観戦のすゝめ

You're real fighter!! (浅田真央)

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅田真央の引退に関する一連の報道も落ち着きましたかね。 引退会見もありましたし、関係者のコメントも沢山報道されていますので、被る部分や、もしかしたら本人の発言と食い違うところもあるかもしれませんが、意見を少々。

彼女を表現する言葉として「天才」が使われているのがどうもねぇ。 確かに、「天才」という言葉には「傑出した才能を持つ人」という意味もあって、この意味として使われているなら理解できるんですが、「生まれながらの才能」という意味の方が僕には印象が強くて、こちらではしっくりこないんです。 自分達が出来ないこと(出来るかもしれないがチャレンジしなかったこと)を若くして成し遂げると「天才」と言って片づけてしまいますが、もう少し良い言葉ないんですかね。 「天才=本番で練習以上の成果の出せる能力、高度な技術を短期間で会得出来る能力を持つ人」とそんな風に思っているので、どちらかと言うと浅田真央は「超がつくガリ勉」だったのではと。 3Aという未だにトップスケーターでもプログラムに組み込めない大技を14歳にして国際大会で成功したのは天才だからなのかもしれませんが、苦手なLzは最後までエッジエラーをとられていましたし、コンビネーションの2つ目のTも苦手なままでした。むしろ不器用な選手だったんじゃないかと思います。 ただ、その不器用さを地道な練習によって少しずつ克服して、逃げることなくプログラムに組み込んで挑戦し続けて来たことが称賛されているんじゃないかと思いますね。 歴代のスケーターで誰かを天才にしないといけないなら、安藤美姫じゃないかと思います。

引退はやっぱり怪我の影響なんですかね・・・。 怪我が完治していたら、彼女の今までの言動から考えると少なくとも全日本まではやりそうでしたよね。 オリンピック日本代表の決定方法と照らし合わせると、 ・全日本で優勝なら確定 ・全日本2位、3位とグランプリファイナルの日本人表彰台最上位者の中から選考 2枠になってしまったために、ここまでで決まるんじゃないかと思います。 宮原が完全復活していると想定して考えると、オリンピックの出場権を得るには最低でも全日本で2位に入らないといけないでしょう。彼女はグランプリシリーズの出場選手に入っていないため、せいぜいNHK杯の開催国枠で出られるかどうかのところでした。 とすると、NHK杯で高得点で優勝してもグランプリファイナルには出られませんから、全日本で優勝か2位に入って何とか・・・ってところでしょう。ただ2位の場合、グランプリファイナルの最上位者と全日本優勝者が同じ場合に限るでしょうね。グランプリファイナルで日本人2人が台乗りして、全日本でそこそこの演技したらそれで決まってしまうでしょうし。 と言うか、ファイナルに2人進出したらその2人でほぼ決まりかもしれません。だってグランプリシリーズの2戦で安定した好成績を残したからこそのファイナルですから、その実績は強いですよ。ソチの時の高橋と小塚の選考がそんな感じでしたね。 そう考えると、浅田真央が平昌に出場できる可能性は極めて低かったと思います。

もし出場権を得たとしても、2枠しかないのに引退を決めて最後の試合にしようとしている選手が、これから日本を背負っていく選手や、今が年齢的にも最高の時期の選手を差し置いて出るべきか・・・。そんなことも頭をよぎったのかもしれません。

怪我が治れば今でもトップグループに戻って来れると思ってますが、最近は試合にも出ていませんでしたからあまり情報もなかったので、全日本に出てきたものの、ボロボロの演技で終了するみたいな悪い想像もしていました。 北京オリンピックの選考レースとして行われた名古屋国際女子マラソンの高橋尚子みたいな感じですかね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南アイスホッケー部】熱戦繰り広げるも白星ならず【東海スポーツ】

見返す気持ち【竹岡和宏の”打開”ブログ ~道を切り拓く~】

浅田真央の引退によせて【スコッチを片手に】

ブロガープロフィール

profile-iconkansennosusumet

  • 昨日のページビュー:41
  • 累計のページビュー:96780

(05月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)
  2. 「4回転祭りは何故起こったのか?」
  3. You're real fighter!! (浅田真央)
  4. 国別対抗戦は必要なんだと言い聞かせてみる。
  5. 選手もサポーターもまずは少し落ち着きましょうか。
  6. 内村が連覇してホッとしたり、誰か倒してくれないかとも思ったり。
  7. 内村は今回も負けませんでした。

月別アーカイブ

2017
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss