スポーツ観戦やぶにらみ

日馬富士の事件について

このエントリーをはてなブックマークに追加

日馬富士の傷害事件が連日ワイドショーをにぎわせていますね。こういう話の場合、必ずといっていいほど、事実が錯綜します。当事者の言い分、そこに居合わせた関係者たちの証言、そこに居合わせなかった第三者たちの伝聞証言や推測・意見の類いが毎日どんどん出てきます。これに加えて、当事者の師匠たちの言動の「不可解さ」や協会の対応の「不適切さ」も混乱に一役買っていそうです。

相撲ファンの僕としても、ファンなりに言いたいことは山ほどありますが、ここでいくら吠えても「野犬の遠吠え」に等しいでしょう。ただ、ひとこと言わせていただければ、事件が起こった数日後に貴乃花が被害届を警察に出した時点で、つまり、事件が公になった時点で、事態の収拾を図ろうとする協会の出る幕はなくなったということです。

仮に、被害届をひっこめても意味はありません。事物の性質上、暴行・傷害の事実それ自体は取り消すことができないからです。要するに、被害届を撤回しようがしまいが、犯罪の端緒ありと、警察が判断しさえすれば、捜査は進んでいくわけです。

あとは、警察・検察の事件処理をふまえて、協会の判断が下されることでしょうが、暴行傷害の事実は絶対に消えません。ひじょうに残念ですが、日馬富士の力士生命は風前の灯火といわざるをえないでしょう。

///////////////////////////////////////////////////

上の投稿をアップしたとほぼ同時刻に、白鵬の談話がでました。日馬富士はビール瓶で殴っていないという証言。白鵬は自らの身を捨てるほど、深く一歩踏み込みました。玉虫色の証言内容でも非難されなかったであろうに、まさに「腹をくくった」発言です。今後、同席力士たちの証言いかんによっては、横綱としての権威や白鵬の全人格を損なう事態に発展しかねません。貴乃花側と全面対決の様相です。いよいよもって混迷の度を深めました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

日馬富士の事件について

傷害罪は親告罪ではありませんので、白鳳がどんな発言をしようが、日馬富士と貴ノ岩が翌日謝罪しようが、法律的には無関係なんですけどね。
私としては、白鳳がモンゴル会を守るために、横綱の威光を使って関係者に「忖度」を求めることだけは止めて欲しいと思ってます。
いまの白鳳は、「口では言わなくても、おまえら分かるよな?」みたいな感じを出してるように見えます。

白鳳は大横綱なのですから、自ら日馬富士に引退勧告をして欲しいと思いますね。

こんな記事も読みたい

オレがブログを辞めたらプロレス団体、プロレスラーを批判する者は誰もいなくなってしまう スポナビブログでの極上のT-1二見激情見参はあと2ヶ月で終了【極上の“T-1二見激情”見参】

磯鷲は かならず 巌に とまりけり【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1364 Krush.79 野杁正明vsディエゴ・フレイタス【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconkamecameha

  • 昨日のページビュー:44
  • 累計のページビュー:1462889

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 北の富士の言葉のチョイスについて
  2. 二場所連続優勝であっても豪栄道を横綱に上げるのは「待った」
  3. ああ、横綱玉の海
  4. みんな見てるぞ、照ノ富士
  5. ガチンコやめますか?
  6. 忘れないでね、琴光喜のこと
  7. 豪栄道の大関昇進に異議あり
  8. 稀勢の里、おまえもか
  9. 休場勧告
  10. 稀勢の里は遠く なりにけり

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
07
05
01
2016
09
05
03
01
2015
11
09
07
05
04
03
01
2014
11
10
07
06
05
03
01
2013
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
01
2011
12
11
09
07
05
04
03
02
2010
10
08
07
06
05
04
02
01
2009
11
10
09
06
05
03
02
01
2008
11
10
09
08
05
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss