観戦のすゝめ

王国の背中は見えて来たが、その背中はやはり厚い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017 JAPAN OPEN TOKYOを観に行って来ました。

今月の上旬に行われた世界卓球選手権では日本勢が好成績を挙げたので、その余韻が残っているかと思い珍しく前売りを買っていたんですが、そうでもなかった。(笑) 大会は6/14(水)から始まっていましたが、張本くんが予選敗退したとか、石川佳純が負けたとかニュースでちょっとやっていただけでしたからね。

ミーハー的には張本くんは観てみたかったんですが・・・。まぁその内観られるでしょう。 男子ダブルスの準決勝での日本勢対決、女子ダブルス、伊藤美誠のシングルが観られたので良しとしましょう。

今日は試合がかなり多く組まれていて、期待通りに日本勢が勝ち上がっていれば、もっと沢山の試合が観られたんですが、そこは少し残念ですね。 ただ、世界選手権にピークを合わせてのあの好成績でしょうから、その直後にその好調をそのまま維持するっていうのは難しいのかもしれませんね。 中国女子の世界ランキング1~3位の中国勢は欠場しましたし、4位のフォン・ティエンウェイも2回戦で敗退、石川も初戦敗退でした。 ただ、その2人と平野も伊藤もやられてしまったのは、皆中国勢。「どれだけ居るんだ?」って話です。

男子シングルスでは水谷がカールソン(スウェーデン)に1ゲームは取られましたが、安定した試合運びでベスト8に進出し、自分が会場を出てしまった後の準々決勝で李尚洙(韓国)との接戦をものにして準決勝に進出しました。 反対側の山の丹羽孝希は準々決勝で、第1シードの馬龍と対戦。序盤は逆クロスのショットが決まって良い形で点は取っていくんですが、やっぱり最後は取らせてくれないんですね。1ゲームは取ったものの終盤は横綱相撲という状態になり、丹羽も多彩な攻撃をしかけますが、全て対応されたという感じです。 途中、馬龍の逆クロスのドライブを狙っていた丹羽がストレートにドライブでカウンターを決めるという見せ場はありましたが、壁は厚かったです。 男子シングルスは4つのシード選手が順当にベスト4に勝ち上がり、世界ランキング1~3位の中国勢+水谷ということになりました。

女子ダブルスでは第1シードの佐藤瞳・橋本帆乃香と陳幸同・孫穎莎(中国)が対戦。勉強不足で知らなかったんですがこの二人、期待のカットマンです。佐藤は世界選手権にも出場していて世界ランキングで12位、橋本も16位。19歳と18歳ですし、カットマン自体が少ないので平野、伊藤、早田ばかり取り上げられていますが、こちらも期待の若手です。

台から離れたところでカットして、遅いボールが相手コートに届く頃にはパートナーがスルスルと前に出て来て次の球を前で強打するという形が決まっている時は非常にテンポが良かったです。ただ戦術の問題なのか、12-10、2-11、12-10、8-11、2-11と浮き沈みの激しい展開で流れをつかみ切れず敗退してしまいました。 今後、日本期待のカットマンとしてこの二人に注目したいと思います。

ちなみに佐藤選手、今年のカタールオープンの決勝トーナメントでオランダのリー・ジェ戦の中で1ラリーで10分13秒、766回ラリーが続いたそうです。途中では一体何を考えていたんでしょうか・・・。

男子ダブルスでは、世界選手権銀メダルの森薗・大島と銅メダルの吉村・丹羽の日本勢対決。お互い手の内を知り尽くしているせいなのか、世界選手権の時の様な激しいラリーの応酬もさほど見られず、比較的淡々と試合が進み、吉村・丹羽が勝利。 丹羽のクールさが森薗・大島の強打も熱い気持ちも吸収したんでしょうか・・・。 手足が長いのに加え、手首が柔らかいからなのか、吉村の台上でのプレーが光ってました。 この試合で卓球での背面打ちを初めて観ました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

卓球ジャパン・オープン2017 ベスト8に平野、伊藤、水谷、丹羽が進出!【0 to zeroのhorizon】

卓球ジャパン・オープン2017 ベスト8に平野、伊藤、水谷、丹羽が進出!【0 to zeroのhorizon】

卓球萩村杯女子 ~中国との差は縮まっている~【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

ブロガープロフィール

profile-iconkansennosusumet

皆様はじめまして「T」と申します。 自分でも特定のスポーツはしますが、特に素晴らしい戦績がある訳でもありません。 様々な競技の観戦が好きです。かと言ってあらゆる競技に造詣が深い訳でもありません。 「観に行ってはみたいけど」と一歩が踏み出せない方の後押しになればと思っています。 基本的には感想文みたいな物なので、反対意見もおありかとは思いますが、人それぞれという事で大人の対応でそっとしておいて頂けたら。 出来るだけ事実の間違いは気を付けておりますが、発見した場合はやんわりと教えて下さいね。 応援コメントが主体ですが、応援しているからこその厳しい意見も時々書くかもしれません。 オリンピック競技、日本代表、球技、世界一や日本一を決めるビリビリとした緊張感のある試合が好きです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:156200

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オリンピックの枠を獲っただけでメダルを獲った訳ではないので。(世界フィギュア)
  2. 「4回転祭りは何故起こったのか?」
  3. You're real fighter!! (浅田真央)
  4. 国別対抗戦は必要なんだと言い聞かせてみる。
  5. 日本選手のオリンピック代表展望
  6. 最終予選のMVPは原口にあげたい。
  7. メジャー獲るまで待ってますから。
  8. 選手もサポーターもまずは少し落ち着きましょうか。
  9. グラチャン後の女子への期待。
  10. 栃木ブレックス優勝とBリーグ元年に思うこと

月別アーカイブ

2017
10
09
08
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss