樫井ゲンノスケのマジックスポーツ!

福留、豪快な一発!これをきっかけに打撃浮上なるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

それにしても福留の久しぶりの一発は豪快と言う言葉そのものだったと思う。

もしどうしても1番がリードオフマンでなければならないとするならば、福留の場合1番打者を降りなければならないだろう。そんな風にさえ感じるあの一打。あれは間違いなくクリーンナップの打つHRだ。

ちなみにイチローは理想的なリードオフマンと言われるが、そのリードオフマンの定義を調べてみるとよく自分がわかっていない事が解った。

リードオフマン・・・すなわち出塁して、盗塁を決め、本塁に生還する事が最重要視される。すなわち日本的に言う「切り込み隊長」は日本に置いて理想的なトップバッターであり、外国人監督、すなわちメジャーに置いては必ずしも当てはまらない事が多々ある事が今頃わかった。

例えば一番打者は試合で最も多くの打席が回って来るので、チームの中で一番の強打者をあてはめるべきとの意見もあるとか。そういった考え方がベースにあれば二番打者にクリーンナップ級をもってくる事も頷ける。

1番センター柴田、二番セカンド土井、三番ファースト王、四番サード長嶋・・・・・私はこれこそが日本の理想的な打順だと思っていたが、どうやらメジャーでは当てはまらないケースも多々ある。

或いは1番福本。或いは1番高橋慶、大下、赤星・・・

確かに中盤から終盤の勝負とするならば、なるほど納得。

私は一時期巨人がヨシノブを二番にもってきた時、心の中で大反対したがそれもありなのだろう。しかし私的には二番はいやらしいタイプの松本系が理想だと思っている。或いは辻系だ。

しかしメジャーにおいても基本的には、やはり1、2番はラインドライブ系で、クリーンナップはスピン系だと思う。

それを考えるとヤンキース時代のソリアーノ選手は恐ろしい1番打者だった理由が今頃解った。もっとも三振も多かった記憶があるが、あのタイプの1番は中々日本では少ない。人気も高かったがあれほどまでパワーとスピードを兼ね揃えた先頭打者打者はそうはいないだろうし人気があった事も頷ける。

もっとも1番真弓なんて時代はそれに近かったかもしれない。

仁志もそういった形の1番になりたかったのだろうか。元々アマ時代はクリーンナップの選手。日本の1番打者らしかならぬチャンスでの一発狙いのアッパーブロー系のフライが結構多かった。

確かに核弾頭といったメディアが発する1番打者に近い形だったかもしれないが、それにしてもアッパーブローポップフライが多いリードオフマンだった様に私的には思う。もちろんチャンスでの一発も多かったし、ある意味非常に印象深い選手だった。


とはいえやはりメジャーは上位、下位関係なくパワーが半端じゃない。とにかくマン振り系が多い。迫力は全選手にある。

話はそれたが、とにかく福留はあのパワーを恐らく練習では発揮しまくっているに違いない。ピネラ監督としてはやはりその才能をどっかにほかしておくつもりもないだろうし、そういった意味ではようやく若干目覚めてくれてほっとしているかもしれない。

ちなみに福留の打席での構えがやけに落ち着きなくバットを揺らすので、気になって調べてみるとやはりその昔は固定系だった。

もっとバットを立てていた時代もあったが、もっともイチローにしても松井にしてもメジャーに行って寝かし気味にする事はあっても立てる事はない様だ。

恐らくメジャーのピッチャーのスピードに対応すべく研究した中、立てすぎると間に合わないと感じてるからだろうか。もっと言うならば小笠原系の立て方だと、或いは古くは長内系構えだとメジャーのストレートスピードとボールの重い質感に相当差し込まれる気がする。

中村ノリが向こうでまったく通用しなかったのは、そういった右で言えば山崎系だった事も要因かもしれない。

もっともさほど関係ないと言えば関係ないのかもしれないが、いかんせんユーキリスを見ていると構えなんてのはどうでも良い、自分が良いと思えば良いと思ってしまう。もちろんあの構えには天秤打方型の要素が満載で、正直顔からして恐ろしいのだがあの構え方は本当に私は恐怖を感じる。あれだけ体格の良い選手がリラックスしながら大きく構えられるとどこに投げても打たれる気がする。

ついでに話を大きくそらすと、ヤンキースはもとよりレッドソックスのクリーンナップやエンゼルスのクリーンナップとではマリナーズのクリーンナップがあまりにも貧弱に思えてしまって、今の順位は致し方ない様な気がする。

と言っても昨年までいたベルトレが出るや否や活躍しているのをみると、誰かが言っていたがマリナーズに来ると中々良い選手も活躍できないのだろうか・・・いやブラニャンは出戻りだけど活躍してるぞ!頼むからブラニャンが打っている間に良い流れに乗って欲しいのだが・・・・まさか中継ぎが崩壊とは。。。

どんどん話がそれてしまった(苦笑)

とにかく福留は十分中軸も打てる打者なのだ。今更言うまでもなく。
メジャーに来た時、首位打者を狙うと言っていた記憶があるがその事が中々上手く行っていない気が私的にはする。

狙っていけばいいと思う。あれほどのパワーがあるのだ。
高木豊の様なラインドライブ系バッターじゃないのだ。もしかしたら目指しているのは杉浦弾丸ライナー系なのかもしれないが、あそこまでコンパクトスイングスピード系ではないと思う。

むしろ遠心力の使い方としては私的には門田系だと感じる。

ようは十分これからでもメジャーに置いて一発系になりえるスイングアークなのだ。と言うか元々一発系でありながらもヒットを重ねられる天才前田、或いはヨシノブ系なのだが。

もっと思い切って振っていけば良いと私的には思う。

それにしても何度も言うが、本当に今日のHRは見事だったし、あのパワーをいかんなくこれからも発揮して欲しいと願っている。









1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
クリーンナップ
打者
メジャー
選手

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:福留、豪快な一発!これをきっかけに打撃浮上なるか

コメント有難うございます。

私も良く解らない部分で他の選手と比較して福留の出塁率が高い事。同じような打率、或いは同じようなホームラン数でも福留の出塁率は打率からするにチームメイトのみならず他メジャー選手の同成績と比較して比較的高いと感じていました。それだけ選球眼が良いって事でしょうか。

とにかく今日も一発!この調子で頑張って欲しいですね。

福留、豪快な一発!これをきっかけに打撃浮上なるか


出塁率が高く足もあり、併殺が少ない左の巧打者で、ツボにはまれば長打も打てる…福留はメジャーで大成するなら、典型的な理想に近い2番バッタータイプじゃな。
カブスからはできるだけ早くトレードされたほうが良い。どこのチームでも、今のあの監督よりはマシじゃ。SFかTEXが良いと思うがなぁ。

Re:福留、豪快は一発!これをきっかけに浮上なるか

足がきわだって早いわけではない福留が1番に置かれるのは出塁率が異様に高いからですね。(あとチーム事情もありますけれど)
しかし、彼はクリーンナップとしては(文字通り走者を「クリーンナップ」するには)打率と長打率に問題がありますね。つぼに入ればメジャーでも3割25本80打点くらいは行けるはずだと期待を持ってますが、それでもクリーンナップとしては普通程度なので、.350近い高い出塁率を活かす方が現状はいいって判断かと思います。(.350あればリードオフとしてはかなり優秀なほうで出塁率だけならイチローに近いレベルですよね)

こんな記事も読みたい

結果的には【巨人と松井秀喜選手を愛する一人の男の日記】

あはは・・・ 【らー・みあん@MLB】

松坂・・・何も進歩が見られない・・・+α(トレード情報)【〜Let's Enjoy Major League Baseball! Season 2 〜 】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:2380942

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 高校生のサイドスロー
  4. 三塚優子の棄権について
  5. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない
  10. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss