結果を出す事も大変だ。

巨人時代、その資質から便利屋的扱いで本人不服だったかもしれないがメジャーではそのマウンドに立つことに素晴らしい意味があるとするならば高橋尚のメジャー一年目は間違いなく成功だったと思う。そしてこれからメジャーに向かうピッチャーにも新しい可能性を感じさせてくれた。

ナイスだヒサノリ!と声を大にして言いたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
高橋尚
巨人時代
抑え
メジャー
ストレート

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

高橋尚クローザーにて勝利はもしかしてやはり適任なのか。

コメントありがとうございます。

いや本当にこんなにがんばるとは思ってもいませんでした。
ただあの所謂昔でいうスクリューは通用するかも?と思ってましたし日米野球では良いピッチングをしていたので(とはいえ日米野球は殆ど参考になりませんけど)もしかしたらと思ってましたが・・・いかんせんあのストレートのスピードは無理だろうと。

しかし中継ぎや抑えなら十分通用する事がわかりました。

もちろん先発に戻ってまた活躍して欲しいと思いますけど、一番大切な後ろを任されている今も素敵だと思ってます。

今日もコーナーを丁寧についたピッチングは圧巻でしたね。
最後打ち取ったボールは高くて一瞬ひやっとしましたけど、バッターが低めに集中していた事も要因かもしれません。

高橋尚クローザーにて勝利はもしかしてやはり適任なのか。

強心臓、確かにその通りですね。自分はシーズン前、まさか通用するとは思っていなかった部類の人間で高橋投手の日々の力投には驚かされるばかりです。特に三振率が9.を超えているのが素晴らしいです。

強心臓に支えられている正確な低めのコントロール。そして左のインステップ気味のフォーム。球速差の無いストレートとシンカー。見れば打たれない理由は分かりますね。
防御率こそ4点台ですが、マイナー、中継ぎ、先発と環境が激変してゆく中の1年目なら立派だと思います。年間統一して中継ぎで使われたら2点台前半で推移していたと思います。

こんな記事も読みたい

イチローにはイチローのグティにはグティのムーアにはムーアのそれぞれ目標を持って頑張ればいい。今はそれがチーム勝利への目的になるかどうかわからないが仕方ない。【樫井ゲンノスケのマジックスポーツ!】

快勝【ヤンキース~“帝国”復活への道~】

レイズ首位浮上【アメスポ!!】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:13
  • 累計のページビュー:2380866

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 高校生のサイドスロー
  4. 三塚優子の棄権について
  5. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない
  10. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss