スポーツ観戦やぶにらみ

今場所優勝しても、稀勢の里を横綱にあげては絶対にダメだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここにきて横綱の推挙をつかさどる外部諮問機関の人が、稀勢の里が今場所優勝したら横綱に推挙したいと、盛んに言ってきている。はっきり言って、これは非常によくない流れ、不快だ。稀に見るガチンコ力士であって、非常に人気の高い稀勢の里の横綱昇進を協会が待ちわびてるのは知っている。それもわかるが、昇進のムードを力づくで作り上げていく手法が実にいやらしく、小賢しい。

稀勢の里をここで上げてしまうのは将来的に彼にとってよいことかどうか・・・そんなことはどうでもよい。ここにきて「ふってわいたような昇進ムード作り」が気に食わない。火事場泥棒みたいだ。便宜主義、機会主義の最たるもの。ここは是非とも「手順」をしっかり守っていただきたい。こまかなことをゴチャゴチャ言う気はないが、来場所がすべてであろう。どうひいき目に見ても、今場所かぎり、なし崩し的にそ~と横綱に上げてしまうのだけは御勘弁願いたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

今場所優勝しても、稀勢の里を横綱にあげては絶対にダメだ

明日勝って14勝なら昇進もあるのかと思いますが、完全に浮かれたバカ委員長を含めて周りが負けても昇進を言い出しそう。

そもそも年間最多勝といいますが、たかだか69勝ですよ。
過去の最多勝を見ても全場所皆勤して70勝以下なんてここ10年まったくありません。
これが74.5勝だったなら毎場所優勝争いに絡む星なのでこれなら評価してもいいと思いますが。

正直言って初日から綱取り場所と言われていないのに優勝したから上げるのはどうかと思います。
場所中毎日それに打ち勝ってこそ歴代の横綱は綱取りを果たし、また涙を飲んだ力士も数多くいました。
それらの力士方に失礼ですよ。

個人的には千秋楽勝ったなら来場所13勝以上なら優勝なしでも、負けたなら13勝以上の優勝なら。
このあたりでしょうか。

今場所優勝したんだから、稀勢の里は一刻も早く横綱に上げるべきだ。

年間最多勝の次の初場所で優勝。文句の付けようのない立派な成績です。
ぜひとも、一刻も早く稀勢の里を横綱に上げるべきです。

実力ではすでに日馬富士や鶴竜より上ですし、白鵬にも十回やれば三、四回は勝てます。
要するに、全関取の中で上から二番目に強いのです。充分でしょう。

余計な事をせず、一刻も早く稀勢の里を横綱にしましょう。

大関になる時、稀勢の里は直近三場所の合計が32勝でしたよね?
だからあの時も色々言われました。
でも、上げた結果どうですか?史上最強の大関の呼び声も高い、立派な高勝率を維持しているじゃないですか。
ですから、横綱の場合も同じです。心配はいりません。

稀勢の里を横綱にあげて・・・いいんじゃない?

 「昇進ムード作りが気にくわない」という気持ちもわかるが、それもある一個人の感情。
何はともあれ優勝に準ずる成績は先場所含め何場所もあげているし、今場所優勝した。

 明示されている基準に達しているのだから、横綱に上げなくては。さもなければ、上げる/上げないが、その時々の声の大きい人の感情で決まってしまう。

 二横綱が休場でとか言っている人もいるが、横綱の人数なんてその時々だし、連敗しまくっている横綱が休場していなくても、壁になれると思うのかしら。

こんな記事も読みたい

稀勢の里にとって逸ノ城との一番が、絶対に負けられぬ訳ではない理由。【幕下相撲の知られざる世界】

琴奨菊 遂に‘落城’ 1年で天国から地獄へ【スポーツ えっせい】

琴奨菊の 大関陥落に思うこと。【スポーツ よもやま話】

ブロガープロフィール

profile-iconkamecameha

  • 昨日のページビュー:1409
  • 累計のページビュー:1397366

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 北の富士の言葉のチョイスについて
  2. 二場所連続優勝であっても豪栄道を横綱に上げるのは「待った」
  3. ああ、横綱玉の海
  4. みんな見てるぞ、照ノ富士
  5. 忘れないでね、琴光喜のこと
  6. ガチンコやめますか?
  7. 豪栄道の大関昇進に異議あり
  8. 稀勢の里、おまえもか
  9. 稀勢の里は遠く なりにけり
  10. 若乃花と力道山のエピソードなど

月別アーカイブ

2017
05
01
2016
09
05
03
01
2015
11
09
07
05
04
03
01
2014
11
10
07
06
05
03
01
2013
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
07
06
05
04
03
01
2011
12
11
09
07
05
04
03
02
2010
10
08
07
06
05
04
02
01
2009
11
10
09
06
05
03
02
01
2008
11
10
09
08
05
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss