オリ党のつぶやき

ドラフト指名年齢から見る2017ドラフト戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。巷ではクライマックスだの誰がFAするだの、大いに盛り上がって結構なことです。

CSは確かに見ていて楽しいですが、贔屓のチームが出ていないとやはり熱は入りません。どうしたものかと思っていたらドラフト会議がいよいよ迫ってきていることに気づいたので、ドラフトの話をしようと思います。。誰が指名されるかの予想はすでに皆さんがされているので、今回は、ちょっと視点を変えて、選手の年齢から見たドラフトの戦略を考えてみたいと思います。

まずはデータから。以下は2016年のパ・リーグ球団のドラフト選手の平均年齢です。 (在籍選手の平均年齢も大事にはなってくるのですが、主力級選手で線引きするのか、全てにするのか、また主力級はどこまでを含むのかなど基準があいまいになるので今回は省略します。)

年齢の下に書いてあるtやらnやらはポジションの頭文字です。(t:投手、n:内野手、g:外野手、h:捕手)

これを見ると、オリックスは年齢だけ見ると真ん中あたりで可もなく不可もなくという感じです。 話はそれますが日ハムやSBの平均年齢が非常に若い。さすが育成のチームといったところでしょうか。

さて、これをふまえたうえでさらに踏み込んだのが以下の図。オリックスの過去5年分のドラフトの平均年齢です。

平均が20歳を切った年が無かったのは予想通り。他の球団との過去の比較をしていないのであくまでイメージの世界となりますが、20.5歳くらいが理想と思っていたので高いという印象です。そしてこの表からわかることで何が問題かと考えたところ、一つの結論にいきつきました。

「ドラフト下位で獲得した20代中盤の選手がまったく戦力になっていない」 ことです。

過去のドラフトを見ていると、下位での社会人選手の大量指名が目立ちます。しかしながら戦力として定着出来ている選手はほぼ皆無で、30歳になるころには球界引退の選手ばかりです。実働平均は5年以下ではないでしょうか。獲った意味はあったのか?と思うレベルです。

そもそもドラフト下位で社会人を複数獲る理由とは? 「社会人=即戦力」は一般的な考え方ですが、本当の即戦力ならドラフト上位で獲りたいはず。となると、下位で獲らなければならない理由は何か。考えられる理由は「1.育成目的の素材型」か「2.弱点のピンポイント穴埋め型」、「3.穴はあるがハマれば大きそうなロマン型」の3点。これで社会人という条件を合わせたら、答えは2.か3.であるということになります。

育成目的での獲得はおおよそ高校生に絞られるため、どちらのタイプだろうと気長に待ってもらえるようなことは無いでしょう。そうなると、結果が出なければ即契約を切られるのは自明の理です。他球団でも20代中盤の社会人を下位で獲ることはありますが、オリックスほど盛んではないのが現状です。

結局何が言いたいかというと、今年ドラフトにかかることを希望している選手には申し訳ないですが、私にはドラフト下位で20代中盤の社会人選手を獲る意味が見えてこないのです。 球団は手っ取り早く戦力になりそうな選手を探そうとしているのかもしれませんが、そのような選手はどのカテゴリであっても上位で持っていかれますし、結局下位まで残ったなら残ったなりの理由しかないと思うわけです。それを獲って使い捨てにするのはチームも選手本人も不幸ではないかと考えるわけです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリックス2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

この一勝を、一番喜んだのは則本投手ではないでしょうか?【願)カープVSライオンズの日本シリーズ】

球場観戦のヤジ、みなさんはどう思いますか?【アンケート誘導】【神宮と戸田、あと両国に思いを馳せて。~From愛媛・Live In大阪ちなヤク日記~】

完全に出遅れたドラフト戦線 ~1位指名はどうなる?~【ViVaDra!!】

ドラフト編成の気になること【オリだぶ】

オリックスシーズン総括とこれから!!【オリックス愛時々闘球】

叶うべき夢への道のり【兎と牛は最後の夢を見る】

平野佳寿 ついにメジャーへ!鳥羽高校、京産大から初のメジャーリーガー誕生!契約年数、年俸総額は!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

守備機会から見る来期の補強戦略【オリ党のつぶやき】

ブロガープロフィール

profile-iconkamereon

  • 昨日のページビュー:39
  • 累計のページビュー:616301

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 寺原投手の人的補償
  2. 人的補償と今シーズンの補強の話
  3. 人的補償の話(その3)
  4. 人的補償の話(その4)
  5. 来季の構想(先発投手編)
  6. 新人王。。。え!??
  7. 順位予想(パ・リーグ)
  8. 人的補償の話(その6)
  9. 悩ましい捕手事情
  10. 山本監督そりゃないよ

月別アーカイブ

2017
11
10
09
2015
03
2014
07
03
01
2013
12
11
09
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss