オリ党のつぶやき

守備機会から見る来期の補強戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

シーズンも最後の最後、CSの望みも絶たれたチームのファンをやってる人間として、次なる興味はもちろんオフの補強戦略です。

いや、応援は最後までしますよ?昨日打たれはしましたが、吉田投手もこれから!という感じがしましたし、シーズン最終盤特有の、来期に向けたテスト登板などがあって決して消化試合ではないと思ってます。

話を戻します。補強を素人なりに考えるにあたって今回考えたのは、守備起用から考える補強戦略です。 「指標から見る、2018年シーズンに向けたオリックスの補強戦略」とかやったら卒業論文がまとまりそうなくらい書けそうですが、指標を持ち出すと多分まとめきる前に頭が痛くなって投げ出すのは目に見えているので、今回は純粋に守備起用試合数を中心としてどこが穴かを見ていきたいと思います。

データはプロ野球 ヌルデータ置き場さんから拝借しました。いつもありがとうございます。 データを見る際には、先発起用・途中交代関係なく、起用された試合数で順位をつけています。また、起用された試合数の合計が20試合に満たない選手は除いています。

データの見方としては、 先発 ⇒ スターティングメンバ― 途中 ⇒ 途中出場 変更 ⇒ 守備シフト変更or守備固め での出場ととらえていただければと思います。また、順位の前についている〇印などは 〇  ⇒ 打撃に問題が無ければレギュラー当確 △  ⇒ 〇印の選手が離脱したor守備固めの2番手クラス ×  ⇒ 多分来期の起用は無いと思われる 無印 ⇒ 本職ではない という自分の主観で印をつけています。

今回は野手についてみていきたいと思います。 まずは内野から。

・ファースト  1 T-岡田  先発27試合 途中0試合 変更27試合 計54試合  2 小谷野  先発20試合 途中0試合 変更28試合 計48試合 〇3 マレーロ 先発41試合 途中3試合 変更0試合  計44試合 △4 中島   先発36試合 途中1試合 変更0試合  計37試合

清宮獲りの時に言われた、「1塁は渋滞している」発言がそのまま現れています。T-岡田、小谷野の使い勝手の良さが際立っています。基本はマレーロと中島で一塁とDHを回すと思いますが、現状、打撃・守備でマレーロ>中島 感は否めないのでマレーロを1番手にしています。

・セカンド 〇1 西野  先発68試合 途中10試合 変更2試合  計80試合 △2 大城  先発36試合 途中15試合 変更13試合 計64試合 △3 小島  先発29試合 途中5試合  変更3試合  計37試合

ブレイクを期待された西野は打撃・守備両方が崩壊して期待外れでした。代わりに出てきたのが大城と小島でしたが、現状、ショート本職の大城の方が守備できるポジションが多い分優勢のように見えます。大城、小島両選手とも内外野をこなせるので正直なところ、来年のシーズン初めにどちらがグラウンドに立っているかは予想がつきません。ただ、守備はともかく打撃に関しては西野の方が上だと思うので、彼が復調してくれば西野のセカンド固定になるのではないかという予想です。

・サード 〇1 小谷野  先発96試合 途中4試合  変更1試合  計105試合  2 鈴木   先発2試合  途中55試合 変更2試合  計59試合

小谷野が当確と思われます。鈴木はほとんどサード専門での守備固めでの起用となっていますが、打撃がよくなればというところがあります。内野守れるなら小島・大城あたりに代えてセカンド守らせればいいのにと思ったりもしますが・・・。来期あたりから園部が出てくると面白いですが、ここはもう少し様子を見た方がよさそうです。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
オリックス2017
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

守備機会から見る来期の補強戦略

コメントありがとうございます。

小谷野選手を代打の切り札で使えるような構成がベストだと思うのですが、なかなかうまくいきそうにないですね。野手はやはり全体的に手薄ですが、1.5軍級の選手は飽和しているので、そこから誰か出てこないかというのが現状だと思います。

平野投手は大変だと思っていましたが、なにやらFA戦線が騒がしいようで、もしかしたらそこから獲れるかもしれませんね。これからに期待です。


ちなみに、投手編も書こうかと思っていたんですが、その矢先、ニュースでもありましたがヌルデータ置き場さんの閉鎖なのでデータが・・・偉大でした。残念。

守備機会から見る来期の補強戦略

小谷野は来年38ですし指標的に優れてるわけでもないのでいますぐな補強ポイントとしてサードは上げられそうですよね

ドラフトは1左投手2即戦力内野手となりそうです

FAの目玉の明石大和選手ともに今年は出場機会を多く得ており獲得は難しいと見てます
新しい打撃守備コーチの元 西野、大城、宗らのレベルアップに期待

平野メジャー行きのため抑え向け外国人は確実にとるでしょう
自由契約になるようでしたらマーティンなどが候補でしょうか
昨今は5-6人外国人を雇うのが普通であるため不思議ではありません

長文失礼しました また記事楽しみにしています

こんな記事も読みたい

2017ドラフト指名予想~東北楽天ゴールデンイーグルス編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

未来に向かって【一般的な野球ファンが夜な夜な思うこと】

さらば相川亮二、真中監督。そして坂口、山田君かな【プロ野球燕通信】

吉田凌デビュー☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

2017ドラフト指名予想~オリックス・バファローズ編~【プロ野球ドラフト会議】【ドラフトさん】

新人王決戦 あなたは誰に投票する?【オリ党のつぶやき】

逆転。。9月30日。【えんじょいブログ】

10万号、初完封。。9月29日。【えんじょいブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkamereon

  • 昨日のページビュー:108
  • 累計のページビュー:590777

(10月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 寺原投手の人的補償
  2. 人的補償と今シーズンの補強の話
  3. 人的補償の話(その3)
  4. 人的補償の話(その4)
  5. 来季の構想(先発投手編)
  6. 新人王。。。え!??
  7. 順位予想(パ・リーグ)
  8. 人的補償の話(その6)
  9. 悩ましい捕手事情
  10. 山本監督そりゃないよ

月別アーカイブ

2017
10
09
2015
03
2014
07
03
01
2013
12
11
09
07
06
05
04
03
02
01
2012
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss