観戦のすゝめ

初フェンシング観戦記~第70回全日本フェンシング選手権大会

このエントリーをはてなブックマークに追加

一度観てみたかった競技を観て来ました。

第70回全日本フェンシング選手権大会 個人戦

民放ではオリンピック以外で取り上げられる事も少なくて、情報もあまりなかったんですが、たまたま開催の情報を見つけたので行って来ました。

大昔は地味な雰囲気の中で剣の音だけがカチャカチャ聞こえて、どっちが有効打だったのか今一つ分からないままポイントだけが加算されていく、「観戦素人には敷居の高い」競技と思っていましたが、いつの頃からか有効打を放つとマスクにランプが点灯して分かりやすくなったり、現在の協会会長の現役時代からの競技普及の努力が徐々に実を結んできている事がはっきりと分かる「敷居を下げてくれた楽しい」大会でした。

ちなみに現在の日本フェンシング協会の会長は、アテネ、北京、ロンドン、リオと4回のオリンピックに出場し、北京では日本フェンシング史上初のメダルである銀メダルを獲得、ロンドンでは団体準決勝で残り9秒で2点差を追いつき逆転勝利し決勝に進出、団体銀メダルを獲得した第一人者太田雄貴です。弱冠32歳。 オリンピック競技の連盟の会長さんとしては最年少なんじゃないですかね。ソースは全くありませんが(笑)

彼は現役時代より普及活動を精力的に行っていましたが、この大会でもサーブル、エペ、フルーレの3種目の決勝の前に、太田会長のルール解説とデモンストレーションの時間があり、素人でもすごく分かりやすく、ある程度理解が深まった状態で競技が見れました。 メディア慣れしてるなーって感じ(笑) また、団体メダリストの三宅選手の解説が聞けるラジオのサービス(有料)もありました。 ビデオ判定のシーンでは、会場のモニターにもスロー映像が映し出されるんですが、剣先の残像が線の様に見える加工がされていて、分かりやすくなっていました。 (簡単に言うと、暗い中でライトを持って長時間露光で撮った写真みたいとでも言いますか)

選手の入場シーンや試合中のポイントの演出などは、一般に人気のある競技の大きな大会の演出に近くて、競技以外の部分でも楽しめました。 マスク被っているから戦隊モノみたいだし、ポイントを取るとマスクやその選手のピストの周りの床面が発光したりして、ゲームやってるみたいでした(笑)

試合の方は、女子エペでは山田あゆみ、男子エペでは山田優の史上初の姉弟の優勝。 女子フルーレでは、スーパー高校生の東晟良が女子史上最年少制覇でした。 最終戦の男子フルーレでは、今年の世界選手権で銀メダルを獲得した西藤俊哉が、昨年優勝の松山恭助に対し、序盤1対9とリードされたところから開き直ったのかどんどんと前に出て攻撃を仕掛け、やや受け身に回ってしまったのか松山を逆転し15対14で勝って初優勝しました。 松山選手の序盤の展開を見て「ポイントを取りたい時に取れる」ような、余裕があるように見えましたが、西藤選手の怒涛の攻めで守りに入ってしまったのか、形勢逆転してしまいましたね。

小刻みに前後にステップを入れて自分から攻撃のタイミングを狙っているスタイルもあれば、比較的どっしりと構えてカウンター狙いのスタイルもあって面白いですね。 どんな競技でも一緒・・・。 色々と勉強になりました。

ところでフェンシングの競技人口は6~7000人位らしいですから、日本ランキングに名を連ねたいという人は始めてみてはいかがでしょう。競技人口が少ないからってトップになるのはどの競技でも同じ様に大変ですけど、ランキングに載るだけならチャンスがあるかもしれませんよ(笑)

ピストの演出の都合なのか、2階席は片側しか解放していなかったこともあり、上の方までお客さんがいっぱいでした。今日の観客数は例年の5倍以上の1600人だったそうです。 皆さんどこで聞きつけたんだか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アメリカンフットボール部・関東大学アメリカンフットボールリーグ戦対明大グリフィンズ【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2017年10月度 新村選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ラクロス部・関東学生ラクロスリーグ戦ファイナル4対早大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkansennosusumet

皆様はじめまして「T」と申します。 自分でも特定のスポーツはしますが、特に素晴らしい戦績がある訳でもありません。 様々な競技の観戦が好きです。かと言ってあらゆる競技に造詣が深い訳でもありません。 「観に行ってはみたいけど」と一歩が踏み出せない方の後押しになればと思っています。 基本的には感想文みたいな物なので、反対意見もおありかとは思いますが、人それぞれという事で大人の対応でそっとしておいて頂けたら。 出来るだけ事実の間違いは気を付けておりますが、発見した場合はやんわりと教えて下さいね。 応援コメントが主体ですが、応援しているからこその厳しい意見も時々書くかもしれません。 オリンピック競技、日本代表、球技、世界一や日本一を決めるビリビリとした緊張感のある試合が好きです。
  • 昨日のページビュー:25
  • 累計のページビュー:202438

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)
  2. 「4回転祭りは何故起こったのか?」
  3. 日本選手のオリンピック代表展望
  4. You're real fighter!! (浅田真央)
  5. 国別対抗戦は必要なんだと言い聞かせてみる。
  6. 最終予選のMVPは原口にあげたい。
  7. 羽生と宇野はもう内定でも良かったんじゃないかと。
  8. 『僕は』宮原と樋口だと思います。
  9. メジャー獲るまで待ってますから。
  10. CSの今後についての戯言

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss