鷹党来々

WBC侍ジャパンのメンバーを予想してみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

ファイターズ、日本一おめでとうございます。
なんやかや言ってましたが、冷静になれた今では、パリーグの代表としてよく戦ってくれました。(熱い手の平クルー)
そしてカープ、残念でしたね。
しかし、いい経験になったでしょう。来年はホークスと日本シリーズで戦えたらいいですね。

……今日の私はテンション低めです。
ちょっと風邪をこじらせてしまいまして……えぇ、皆さんもご注意を。
そんな私がブログを更新した理由、それは……。

侍ジャパンのスタメン及びメンバー予想やってみよう!

はい、数年前ちらっとやった歴代最強オーダー。
スワローズの山田選手やメジャーで活躍するダルマ―コンビ等、当時は微塵も考えていませんでした。(仕方ない)
さて、今回はなんと!恐れ多くも侍ジャパンのメンバーを考えてみよう!
……と、思った次第でございます。
あ、なんかふらふらする……でもやるよ!やるったらやる!

あ、そういや一応メンバー選ばれているんだった。
まぁ、若手主体だし、メジャー組いないし、また編成するっていってるし。
ま、お茶の間の休憩にでもしてください。
形としては、

選手名 選考理由(一言で)

的な感じでいきます。
ま、本当にいい加減な、ツマミ片手に考えたもんですから、お気軽に……。
あ、でも先に言っておきますが、理由もなしに茶々を入れるのはやめてくださいね。
一応データや記録、セイバーメトリクス等の理由をつけて28人選びましたから……。
ではでは、投手陣からどうぞ!

先発1(スターター)
菅野智之投手(巨) 無援護ですが、今年もっとも素晴らしい成績を残した巨人のエース。
石川歩投手(鴎) 地味ながらパリーグで規定投球回到達者で最高レベルの成績を残したマリーンズのエース。
田中将大投手(NY) 日本が誇る大エース。一応、現時点でWBCへの参加が認められているため、選考しました。

先発2(試合途中から長いイニングを投げる的な……?)
千賀滉大投手(鷹) 今年一本立ちした鷹のエース候補。中継ぎ経験あり、ロングリリーフもいける。
則本昂大投手(鷲) 楽天のエース。大舞台での経験豊富で、リリーフの経験あり。あと、投げっぷりが好き。
野村祐輔投手(鯉) カープ次期エース。千賀投手とともに、頑張ってほしい。16勝は伊達じゃない。

リリーフ(とりあえず選抜)
秋吉亮投手(燕) スワローズの中継ぎエース(でいいの?)セリーグで、一番多く投げた人(試合数)。
中﨑翔太投(鯉) カープの守護神。ちょっと疲労がたまってないか心配だが、実力は本物。
益田直也投手(鴎) マリーンズの中継ぎの柱。今年は安定したピッチング(数字の上では。見てないし。)
宮西尚生投手(日) いつ劣化するんだろう?今年も大活躍の左腕。投げ方大好き。外国人を翻弄してくれ!
平野佳寿投手(牛) まさかの復活。なんだかんだで好きな選手。2011年、オールスターでのはしゃぎっぷりは必見。
牧田和久投手(西) 疲労は大丈夫なんだろうか?でも、国際試合での頼もしさは全野球ファンが知っている。
増田達至投手(西) こちらも疲労が心配。知っている人はいるんだろうか?私の周りでは空気。実力は本当にある。

投手陣はこんな感じ。
どうですか?
パリーグが多い?私、実力はパリーグの方が上だと思っているので。煽り抜きで。
実は怪我とか、疲労とか調べてません。
「この選手、怪我しちょるんやぞワレ!」とかおっしゃる方は、どうぞ、コメ欄にて。
では、このままの勢いで野手編、最後に基本的な(あくまでベース、臨機応変に変えていくでしょう)スタメンを予想したいと思います。

捕手
田村龍弘選手(鴎) わずかに規定打席に届かなかったものの、現在の捕手の中では良いと思われる打撃、そして守備が魅力です。
小林誠司選手(巨) 打撃は期待できませんが、守備は文句なし。守備での指標はセリーグトップだったとか。
原口文仁選手(虎) 現れた期待の打てる捕手。まだ実績は一年しかないが、代打であるいは点差が開いた試合等で使うとおもしろい。

内野手
坂本勇人選手(巨) 説明不要の現役最強ショートストップ。念願のGG賞ゲット、おめでとうございます。
菊池涼介選手(鯉) セカンドの守備は現役……どころか最強クラス。打撃も安定感が出てきた。
山田哲人選手(燕) 歴代最強セカンドの呼び声高い、史上初二年連続トリプルスリー。怪我が心配か。
内川聖一選手(鷹) 併殺数が心配だが、まだまだ衰えを知らない最高の右打者。大舞台での強さはもはや野球ファンなら皆知っている。
松田宣浩選手(鷹) ホークスが誇る熱男。ムードメーカー役だけでなく、ロマンあふれる打棒と現役最高のサード守備を魅せる。
浅村栄斗選手(西) 玄人好みの成績をたたき出す、年々成長を続けるバッター。守備も「一応」内野ならどこでも守れるはず。
川﨑宗則選手(FA) 内野ならどこでも守れるムードメーカー。カブスのヤギの呪いを吹き飛ばした(?)

外野手
筒香嘉智選手(星) 文句なし、現役最強和製スラッガー。レフトは彼に任せましょう。
鈴木誠也選手(鯉) 「神ってる」でブレイクした、若手。どことなく山田選手を彷彿させる。疲労が心配、休んでほしい。
角中勝也選手(鴎) ご存知、「変態打ち」の彼。実は中村晃選手と出塁率は変わらない。でも、あの変態打ちを見たい。
西川遥輝選手(日) 俊足巧打、北のスピードスター(命名俺……え、パクリ?)日本シリーズでの満塁サヨナラ弾は記憶に新しい。
丸佳浩選手(鯉) カープのセンター。守備走塁は定評がある。打撃の実績も十分。正中堅手候補。

……疲れた。風邪が悪化したらどうしよう。
でもどうです?怪我とか考慮してませんけど、なかなかの人選ではないですか?
「この選手はどうなん?」「この選手やったら?」とかはあるかもしれませんが、「なんでこいつを選んだの?」という人選はしてないと思われ。
あ、中田翔選手とか青木選手とか忘れてた。
特に中田選手、小久保監督のお気に入りで有名ですし……まぁ、予想だしいいや。
では、最後にDHを含めた予想スタメンを書きましょう。
これがぼくがかんがえたさいきょうおーだーです!

一番・ショート・坂本勇人選手
二番・セカンド・菊池涼介選手
三番・ファースト・山田哲人選手
四番・レフト・筒香嘉智選手
五番・DH・内川聖一選手
六番・ライト・角中勝也選手
七番・センター・丸佳浩選手
八番・キャッチャー・田村龍弘選手
九番・サード・松田宣浩選手

……なんか、全体的に玄人が好みそうな感じになりました。
特に下位打線。
……どうでしょうか?まぁ、納得できることにはできますし、まだまだ改善の余地はありそうです。
本当なら、中田選手が入ってくるでしょうし。
とりあえず、終わりにします。
質問や提案がありますれば、コメ欄にて受け付けます。
願わくば、画面の前の皆様の侍ジャパンを伺いたいですね。
では、この辺で、失礼します。
……むっちゃ疲れた。









ホークスは、FA獲得が多いかわりに戦力流出も多い球団だと知ってほしい。
え?所沢の球団?
お世話になっております。
私としては、足を所沢に向けてはいけないと思いますね(笑)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
福岡ソフトバンクホークス
小久保監督
予想
日本代表
WBC
侍ジャパン
プロ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

WBC侍ジャパンのメンバーを予想してみよう!

TCE00074808様、コメントありがとうございます。

セイバーメトリクスは私も参考にしております。
TCE00074808様の選考メンバーには概ね、というかほぼ同意です(笑)

捕手……う~ん、人材不足は深刻ですね。
小林選手や田村選手、原口選手といった若い選手、あるいは炭谷選手や嶋選手、大野選手がさらに成長するか……。

監督の好みに加え、監督が師事する、もっとも影響を受けた人の色が濃く出ていると思われます。
小久保監督は、王貞治さんを師事しております。
その影響で、扱いやすいホークス選手、今まで戦ってきた選手(プレミアリーグ)、そして人気の高い選手を選出することが多いですね。

これからWBCですが、とても楽しみですね!
また、会えることを願っております。

WBC侍ジャパンのメンバーを予想してみよう!

TCE00075440様、コメントありがとうございます。

う~ん、若い力がどんどん出てきている証拠ですね。
TCE00075440様の選考メンバーは若い選手が多く、かといってベテランも選出されており、非常にバランスの良いメンバーだと感じます。
メジャー組が心配ですが、歴代最強クラス、といっても過言ではないですね!

欲張りでいいんです!
代表メンバーを考察し、語り合うのはファンに与えられた特権です!
会社で盛り上がっていただけたなら、それは楽しかったと見受けられます。
誰にも否定されることはないんです!

私はTCE00075440様のご意見を伺えてよかったです!
またお会いできたらいいですね。

WBC侍ジャパンのメンバーを予想してみよう!

コメント失礼します。
面白うそうだったので、私も選んでみました。
一般的な成績も当然見ましたが、セイバーメトリクス系の成績に重点を置いてみました。
と言っても、ランキングを出して、上位から10点、9点、、、と単純に点数化、その合計を得点として比べただけですけどね。
あと、メジャーに関しては参加が不透明なので外してあります。


まずは投手です。

・菅野智之(巨・右右)
投手で得点1位でした。と言っても大谷と1点差ですが。エースとして期待。
・大谷翔平(日・右左)
菅野と並んでで高得点。先発ですが、球数制限で完投が不可能、160越えの速球ということもあり、抑え候補でもあります。なお、野手としては選考外です。
・石川 歩(ロ・右右)
先発3番手。得点的にも先発候補の中で3番でした。
・千賀滉大(ソ・右左)
第2先発。
・則本昂大(楽・右左)
第2先発。
・平野佳寿(オ・右右)
・中﨑 翔(広・右右)
・秋吉 亮(ヤ・右右)
この三人は抑え候補。ルール上3連投できないので、2人は任せられる選手が欲しい。
・牧田和久(西・右右)
得点は申し分ないし、アンダースローは貴重な武器。
・益田直也(ロ・右右)
増田(西)と迷ったが、得点が上だったので選出。
・宮西尚生(日・左左)
貴重な左腕。左投手の中では1番の得点。
・岩貞祐太(阪・左左)
・今永昇太(横・左左)
左が宮西しかいなかったので、左投手の中で得点の高かった2人を選出。対戦チームに左が多ければ、どちらかを第2先発のロングリリーフとして使ってもいい。
本当はリリーフ投手から選びたかったものの、軒並み左のリリーフはイマイチでした。


続いて野手です。

捕手
・大野奨太(日・右右)
・嶋 基宏(楽・右右)
・原口文仁(阪・右右)
人材不足。またリードは数値として出にくいので困りました。
メインはバランスの良い大野。代表経験やリーダーシップを買って嶋を選出。
ほぼマスクをかぶることのない第3捕手に、打撃が良く一塁も守れる原口を選出。

一塁手
・山田哲人(ヤ・右右)
迷わず選出の高得点。セカンドに候補が多く、一塁選手の得点がイマイチだったので、コンバートしてもらいました。一塁を守れる原口を第3捕手に選んだ理由も一塁専門がいないため。

二塁手
・菊池涼介(広・右右)
・浅村栄斗(西・右右)
得点的には微妙だったが、守備を買って菊池がメインで。
浅村は得点的にはセカンドで2位。全体でも上位でした。

三塁手
・村田修一(巨・右右)
・松田宣浩(ソ・右右)
三塁は専門に任せたいと思うも、候補がこの2人くらいしかいなかった。
村田は併殺と守備力に不安があるも、得点が高いので一応メイン。
ムードメーカーと守備力を買って松田も選出。

遊撃手
・坂本勇人(巨・右右)
迷わず選出の高得点。ショートは得点的には坂本の一強。
サードとショート、どちらに2人使うか迷ったものの、他のショートの得点が低かったため選出せず。
ただ、守備の面で堅実に考えるなら、村田を外して三塁も一応守れる中島(日)か安達(オ)か。コーチの意見次第?(笑

外野手
・鈴木誠也(広・右右)右翼
・柳田悠岐(ソ・右左)中堅
・筒香嘉智(横・右左)左翼 
迷わず選出の高得点。外野で得点トップ3。全体でも上位。
柳田は一般的な成績は微妙に思えたが、セイバーメトリクス系の成績はどれも上位に入っていたため、合計得点は素晴らしものになっていました。ケガの状態だけが心配。

・西川遥輝(日・右左)
糸井(オ)と迷った。得点は糸井でしたが、控えとしての役割を考えて選出。
・丸佳浩(広・右左)
秋山(西)と迷った。得点が若干上で、盗塁数も上だったので選出。正直、どちらでも遜色ないです。
・角中勝也(ロ・右左)
DH要員。内川(ソ)と迷ったが、併殺数の少なさや左打ち、首位打者ということで選出。

以上が私の考えだメンバーです。
セイバーメトリクス系を重視した割に、一般成績だけで選出しても大して変わらない感じになりました。
あと、小久保監督が選出で色々文句言われていますが、その人が何を重視するかで選出が変わるというのが、やってみてよく分かりました(汗

長々とコメント、失礼しました。

WBC侍ジャパンのメンバーを予想してみよう!

kakontyu様 こんばんは~ 昨日はうっかりミスすいません^^;
それではピッチャー編です。よろしくお願いします。
ピッチャー編も2016年シーズン記録を参考にまとめてみました。
ピッチャーの方の成績を見比べてましたが、やはり大谷選手は凄いですね。。。
自分が監督としてもどちらで使うのか迷うほどでした。
昨日の打撃の方に大谷選手を抜粋してますので、大谷選手は参考までに記録を記載しておきます。
※勝敗数は、チームの打撃によって変るので、投球回数での被安打率・四球にて計算しております。

先発陣 9人+大谷選手(参考) 
          防御率  投球回数 被安打数  四球  被安打率 四球率   総合
1 菅野智之投手  2.01   183回  156本   26個  0.85   0.14   0.95
2 石川 歩投手  2.16   162回  142本   22個  0.87   0.13   1.00
3 千賀滉大投手  2.61   169回  125本   53個  0.73   0.31   1.04
4 石田健大投手  3.12   153回  128本   36個  0.83   0.23   1.06
5 和田 毅投手  3.04   163回  138本   38個  0.84   0.23   1.06
6 今永昇太投手  2.93   135回  108本   38個  0.80   0.28   1.08
7 岩貞祐太投手  2.90   158回  119本   55個  0.75   0.34   1.09
8 野村祐輔投手  2.71   152回  139本   37個  0.91   0.24   1.15
9 菊池雄星投手  2.58   143回  117本   67個  0.81   0.46   1.27

※ 大谷翔平投手  1.86   140回   89本   45個  0.63   0.32   0.95

1.00以下の選手は2人でした。これを見ると大谷選手の凄さが分かるかと(笑)
被安打数率でいくと、阪神の岩貞投手と西武の菊池投手が凄いんですが、2人は四球が多いという事が
分かります。被安打数と四球が少ないと、連打の恐れが低く安心ですね☆

中継・抑え ※昨夜寝不足の為、四球は手抜きしました。(爆) ← 許して下さい >< 
             防御率  投球回数 被安打数 被安打率  
1 宮西尚生投手(日)  1.52   47回   28本   0.59  
2 牧田和久投手(西)  1.60   78回   54本   0.69
3 秋吉 亮投手(ヤ)  2.19   70回   50本   0.71
4 平野佳寿投手(オ)  1.92   61回   44本   0.72
5 松井裕樹投手(楽)  3.32   62回   47本   0.75
6 南 昌輝投手(ロ)  2.74   62回   48本   0.75
7 中﨑翔太投手(広)  1.32   61回   50本   0.81

※日本ハムの宮西投手圧巻ですね^^ 頼もしい限りです♪
以上のデーターをもとに、オーダーを作りたいと思います。
ただ、先発数と中継ぎ・抑えの数が逆だったら良かったですね・・・

先発3人
1番手 菅野投手 2番手 石川投手 3番手 千賀投手 です。
中継ぎ 宮西投手 牧田投手 秋吉投手 松井投手 南投手 です。
抑え  平野投手 中崎投手 です。

松井投手は、中崎投手よりポイントはいいんですが、防御率が3点台なので中継ぎに回してます。
最終ポイントで見ると、感覚的にぱっとしない気も。。。
これは同意してくれる方少なそうなので、希望のオーダーも作ります。(欲ばってすいません。)

◎これは熱い!投手陣オーダー
先発 1番手 マー君 2番手 前田投手 ダルビッシュ投手 
中継ぎ 岩隅投手 田澤投手 宮西投手 牧田投手 秋吉投手 平野投手 松井投手 中崎投手
抑え  大谷投手 上原投手

こんな感じで、いかがでしょうか? データー全然必要ないじゃん(大爆笑)
まぁ理想と、データーでは変る物ですよ。。。 テーマ毎にオーダー作るのも楽しいもんですね♪
楽しいお題ありがとうございました。 それでは、WBC本番楽しみましょう~☆ ^^v 

こんな記事も読みたい

日本がU23W杯初代王者に!!【欧州野球狂の詩(Ver.スポーツナビ)】

侍ジャパン強化試合の選出???だらけ、小久保は監督に向いていない 第2回WBC 日本代表応援クリアファイル【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

淳希ぃ!やるやん!【竜の咆哮はきこえるか?】

ブロガープロフィール

profile-iconkakontyu

鷹党のプロ野球ファンです。kakontyuと申します。大学生ですのでお見苦しい点がありますが、よろしくお願いいたします。
……ちなみにマッチと同じ誕生日、です!
  • 昨日のページビュー:6
  • 累計のページビュー:904343

(10月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 補強…補強…また補強…
  2. 三冠王、発見…かもしれない
  3. パ・リーグ順位予想Aクラス編
  4. ついに秋山監督退陣論が…
  5. ホークスの補強
  6. プロテクト問題…と懐かしのあの人
  7. 最強オーダー
  8. 優勝は良かばい!そして松中信彦選手
  9. 不協和音
  10. パ・リーグ順位予想Bクラス編

月別アーカイブ

2017
09
07
03
2016
11
10
06
04
03
02
2015
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss