樫井太郎のマジックスポーツ!

マリナーズ、またしてもピッチャー見殺し。それにしてもマリナーズにいた選手はよそで活躍し、よそで活躍していた選手がこっちで活躍できないのは何故か

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、イチローの個人的な件はさておき、今日のマリナーズの試合について述べたいと思う。

すでにコメントで頂いたが、まさしくその通り最悪の60敗でもあり、できれば次につながる60敗でもあって欲しい。そんな試合だった。

バスガス王子は精悍な顔つきに変わってきていた。恐らくチーム内の雰囲気はけして良くないのだろう。これだけ後半戦に入っても負け続ければ当然だ。バルガスの表情には時折見せる泪目系瞳がまったくと行って良いほどなかった。

気持ちがこもった投球だったと思う。

とにかく先制点を。の願いが通じたか、今回ロペス(ファールだったかも?)がよくぞ打ったが相変わらずの強引引っ張りをそろそろ辞めるべきかもしれないが結果として得点が入り、後はバルガスからアーズマまでしっかり繋げる。少ない点差で勝つ。このパターンを徹底するしかない。その流れを引き寄せられるか・・・だったが。

それにしてもバルガスの投球フォームをみる度に、早く杉内がメジャーに行かないかなぁ・・・と思う。腕の使い方が非常に似通っていて、かつストレートのキレは杉内の方が上に私的に感じる私は、松坂以上の成績を残せるのではないかと期待しているからだ。

しかし杉内はやや線が細いので、体力が過酷なメジャーで持つかどうか・・・・だろう。後はシンカー系のボールをもっと使う必要があるかもしれない。メジャーは腕の遅れてくるしなり系ピッチャーは基本的に苦手だと感じる。何故ならその殆どが身体能力系の野手的な上体の腕力投げ投手が多いからだ。

また本来、素直な腕の振り高橋尚系は通用しない可能性が高いフォームだが、いかんせん魔球とも言えるシンカーが武器な事が大きい。ボールの影響もあってかあの曲がり幅はしばらくメジャー選手も目が馴れてくるまで捕らえきれないだろう。しばらくは。

さて問題の5回の場面。単なるツーベースを三塁にランナーを進めてしまったエラー。

レフトの送球がそれた。それをバックアップしているどころか捕球にすら行かなかったフィギンズが、問題者?その回おさえたから良かったもののベンチではそのプレーに対して大喧嘩が始まった。

何という醜態。そもそも問題のきっかけを起こしたのはソーンダースではないのかと思う。いくらセカンドが間に合わないとはいえ、ゆるふんの気の抜けた送球でしかもあそこまで送球をそらす意味は何なのか。

もちろんフィギンスもすぐボールを追わなければならなかったと思うが、みな足が一瞬止まって何が起きているのか解らない状況だったように思う。

我々少年野球でも口酸っぱく言うのがこういったプレーで、ようはボールから目を離すなだ。結構外野からの送球の乱れは多々ある。もっとももっと必死で投げての事であの様なゆるふん投げでは少年野球でも珍しい。

ようは「頑張ろう」と思っていても、心のどこかにペナントを消化しているだけの緩んだ気持ちが心の奥深くに存在しているからだろうし、人間である限り今の状態では仕方ないのかもしれない。

それでもプロとしてはやっては行けないプレーだと思う。大きな怪我にならなかったとは言え、この様な状況下でも試合を観に来てくれているファンに対して申し訳ないと感じるほど、お互いが気の抜けたプレーだ。

かと言ってベンチでやりあうのも問題だ。日本では考えられないメジャーではある意味結構多々あるベンチ内での選手間ド突き合い。。。まあ良いのかもしれないが(苦笑)それで勝てばまだしも結局負けるとなれば情けない。

しかしコメントを頂いた方のおっしゃる通り、こうした事をきっかけに何かが変わってくれればそれはそれで後々良かった事になるかもしれないが・・・・。移籍間もないフィギンスにとってはいずれにせよマリナーズ元年。最悪の年になる事はほぼ間違いない。

もっとも今日もマリナーズから移籍したベルトレがタイムリー。

今年の成績は過去最高のペースだ。何故マリナーズ時代覚醒してくれなかったのだろうか(苦笑)

あの顔つきこそ今のマリナーズに必要な鬼顔ではないか。

最終回、イチローが敬遠されてバッターはベンチでもめた事で下がったフィギンスに交代してのジョシュ・ウィルソン。

何という顔の優しい好青年がこの場面で来てしまった。彼はまさしく人のよさげな山口系だ。申し訳ないがあの場面ではRソックスのユーキリスやオルティス系の怒らせたら何するかワカラン系の選手が欲しい場面だ。

構え方からして何故もっと大きく構えないのかと、つい言いたくなってしまったが(苦笑)あの小さい構えなのにヘッドが下から出ている。高めの球はファールしか出来ないヘッド軌道だ。低めは得意そうだが、得意なだけに最後低めの変化球に手が出て空振り三振でジエンド。

恐らく生粋の真面目で努力家なのだろう。やんちゃ系の多いプロの中で、ましてやメジャーでは珍しいタイプに感じる。後はここぞの場面でいかに精神力を鍛えるかだと思う。闘魂が必要だ。猪木がアドバイザーにならないだろうか(苦笑)


パペルボン。やはり素晴らしいリリーフエースだとあらためて思ったが・・・・そのパペルボン から終回途中まで良い場面をつくり期待感を膨らませてくれる様になっただけでもよしとせねばならないのか。

何となく寂しい現実がそこにはある。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
場面
メジャー
マリナーズ
プレー
ボール

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

マリナーズ、またしてもピッチャー見殺し。それにしてもマリナーズにいた選手はよそで活躍し、よそで活躍していた選手がこっちで活躍できないのは何故か

イチローはもうマリナーズにとってはお荷物になっていますね。よくいえば猫に小判、TEXにA-ROD的にな感じでしょうか。
イチローがいなくなっても戦力的にはそんなに変わらないと思います。
一番にはフィギンズが入ればいいだけですし、浮いたお金でRFの補強はできるでしょう。
イチローがいる限りマリナーズは優勝は難しいという意見には賛成です。
予算・打順・守備位置すべてにおいてチームは制約を受けてしまっています。
予算関係の仕事をしているせいか、マリナーズのチーム編成を考えるとちょっとイチローは邪魔くさいですね(笑)
ヤンキースなど予算豊富なチームにいってこそ輝ける存在だったと思います。
ただ強豪チームにいくとポジションはCFになるでしょうね。
マリナーズに残ったのは負担の軽いRFに専念できるからという説もありますが・・・

まあ、マリナーズの不振を全部イチローのせいにするわけではありませんが、イチローの年俸が1000万ドルを超えたあたりから低迷しているのは皮肉なものですね。

マリナーズ、またしてもピッチャー見殺し。それにしてもマリナーズにいた選手はよそで活躍し、よそで活躍していた選手がこっちで活躍できないのは何故か

そう、もしイチローがシアトル・マリナーズ以外でプレイするのであれば、その実力から計ると今の半額以下年俸7~8M$ぐらいが当たり前に妥当ですよ。
そのくらいならば、やっと手を上げる球団が1,2球団あるのではと思います。
え・サンの仰るとおりで、チームの混乱の火種でもあるイチローが今の年俸では、どんな金満球団も全く必要はない。
ただの1番バッターにそんな法外な契約をしたシアトル・マリナーズは、どうしてもガチガチで動きも取れずにチームは崩壊寸前ですから・・・ここまで来ると来年以降もどうにもならないと思う。

マリナーズ、またしてもピッチャー見殺し。それにしてもマリナーズにいた選手はよそで活躍し、よそで活躍していた選手がこっちで活躍できないのは何故か

例えばの希望の話をしているんでしょうけど
逆に今強いチームも1800万$のリードオフ補ったら中軸など他にお金をかけれずそれこそ第二のマリナーズで崩壊してしましますよ。
SEAが負担してまで出すなんて考えられませんし。
資金のあるNYYだってRFのスウィッシャーも好調、ただでさせベテラン選手が多いのに今季ガードナーと同レベルの成績の、割に合わない1800万$のベテラン外野手を捕って問題のリリーフがこのままいないなってると東部地区優勝も危うくなりますよ。

マリナーズ、またしてもピッチャー見殺し。それにしてもマリナーズにいた選手はよそで活躍し、よそで活躍していた選手がこっちで活躍できないのは何故か

イチローは自ら手を上げてマリナーズを出たほうが良いと思う!今年のチームの余りの酷さで、私は決定的にそう思うようなった。
これまでイチローは、ほんとに酷いチームで頑張ってきたのに球団、監督、選手ら周りがこの状況では何時までもマリナーズにいてダメです!
選手生活の晩年に差し掛かったイチローは、ヤンキース、ツインズ、エンゼルス、フィリーズ、ブレーブス、カージナルス、のような、毎年のように全員が優勝に一丸となっているチームに移るべきです!
まあホントに毎年毎年のように、まだ余り暑くもない時期からマリナーズの消化試合を見せられるのは、私は流石にもういい加減に簡便して頂きたい!

こんな記事も読みたい

次に海を渡る選手は①【USAスポーツ人生】

2010年野球の旅【豊浦彰太郎のMLBブログ Baseball Spoken Here!】

完勝!!【ヤンキース~“帝国”復活への道~】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:2374177

(10月03日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 三塚優子の棄権について
  4. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  5. 高校生のサイドスロー
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。
  10. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月03日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss