観戦のすゝめ

ボルトラストランに思うこと、他色々

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界陸上2017がロンドンで開催されています。

今回の注目は言わずもがなウサイン・ボルトでしたね。 朝の4×100mリレーは残念な結末でした。 この場では何度か書いてきましたが、神様がいるなら「あと5秒」なんとかならなかったんでしょうかね。あと5秒怪我をしないで走らせてくれたら、勝っても負けても何億人の人が満足したんじゃないかと思います。せめてゴールへの最後の1歩のところまででも。

200m出場を回避した時点で、今回は今までのようには行かないと思っていましたが、さすがにこの結末は残念でした。 それでも北京オリンピック以降の活躍しか知らないファンにとっては、初めての銅メダルだったり、初めての途中棄権だったりと思い出深いものになったんじゃないでしょうか。

日本はジャマイカの途中棄権もあり、銅メダルを獲得することが出来ました。 日本は日本で、サニブラウンの故障、ケンブリッジの不調により藤光のスクランブル出走となりましたが、世界陸上では初のメダルを獲得できました。

結果的にはケンブリッジでも同じだったかと思いますが、今までずっと支えてきたベテラン藤光にとっては良い経験だったでしょう。スーパーサブとしてコンディションも気持ちも整えるのは大変だったと思います。世界陸上で3度のリレー出場の内、2度が補欠からの出場でしたが、見事に仕事をしてくれました。

サニブラウン、ケンブリッジ、故障の山縣が抜けていてもこの成績を残せたので、これからも競い合いながらレベルを上げて、オール9秒台の4人で闘える日が来ることを祈ってます。

ちなみに、1走の多田選手はバトンパスの経験が少ないこと、スタートが持ち味とのことで、1走に起用されましたが、決勝出場国の内スタートのリアクションタイムは0.173で最下位でした。 結果オーライです。(笑)

男子100mではボルトが3位となりました。 優勝はアメリカのジャスティン・ガトリンでした。 二度のドーピングによる処分を受けた選手であるからであろうブーイングが地鳴りの様にスタジアムに響き渡っていました。

色々と残念な気持ちになりました。

1つは処分は受けたものの、処分解除のルールに則って出場し、解除された2010年以降は何も問題はなく、着実に自己新を更新し続け、今回も素晴らしいコンディションで競技をした選手に向けてのものだったこと。

2つ目はガトリン1人が悪役にされていること。今後ロシアの選手がイギリスで競技することがあったら、全員ブーイングを受けるんだろうか・・・。

最後は、陸上競技とドーピング違反が非常に近いものになってしまっているということです。

為末さんがSNSで「人生で一度もドーピングをしなかった場合と、使用したことがある場合では、本当にパフォーマンスは変わらないのか検討するべき」と発信しています。 直接的に薬物によるパフォーマンスが残るかどうかということもですが、バイクや自転車に引かれて走ったり、トランポリンで体操の練習をすると、普段の自分の力だけでは出来ないことを補助を使って行うことで、その感覚を体に覚え込ませることが出来ます。 そう考えると薬物により一時的に自分の能力を高めることで、間接的な効果が永続的に残るかもしれません。

また、瞬発力、持久力、パワーが上がることで記録に直結する競技(陸上や重量挙げなど)は、急に記録を伸ばす選手がいたり、すごい記録を出す選手がいると、「やってるんじゃないか?」と考えてしまう人は多いと思います。 一般人にそう考えさせてしまうのは、やはり今まで違反をした人達に責任があると思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本4×100mリレーで銅メダル獲得【スポーツ えっせい】

走!!全日本大学駅伝予選会!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

涙の理由:ティアナ・バートレッタ【Sports News 】

ブロガープロフィール

profile-iconkansennosusumet

  • 昨日のページビュー:51
  • 累計のページビュー:141315

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)
  2. 「4回転祭りは何故起こったのか?」
  3. You're real fighter!! (浅田真央)
  4. 国別対抗戦は必要なんだと言い聞かせてみる。
  5. 最終予選のMVPは原口にあげたい。
  6. メジャー獲るまで待ってますから。
  7. 選手もサポーターもまずは少し落ち着きましょうか。
  8. グラチャン後の女子への期待。
  9. 栃木ブレックス優勝とBリーグ元年に思うこと
  10. 皆んなが疲れ切った試合でした。

月別アーカイブ

2017
09
08
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss