Kaipopo

新横綱としての初めての場所を優勝で飾った稀勢の里を讃えたい。おめでとう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビで見れなかったから結果だけだったけど、 稀勢の里が優勝という結果で場所を終えた。

怪我をしていたし、昨日の相撲からして、 今日の千秋楽も力を出せずに終わるのかなと思ってしまった。 それがまさかの、本割・優勝決定戦で連勝と、 失礼ながら、全く予想もつかなかった結果になった。

この優勝に関して全くの批判も駄目だしもない。 おめでたいこと。凄いことだ。 怪我を押してまで出て相撲取れるとも思わなかったのに…いや~凄い。 ましてや、新横綱場所で優勝が4人目!?強いや。

今場所の結果を見て、稀勢の里に謝らないといけない。 先場所、いや、それ以前から、優勝してないのに横綱に上げるのは間違っていると書いてきた。 横綱になれば、プレッシャーもあって、短命横綱になるのではと。 ファンも横審も、期待だけで上げすぎだと。 横綱昇進に関しては、ずっと批判し続けていた、誰に何言われようと。

しかし、間違っていたのは筆者のようだ。 横綱に上げたのは間違いではなかった。 ファンも横審も間違っていなかったのだ。 稀勢の里は紛れもなく、横綱の器だ。 相撲の貫禄も、立ち居振る舞いからして、 そして、強さからして、横綱だった。 横綱に上げたことは早くなかった。 批判し続けたことを謝ろう。すみません。

今場所の相撲内容と結果からして、 筆者の予想では、短命横綱で終わることではないだろう。 (もちろん、大怪我しなければではあるが。) これからの角界は、横綱・稀勢の里が引っ張っていくのだと思わせてくれた場所なのだと感じた。

土俵際まで攻められることもあった。 優勝決定戦も、アップされていた動画を見て、それも土俵際だった。 しかし、それでも勝てるのは、強いからなのだと思う。 攻めて勝てるなら、普通の力士なのだろう。 攻めても勝てて、受けても勝てるのが強い力士なのだろう。 それを、この15日間で、稀勢の里が見せてくれたのだろう。

本当に、稀勢の里おめでとう。 あとは、怪我をしっかり治して、来場所に備えてほしいと思う。 今までも応援していたが、今まで以上に応援しようと思う。いや、する。…TVの前で(笑)

んで、余談だが、照ノ富士の来場所綱取りになるのかどうかなのだか、 筆者の意見では、無いであろう。 準優勝である、優勝同点である。が、 昨日の変化が印象に残りすぎている感はひがめない。 変化が悪いとは言わないし、変化を食らうほうが悪いという意見もあるから、 一概にそうだとはいえないが、 もし昨日、真っ向勝負で勝っていたのなら、 綱取りでもいいという人もいたと思う。 (ただ、最近1年の結果としては~悲惨なんだど…) ま~ここは、審判団とファンがどうするか、どうしたいか、意見を聞いてみたいものでもある。

最後に、稀勢の里の優勝という結果、今場所の相撲内容、いろんなものをひっくるめて1言、感動した。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

新横綱としての初めての場所を優勝で飾った稀勢の里を讃えたい。おめでとう。

前回は大変失礼しました。
私は、何度も稀勢の里を早く横綱にしろと主張し続けてきました。
これだけの大器をここに置いておくことは角界にとっても大損失
だからです。もう強いこともわかっている。殆ど負けることも
ない。だからなんでそんな小さい規定にこだわるのかと
いつも憤慨していました。
おそらく、稀勢の里の素質や綱になってからこそ本物になると
信じ切っていたのは北の湖他僅かだったのではないかな。
北の湖だって中々ここ一番で勝てなかった。連続優勝するまで10回目
の優勝、5年の歳月を要したのです。

だからこそ期するものがあったのでしょう。稀勢の里をプッシュして
来た人たちは皆天国に旅経ってしまいました。
もった早くだったらよかった。

「新横綱としての初めての場所を優勝で飾った稀勢の里を讃えたい。おめでとう。」へのコメント

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、千秋楽の結果は想像することができませんでした。
14日目に少しでも抵抗があれば予想もつけれたかもしれないのですが、一方的な寄りで負けた1番が怪我の重さを物語っていると思ってしまいました。
しかし、稀勢の里は違いましたね。
怪我をしても、いい意味で期待を裏切ってくれました。

貴乃花の時の情報は、ニュースで見ただけなのでよくわかりませんが、
インパクトで言えば、おそらく稀勢の里が上回っているでしょう。
あの劣勢で2番勝ったんですからね。

新横綱としての初めての場所を優勝で飾った稀勢の里を讃えたい。おめでとう。

>稀勢の里の優勝という結果、今場所の相撲内容、いろんなものをひっくるめて1言、感動した。

kaipopoさん、同感です。
私は正直「あの怪我では、今日稀勢の里関は負ける。」と思っていました。NHKテレビの解説者北の富士さんと舞の海さん、実況の三瓶アナウンサーも同じように言っていました。でも結果はご覧のとおりです。かつて平成13年夏場所の貴乃花関と武蔵丸関のときでも同様の展開があったと記憶しますが、今回の展開の方がインパクトが強いです。13日目の稀勢の里関の苦悶の表情があまりにも印象強く、14日目の敗戦が痛々しかったから今日の結果は全く予想できませんでした。
NHKは毎場所放送している表彰式と優勝力士インタビューを時間切れになって放送しませんでしたが、ホントに残念でした。稀勢の里関が君が代を大きな声で歌っている途中で号泣した姿は放送されましたが、これは日本を体現していると感じて私ももらい泣きしました。

こんな記事も読みたい

文句無し!【行ったら帰らぬ片道切符。】

照ノ富士関の今後について【no title】

変化で照ノ富士が失ったものは、共感である。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconkapopo

時間のおるときに書いていこうと思います
基本的に野球のことを聞きますが、
まだわからないことも多いので、
いろいろ指摘もらえると助かります
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:378912

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 高校野球 組み合わせ決定 注目高校と対決は!?
  2. 第99回全国高校野球選手権大会 出場校紹介
  3. 高校野球 16強出揃った いよいよベスト8をかけた勝負
  4. 高校野球 第1回戦終了 2回戦注目カード
  5. 早すぎる順位予想 後編
  6. 高校野球 国体出場校
  7. 高校野球 組み合わせ決定 独断で注目カードを挙げました。
  8. 高校野球 ベスト16出揃う ベスト8をかけた戦いへ
  9. 稀勢の里が初優勝、だからこそ声を大にして言いたい
  10. 両リーグの首位

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
03
01
2016
09
08
07
01
2015
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss