樫井太郎のマジックスポーツ!

イチローの軌跡の中にいつも傍に居たグリフィー、そして最後は奇跡を起こした。しかしそれはマリナーズというチームの全てが起こした奇跡だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケン・グリフィー・ジュニアが突然引退した。

何年前だろうか・・・・当時まったくメジャーの選手を知らない時代。ましてや日本人メジャー選手なんていない時代、海の向こうにとてつもない凄いバッターがいると聞かされていた。それがケン・グリフィー・ジュニアだった。

今よりもっと細身で(苦笑)マリナーズのユニフォームを身にまとい、その放たれた弾道を初めてテレビ画面で見たとき、とてつもない衝撃を覚えた記憶が今も尚消える事がない。

けして大げさでなく、何とも形容し難い特別なオーラーがそこにはあった。

何故それを記憶しているのか解らないが、とにかくかっこよかった。一瞬にして憧れを抱くほどの間違いなくこれが本物のスーパースターだと感じた瞬間だった。

イチローがそんなグリフィーに憧れていたのは誰しもが知っている事実。確かに全盛期のグリフィーはイチローのみならず全選手の憧れだったのかもしれない。

今も尚、マリナーズの代名詞はケン・グリフィー・ジュニアだ。イチローもあのエドガーマルチネスも適わない。記録だけではなく、その全てがメジャーの歴史にその名を刻み込むスーパースター。

試合前、涙ぐむ選手がいた。多分ブラッドリーだったと思う。

彼は粘りに粘ってヒットで出塁し、今年1度しかしていない盗塁を巨体を揺らしながら決め、そしてなんと3盗まで決めた。何としても1点をもぎ取る。その執念を垣間見て涙腺が緩んでしまった。

そして犠牲フライで執念でもぎ取った価値ある1点。

そして最後を締めたのはイチローだった。

いみじくもここのブログでランナー2塁の場面で内野安打で点は取れないとコメントされた方がいたが(けしてそのコメントを否定しているわけではない(苦笑))まさかイチローがここを見ていたわけじゃないだろうが(苦笑)有り得ない内野安打での得点。

それはいかにもイチローらしいサヨナラ内野安打だったが、ホームに躊躇なく走りこんだ執念はもっと素晴らしかったと思う。

グリフィーに捧げるイチローのサヨナラヒット。

だがもちろんブラッドリーの執念をはじめとし、リーの鬼好投、そして抑えのアーズマの気迫こもった好投。その全ての選手がグリフィーの引退試合を何としてもものにしたい・・・そんな気持ちが乗り移ったナイン全員がささげた勝利。

しかしその最後にイチローがいたのは、偶然ではなく必然だったのかもしれない。それほど感動的だった。あんな風に喜ぶイチローを見たのは初めてかもしれない。

イチローの空振り3三振はケン・グリフィー・ジュニアにささげる一発を狙っての三振なのかと思ったが、そうではなく心の整理がつかないまま打席に入ったからと知ったのは後。

一昨年イチローが一部のナインと確執。それは本当かどうか解らない。しかしグリフィーが入団して明らかにイチローの姿が変わった。

イチローにとってメジャーに来て初めてといっていいほど、心休まるそして心の支えとなる選手が入団したのかもしれない。


とにかく今年一番チームが一枚岩になった試合だったと思う。

「グリフィーが捧げた勝利」だったのかもしれない。

いやきっとそうに違いない。


これからマリナーズはグリフィーの意思を継いで必ず巻き返して欲しい。そしてグリフィーのあのくったくのない笑顔をシーズンの最後にまた見れる事を・・・・期待してやまない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
イチロー
グリフィー
内野安打
メジャー
ケン・グリフィー・ジュニア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

イチローの軌跡の中にいつも傍に居たグリフィー、そして最後は奇跡を起こした。しかしそれはマリナーズというチームの全てが起こした奇跡だった。

素晴らしい選手だったのは言うまでもありませんが、全盛期を知らない自分まで強く印象に残るのはやはり偉大なスーパースター。
生涯あのスイングを忘れることはないと思います。

イチローの軌跡の中にいつも傍に居たグリフィー、そして最後は奇跡を起こした。しかしそれはマリナーズというチームの全てが起こした奇跡だった。

勝利の時、that was for juniorと叫んでいたイチローを見て私も涙腺が。。。。イチローの万歳ポーズにこっちも万歳でした。

今日は本当に良い試合を見ました。

こんな記事も読みたい

おめでと~【巨人と松井秀喜選手を愛する一人の男の日記】

イチローの祝福・サヨナラヒット【スポーツ・運動で明るい未来】

オールスターのファン投票【スポーツの魅力をお伝えします。】

ブロガープロフィール

profile-iconkariman

野球やサッカーから格闘技まで、幅広いスポーツジャンルで核心に迫りたいと思います。皆さんの沢山のコメントお待ちしております。
しかしコメントにつきましては、こちらスポーツナビ事務局でも不適切と思われるものには削除して頂いている様です。また管理人自身、いきなりタメ口で玄関に入られた場合、削除する事もありますのでご了承下さい。最低限のマナーを守って頂ける様、スポーツを愛する人としてお願いしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2374149

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本には猪木がいた!
  2. イチローのヤンキース移籍は衝撃を受ける暇さえなかった〜
  3. 三塚優子の棄権について
  4. 「負ける気がしない」と「負けるわけがない」の差
  5. 高校生のサイドスロー
  6. 加藤の前に加藤なし…あ!清宮が!加藤の後ろに加藤なし…あ!金子が!つか山田も〜なんぼでもおるやん( ̄▽ ̄)
  7. 負けるべくして負けた。
  8. ハマスタって本当に狭いの?
  9. 宮里藍の強さはいったい何なのか。そして優作が何故海外はおろか日本で未だ勝てないのか。
  10. 理想の二番打者がいるチームに弱いチームはない

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
2014
06
2013
03
2012
10
08
07
06
2011
07
06
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss