観戦のすゝめ

世界選手権奥原金メダル、他諸々

このエントリーをはてなブックマークに追加

第23回 世界バドミントン選手権大会 女子シングルス 決勝 奥原 希望(日本)○2(21-19、20-22、22-20)0● PUSARLA V. Sindhu(インド) 日本選手として女子シングルス初優勝!!!

一週間経って、報道も落ち着いて来ましたし、ゆっくり試合を見ましたのでここでアップします。

見てて本当に疲れました。 精神的にじゃなくて、肉体的に。 多分、選手に合わせて打つ時に呼吸止まってるんでしょうね。2ゲーム目のゲームポイントの73回続いたラリーなんてホント僕が倒れちゃうかと思いました。僕は座ったまま1mmも動いていないのに。(笑) 史上2番目の長さの試合だったそうですが、選手の健康面が心配になってしまうくらい壮絶な試合でした。

オリンピックの準決勝で敗れたプサルラとの対戦でした。 リオの時は1ゲーム目こそ19点と粘りましたが、2ゲーム目は低いクリアーをカウンター気味にスマッシュ打たれてなす術なく終わってしまった記憶があります。

今回の対戦では、序盤はリードを許しましたが、奥原がスピードを上げて逆転し1ゲーム目を取りました。かなり低いクリアーを打っていたので、また捕まるんじゃないかと心配もありましたが、リオの時よりもさらにスピードが速かったのか、その次のショットへの対応が良かったのかは分かりませんが、その勝負をかけた攻めが成功しましたと思います。 2ゲーム目以降はもうどっちがどうって言えません。 あれだけ拾う奥原に、粘りで負けていなかったプサルラ。もう「インド人にびっくり」です。 いえいえ、ばかにしている訳じゃなくてね。 奥原にあれだけの精度で繋いで来られて、一流の攻撃力を持っているプサルラが闇雲にラリーを切るために打つことなく、本当に相手を崩せるまで粘ってくると思ってなかったので。長いラリーをプサルラに結構取られた気もしますし。 最後は奥原が勝ちましたが、もう最後は奥原の方が少しだけ運が良かったのかなって思うくらいの内容でした。プサルラの敗因もないんじゃないかと思います。

世界女王になった奥原ですが、世界ランキング1位や東京オリンピックと目標は沢山あると思いますが、今度は奥原を研究して倒しに来ると思うので、研究してきた相手にどう勝ち続けるかというのがキーになりますね。

「世界一諦めない女」ってことはバレてしまったので(笑)、相手は ① 奥原以上に粘る ② 粘られないように主導権を握って攻撃でラリーを切っていく のどちらかになるでしょう。と考えればやっぱりまずは②の攻撃でしょうね。

その攻撃をどうかわし、主導権を取り返すのか? また、奥原自身も世界選手権5試合の内、4試合がファイナルゲームでの勝利となっていて、連戦のコンディション維持も必要になるでしょう。これから先、体力や疲労回復が上向いてくるとは思えないので。怪我のリスクもありますしね。 やっぱり、2~3球でポイントを取れる攻撃力が欲しいですね。そればかりで点は取れないでしょうけど、攻撃のカードがもう少しあればね。 守備もスピードも世界トップレベルですけど、同レベルでついて来られているので、身長差や攻撃力でその持ち味を封じ込められるとリオみたいになっちゃいますから。 って皆考えているでしょうけど。

ところで、バドミントン関係者の中では、お祭り騒ぎになっておりましたが、一般のメディアの報道は少なかったですよね?少なくとも僕はそう思います。

男子はトマスカップを獲りましたし、女子はリオで高橋・松友が金メダルを獲りました。奥原も女子シングルスで銅メダルを獲得しました。 ここからは想像ですが、まだまだマイナースポーツのバドミントンは、「最近の日本は強いらしい」ということはある程度一般の人達にも認知されて来たと思うんですけど、オリンピック並みの報道をしてもらうにはもうそれ以上の成績を出すしか大きな話題にならないんじゃないかと思います。 「金」以上の好成績はありませんので、連覇とか複数の金メダルとか日本人選手同士の決勝とかね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

女子バドミトン・韓国オープン2017 組み合わせ決定 奥原希望、山口茜、高松ペアが出場! 【0 to zeroのhorizon】

運も、人気も実力のうち【Armar know Jack Bigwild】

バドミントン部・東日本学生バドミントン選手権大会 団体戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconkansennosusumet

皆様はじめまして「T」と申します。 自分でも特定のスポーツはしますが、特に素晴らしい戦績がある訳でもありません。 様々な競技の観戦が好きです。かと言ってあらゆる競技に造詣が深い訳でもありません。 「観に行ってはみたいけど」と一歩が踏み出せない方の後押しになればと思っています。 基本的には感想文みたいな物なので、反対意見もおありかとは思いますが、人それぞれという事で大人の対応でそっとしておいて頂けたら。 出来るだけ事実の間違いは気を付けておりますが、発見した場合はやんわりと教えて下さいね。 応援コメントが主体ですが、応援しているからこその厳しい意見も時々書くかもしれません。 オリンピック競技、日本代表、球技、世界一や日本一を決めるビリビリとした緊張感のある試合が好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:159540

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)
  2. 「4回転祭りは何故起こったのか?」
  3. You're real fighter!! (浅田真央)
  4. 日本選手のオリンピック代表展望
  5. 国別対抗戦は必要なんだと言い聞かせてみる。
  6. 最終予選のMVPは原口にあげたい。
  7. メジャー獲るまで待ってますから。
  8. 選手もサポーターもまずは少し落ち着きましょうか。
  9. グラチャン後の女子への期待。
  10. 栃木ブレックス優勝とBリーグ元年に思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss