のんびりスポーツを見よう

サンフレッチェの現状

このエントリーをはてなブックマークに追加

栄光を掴んだ2015シーズンから2年。抜けた選手たちを考えれば、苦戦はあるだろう とは思っていましたがまさかここまでとは…という戦いが続いています。

  ・主力の高齢化 ・プレッシングにチャレンジ中 ・長年の課題(セットプレー守備)が課題のまま ・スタジアム問題を考えると不調は時期が悪い

  と頭が痛いことばかりなのですが、応援する側が出来ることは信じて応援すること しかありません。何か、小さくても良いのできっかけが欲しいですね。

  さて、まずは優勝した2015からの変遷を見ましょう。

2015は1トップ2シャドーに佐藤、柴崎、ドウグラスを起用。相手が疲れた後半に 浅野を入れて引っ掻き回すというのがピタリとハマりました。 細かく見れば要所で控え選手のスーパーなゴールが生まれたりもしており チームとして機能していたと言えるでしょう。

  年を跨ぐと大車輪の活躍だったドウグラスが移籍。ユース上がりの野津田を ローンで出し、京都で多少の伸び悩みもあった宮吉を獲得。更には圧倒的な個がある FWウタカの獲得にも成功し、彼らがフィットすれば更に上を目指せるだろうと 期待されました。

  迎えた2016シーズンは佐藤、ウタカ、浅野を同時に起用するなど前線の起用に苦労し 次第に寿人を外してウタカ1トップという形が増えていきます。 首脳陣としては浅野を先発で育てたいという思惑が見られましたが、残念ながら 浅野は期待に答えることが出来ないまま、シーズン途中にアーセナル経由でドイツへ。 守備陣は水本からレギュラーを奪取した佐々木を早々につまらない理由で失い 元の鞘に戻った水本もすぐに故障するなど、終始故障者や離脱者が出て陣容が 固まらない苦しいシーズンとなりました。

  ウタカは得点王となりましたが、サラリーの問題もあり予想通り移籍。寿人も 安定した出場機会を求めて移籍と前線は2年で皆いなくなりました。 その穴には柏での活躍が印象的な工藤とテクニシャンのフェリペに託され 今シーズンを迎えています。

  …そして現在に至るわけですが。

  ・雑な守備

  ペナルティーエリアからは少し離れたファール→セットプレーで失点という テンプレが出来ています。流れの中でマークが外れるというのは、個の力や 完成された組織相手では生まれてしまうこともあるでしょうが、セットプレーで ドフリーから入れられるのを繰り返すのは辛いところ。そこは出場する選手で しっかり詰めてほしいと思います。野上はせっかくチャンスを得ているので特に!!

  CBでは千葉が早々にやらかし気味で彼で落としたといいたくなる試合が チラホラ。元々スピードは無い選手なので抜け出しへの対応は常々課題なのですが 札幌戦のアレはいただけませんね…。徐々に復調しているとは思いますが 彼の後を誰が埋めるかも注目の1つです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サンフレ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サッカーが日本の文化になる日【socculture】

2017 ACL 第6戦 FCソウル☓浦和 負けた先に何が見えるか【浦和な生活】

《Jリーグ雑談》森脇選手謝罪の違和感【南大阪に吹くマリンの風】

ドクトルの帰還【ピッチに紫の風が吹く】

【おかえり】続くホーム未勝利【ドクトル】【紫熊のサンフレ観戦記】

【広島】「継続」という言葉だけが独り歩きしている【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

何がチームを駄目にしているのか【ピッチに紫の風が吹く】

カズの帰還、その喜びと少しの憂い【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-iconkansaicarp

広島出身大阪育ち。
暇さえあればスポーツ観ています。
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:51964

(05月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カープの現状整理(投手陣)
  2. カープの現状把握(野手編)
  3. 投壊のゆくえ
  4. サンフレッチェの現状

月別アーカイブ

2017
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss