観戦のすゝめ

2018年の日本代表選考はどうなるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

素晴らしい内容の試合目白押しだったようですね。残念ながら見られなくて。 それでも「世界的に見たらレベルの低い選手同士の大接戦」ではなく、「世界でも通用する選手同士の大激戦」だったように思います。A代表の選手がベスト4に進出出来なかったり、世界ランキングでトップ10に入る選手でも勝てないというのは、それだけ全体のレベルが上がって来ているからと思います。

注目されていたのは、復帰後の桃田が決勝進出しA代表に返り咲くのかということ。 結果として、優勝した武下利一に敗れベスト8となりましたが、朴監督曰く「総合ではベスト8でしたが、優勝した武下選手に復帰後2回勝っているし、国際大会でも6回のうち5回優勝、1回の準優勝という成績(復帰後61勝2敗、2敗は共に日本選手常山、武下)」ということで、協会推薦でA代表復帰のようです。 ポイント0からスタートでしたが、この半年で世界ランキング48位まで上がって来ていますし、欲を言えば優勝して文句なしの代表復帰が見たかったですが、武下があまりにも強かったからしょうがない。 日本選手との対戦とか国内の試合は難しいんでしょうね。自分の蒔いちゃった種だから言い訳にもならないんだけど。 ただ、記者から聞かれたから答えただけなのか、言っていたけど記事になっていなかったのか、決勝進出者の代表内定より先に協会推薦の選手の記事が出てたってのがねぇ・・・。 決勝進出者は内定て選考基準が明文化されているから、記事にもならなかったのかね。

そろそろ2020東京オリンピックに向けてのレースも本格化してきます。実際のところは強ければ2019年の1年でランキング上位に入っていれば、そのままのペースで2020年のレース終了まで行けるんですが、そうそう簡単に行きそうにはないので、2018年に良い成績を残し、各大会でのシードを確保し、2019年にそのシードを生かしてランクを揺るぎないものにするのが固い作戦かと思います。 そこで、今大会の結果を見て日本代表のメンバーはどうなってしまうのか?世界ランキング上位でもバッサリと切ってしまうのか?と不安に思っていたら・・・。

日本A・B代表の枠数が変更することも決まり、これまで4選手に与えられたシングルスA代表の枠数は、男女ともに「5」に広がった(B代表は6から5)。また、3ペアが基準だったダブルスのA代表も、男子ダブルスが4ペア(B代表は3ペア)、女子ダブルスは5ペア(B代表は3ペア)になることも決定。

だそうです。

オリンピックを目指せる選手が増えたことは、選手にとっては朗報ですね。 個人的にも良かったと思う反面、今の女子ダブルスの様に世界ランキング10位までに日本ペアが4ペアおり、10位以内でもオリンピックに出られないという厳しい状況もあると考えると非常に悩ましいところ。 あと、ミックスダブルスの選考会も実施されて、A代表B代表を決めるそうですが、今回の渡辺 勇大や小林 優吾のように男子ダブルス、女子ダブルスでも結果を出している選手はどの様に扱うんでしょうかね。ミックス専任選手を育成するのか、二刀流で行くのか。

ミックス以外の代表は12月12日に発表のようですので、楽しみにしたいと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

12/3決勝 全日本総合バドミントン2017 女子単は山口茜、女子複は高松ペアがfinal進出! テレビ放送は…【0 to zeroのhorizon】

全日本総合バドミントン2017 8強決定! 山口茜、高松ペア、桃田などがベスト8 テレビ放送は…【0 to zeroのhorizon】

バドミントン部・第68回全日本学生バドミントン選手権大会 男子個人戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkansennosusumet

皆様はじめまして「T」と申します。 自分でも特定のスポーツはしますが、特に素晴らしい戦績がある訳でもありません。 様々な競技の観戦が好きです。かと言ってあらゆる競技に造詣が深い訳でもありません。 「観に行ってはみたいけど」と一歩が踏み出せない方の後押しになればと思っています。 基本的には感想文みたいな物なので、反対意見もおありかとは思いますが、人それぞれという事で大人の対応でそっとしておいて頂けたら。 出来るだけ事実の間違いは気を付けておりますが、発見した場合はやんわりと教えて下さいね。 応援コメントが主体ですが、応援しているからこその厳しい意見も時々書くかもしれません。 オリンピック競技、日本代表、球技、世界一や日本一を決めるビリビリとした緊張感のある試合が好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:202414

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)
  2. 「4回転祭りは何故起こったのか?」
  3. 日本選手のオリンピック代表展望
  4. You're real fighter!! (浅田真央)
  5. 国別対抗戦は必要なんだと言い聞かせてみる。
  6. 最終予選のMVPは原口にあげたい。
  7. 羽生と宇野はもう内定でも良かったんじゃないかと。
  8. 『僕は』宮原と樋口だと思います。
  9. メジャー獲るまで待ってますから。
  10. CSの今後についての戯言

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss