観戦のすゝめ

『僕は』宮原と樋口だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

第86回全日本フィギュアスケート選手権大会を観に行きました。

オリンピック代表を勝ち取るのと同様に回を追うごとにチケット争奪戦が厳しくなっています。 4年前はさいたまスーパーアリーナ(30000人規模)で、今大会は武蔵野の森総合スポーツプラザ(10000人規模)ですから、そりゃ大変です。 奇跡のタイミングでチケットが定価で取れまして、トリノから続くオリンピック代表決定の全日本を観ることが出来ました。

女子は本日のFSを終えて、怪我から復帰した宮原が素晴らしい演技でトータル220.39で4連覇を達成すると同時に、全日本優勝者の選考基準を満たし平昌オリンピック代表権を獲得しました。 見たこともない「宮原のガッツポーズ」が観られました。怪我で世界選手権も欠場し長期離脱していましたからね。

さて、問題の2枠目争い。 とりあえず、順当に宮原が優勝してくれたので、本当にややこしい状態にはならなかったものの、あとの1枠もそう簡単ではありません。 現段階で、グランプリファイナルに進出した樋口新葉より下位の選手(三原、本郷、本田)は実質的には選外となってしまうでしょう。3位の紀平は15歳でオリンピックの年齢制限で出場出来ませんので置いといて(笑)、今大会2位の坂本と4位の樋口に絞られました。

4年前の小塚、高橋パターン・・・。 印象としては、スケートアメリカで銀メダルを獲得し、全日本でSP1位、FSでもノーミスの演技をした坂本・・・かもしれませんが、女子のオリンピック代表の選考基準は

① 全日本選手権優勝者(=宮原) ② 全日本2、3位、GPファイナル出場の日本人上位2人、世界ランク上位3人、シーズンランク上位3人、シーズンベストスコア上位3人から総合的に判断

となっていますから、全日本での順位以外は全て樋口の方が上位につけています。 また、坂本がスケートアメリカで2位になった時の優勝者は宮原でした。一方、樋口はロステレコム杯で3位の時の優勝メドヴェージェワ、2位コストナー、中国杯で2位の時の優勝はGPファイナルを制した今季負けなしのザギトワです。 さらに、ロステレコム杯では樋口と坂本が参戦していて、坂本は5位でしたので、直接対決では1勝1敗。今季の得点を見ても樋口が5大会全てで200点超えなのに対し、坂本はスケートアメリカとこの全日本の2大会。

「総合的に判断」すると、樋口にしない理由が見つからないです・・・。

個人的には、樋口のプログラムの方が好きです。 細かく書くとさらに長くなりそうなので割愛しますが。 「ジャンプが全て成功したら高得点が出る訳ではないぞ」とだけ言っておきます。

ランキングとかの基準がなくて、ただただ「総合的に判断」だったら、大人の事情で本田真凜もあったかも。(笑)

宮原が怪我したからいけないんだよね。 彼女が世界選手権出ていたら、きっと3枠あったと思うので。 4大陸優勝して、世界選手権では日本人最上位で枠取りに貢献した三原が脱落となってしまったのは可哀そうですが、それが勝負の世界なんでね。

男子は、このまま宇野、田中、羽生ですんなり決まらないかな。

今大会も上位は皆しっかり整えて来て素晴らしい演技でしたので、観客としては大満足。 ただ、チケットの値上がりと、取れないことが不満。(笑) ダフ屋と転売ヤーは本当に駆逐して欲しいです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

『僕は』宮原と樋口だと思います。

コメントありがとうございます。
見る目なかったですね。
「総合的な判断」の中で、現時点と約1ヶ月半後の想像されるパフォーマンスが重視されたということですね。
決して樋口が「大舞台に弱い」って思われたんじゃないと信じてます。
過去の成績も樋口の方が良いと思いますし、大舞台と言うのはきっと四大陸と世界選手権のことだと思いますが、
坂本が出ることが出来ていない大会の事ですし、今大会前の注目度も違いましたから。

とウジウジ言ってもしょうがないので、宮原、坂本を全力で応援しますよ。
2人を選んで良かったと言われる様な滑りをして欲しいです。

是非、オリンピックシーズンの全日本を現地観戦してみて下さい。
ミスも少ないですし、緊張感が凄いですから。


結局 坂本 選手が選ばれました

T さん,こんにちは。スポナビブログメンバーとしていつも拝見しております。

樋口 選手は選ばれませんでしたね。総合的判断の詳細は明かされませんが,スペックはいろいろ高かったものの,大舞台の弱さがスケ連を躊躇させたのかもしれません。

全日本選手権を観戦されたんですね。うらやましいです。五輪シーズンの全日本はなんだかすごそうですが…。

こんな記事も読みたい

緊急投稿:フィギュアスケート Road To 平昌 スケ連は坂本花織を選ぶ勇気があるだろうか【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

女子ジャンプ ピョンチャン五輪・メダル争いに異状あり!? 高梨沙羅、伊藤有希のライバルは!?【0 to zeroのhorizon】

【SP終えて】どうなる?女子シングル五輪代表2枠【情熱的氷滑芸術】

全日本選手権へ8 紀平梨花 伝統を継ぐもの【夢と現実 備忘録】

全日本選手権へ7 宮原知子 四年間無敗【夢と現実 備忘録】

全日本選手権へ6 樋口新葉 内弁慶の飛躍【夢と現実 備忘録】

「なでしこ」か?【猫と観るスポーツ】

全日本選手権へ5 坂本花織 正直なシンデレラ【夢と現実 備忘録】

ブロガープロフィール

profile-iconkansennosusumet

皆様はじめまして「T」と申します。 自分でも特定のスポーツはしますが、特に素晴らしい戦績がある訳でもありません。 様々な競技の観戦が好きです。かと言ってあらゆる競技に造詣が深い訳でもありません。 「観に行ってはみたいけど」と一歩が踏み出せない方の後押しになればと思っています。 基本的には感想文みたいな物なので、反対意見もおありかとは思いますが、人それぞれという事で大人の対応でそっとしておいて頂けたら。 出来るだけ事実の間違いは気を付けておりますが、発見した場合はやんわりと教えて下さいね。 応援コメントが主体ですが、応援しているからこその厳しい意見も時々書くかもしれません。 オリンピック競技、日本代表、球技、世界一や日本一を決めるビリビリとした緊張感のある試合が好きです。
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:202414

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)
  2. 「4回転祭りは何故起こったのか?」
  3. 日本選手のオリンピック代表展望
  4. You're real fighter!! (浅田真央)
  5. 国別対抗戦は必要なんだと言い聞かせてみる。
  6. 最終予選のMVPは原口にあげたい。
  7. 羽生と宇野はもう内定でも良かったんじゃないかと。
  8. 『僕は』宮原と樋口だと思います。
  9. メジャー獲るまで待ってますから。
  10. CSの今後についての戯言

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss