kakefutonさんのこれまでのコメント

2位通過が見えてくる

2位通過が見えてくる

 コメント失礼します。

 金本監督は2位死守を最大の目標にしているのだと感じます。

 横浜戦を5試合残していますが、まず2勝することを優先に考えるでしょう。
 そうすればその後、仮に全敗しても追い付かれることはなく、いろいろな選手を試しながら試合もできると考えているのではないでしょうか。

 勝ちながら育てる、これを実践しているのでしょう。

2017-09-24 15:46|コメント支持(0)

【タイガース】中谷のスタメン外れについて

【タイガース】中谷のスタメン外れについて

 コメント失礼します。

 中谷のスタメン起用についてはおっしゃるとおりだと思います。
 金本監督もほんとうはそう思っているでしょう。

 あえて外すことの理由を考えるなら、小野投手に勝ちをつける為に打撃の調子のよい俊介を起用したのかと。
 そして、鉄壁のリリーフがあるので小野投手を5回で降板させたこともその理由を証拠づけるものかなとも思います。

2017-09-24 15:39|コメント支持(1)

CSを3位決定戦にしてみる案

CSを3位決定戦にしてみる案

 それもおもしろい案ですね。
 詳細に考えると、総当たりなのかトーナメントなのか、考えてみるとまたおもしろいです。

2017-09-23 08:25|コメント支持(0)

阪神タイガース 掛布二軍監督解任と金本監督全権委譲

阪神タイガース 掛布二軍監督解任と金本監督全権委譲

 長文、おつかれさまでした。

 いろいろと思うところはありますが、金本監督=現場のトップに全権委譲はとても良いことだと思います。
 やはり現場にいることが一番状況を把握しやすいです。

 金本監督に限っては、一般的に言われる負ければ退任、という短期的になりやすい傾向は当てはまらないですね。

 その証拠に、『超変革』ということで今のような選手起用はできないでしょう。
 それがある意味成功の道を進んでいるように感じられるから、金本監督に長期的にも任せるという判断になったのでしょうね。

 勝つために、勝てなくても許された監督の存在も『超変革』だったかもしれませんね。

 そしてもうひとつ、一旦は指導方法の違う掛布さんは現場から離れるという判断も素晴らしいと思います。
 船頭多くして・・・とあるように、選手にとって混乱しないということを考えると。
 なにせ、掛布さんもトップに立てる人物ですから。


2017-09-22 12:50|コメント支持(0)

待たれる左打ち強打者の出現を!

待たれる左打ち強打者の出現を!

 コメント失礼します。

 左には糸原がいると思います。
 故障さえ治れば即、戦力として十分のような気がします。

 板山も福留や鳥谷、糸井が引退するころまでには、もっと力をつけてくれることでしょう。

 甲子園では右の長距離打者、左の好打者(巧打者)が良いですね。浜風を考えると。

 右では中谷・大山・(陽川)、左では高山・糸原・板山が若トラの中心選手になっていくのでしょうね。

2017-09-22 12:29|コメント支持(0)

続・掛布2軍監督退任に思うこと

続・掛布2軍監督退任に思うこと

 コメントありがとうございます。

 掛布退任の発表は球団がしたのですよね!?

 引き続き阪神にとって必要な人財なら、同時に次の役職を発表するべきですよね。
 そのへんが球団としてヘタなのでしょうか?

 日清のカップヌードル『ナゾ肉』のように、センスのある広報をしてもらいたいですね。

2017-09-20 12:23|コメント支持(0)

鳥谷選手のゴールデングラブ賞は?

鳥谷選手のゴールデングラブ賞は?

 今年については、他チームのサードに誰がいるか、記憶だけではパッと思いつきません。
 巨人は村田?
 広島?

 宮崎がそういう数字が出ているとしても、守備がうまいというイメージはありませんがどうなのでしょう。

 となると、十分、鳥谷の受賞は可能性大でしょうか!?
 シーズン当初は鳥谷のサードもぎこちなかったですが、今では安心してみていられるようになっています。さすがです!!

2017-09-19 19:33|コメント支持(0)

続・掛布2軍監督退任に思うこと

続・掛布2軍監督退任に思うこと

 再び、コメントありがとうございます!!

 育成方針が違うのに指導する立場に残るのは選手が困惑するということで、掛布さんが引いたのかもしれませんね。
 自分のことだけでなく、チーム、選手のことを思う気持ちが掛布さんの退任判断だったということを期待します。

 ただ、金本さんの指導方針が悪いかというとそういうわけでもないと思いますし。

 掛布さんは指導がゆるいというより、選手が自主的にがむしゃらにやらなければいけないのが本当だと思います。

2017-09-19 12:40|コメント支持(0)

掛布2軍監督退任に思うこと

掛布2軍監督退任に思うこと

 コメントありがとうございます。

 退任の理由は、金本監督が方針に合わない掛布監督にやめてもらったということなのでしょうか?

 理由はなんであれ、掛布さんは阪神のことをいつまでも思ってくれることでしょう。

2017-09-16 20:01|コメント支持(0)

掛布2軍監督退任に思うこと

金本監督と掛布監督

 コメントありがとうございます。

 そういう報道があったのですか。
 退任の本当の理由と経緯は、本人同士また球団しか分からないかもしれませんが、掛布監督は選手の個性に合わせた指導ができると思っていましたので残念です。
 金本監督と方針が違っていても、ファームという育成の場では、問題ないと思います。

 新聞の報道が本当でないとあってほしいです。

 金本監督も指導者の経験を積んで引き出しを増やしていけると良いです。
(今の打てない状況の阪神には、金本監督のようなひとが改善するのに適任だったかもしれませんが)

2017-09-14 12:41|コメント支持(0)

背番号3が認めた!?大山選手

今の大山選手

 新人だから下位打順でとかでなく、今の大山選手の状態と素質をみて打撃の柱として金本監督は四番にすえたのでしょう。
 金本監督の期待に応えた大山はすごいですが、金本監督からすると大山の四番はそれほど大きな決断ではなかったようです。
 それだけ大山の状態がよいということで、当然の結果なのかもしれません。

2017-09-03 10:13|コメント支持(0)

鳥谷を実感

鳥谷を実感

 多くの選手は調子や成績に波があります。
 それは年単位でも月単位でもあることです。
 その波が少ないのが鳥谷ですよね。

 昨年の大不振まで、順調に安定した成績を残してきたと思います。
 阪神に大砲が少ないことから、金本監督のもと飛距離アップを目指した昨年ですが、結果は出ませんでした。
 しかし、今年は鳥谷本来の打撃スタイルに戻し、結果が出ています。
 昨年の不振は鳥谷自身、ある程度予想していたかもしれません。
 しかし、それを無駄にしないのが鳥谷で、今年は強く引っ張る打球も多く見かけるような気がします。

 北條も上本も多くの選手は、鳥谷に比べると好不調のなみが大きく、金本監督がそれを見極めてうまく起用していけば、阪神もかなり強いチームとなるのでしょうね。

2017-08-22 13:02|コメント支持(0)

休養後の福留選手は、抑えられ無い

休養後の福留選手は、抑えられ無い

 福留選手はいつまでも頼りになる選手ですね。
 ベテランになっても守備でも貢献できるのがすごいです。

 また、なんといっても12球団一の防御率の投手陣の頑張りが阪神を支えているのは言うまでもありませんね。

2017-08-13 11:14|コメント支持(0)

タイムマシンで好きな選手でチームをつくってみた

タイムマシンで好きな選手でチームをつくってみた

 コメントありがとうございます。

 ベストオーダーを考えるとどうしても優勝時のメンバーが多くなりますね。
 自分は比較的渋めの選手が好きなことが多いので迫力不足?ぎみですが・・・。
 バース、掛布、金本がいれば十分ですが。

 新庄選手、そういえばショートも守ってましたかね!?
 センターのイメージが強いです。

2017-08-13 11:07|コメント支持(0)

早く小野投手の初勝利を見せてくれ

早く小野投手の初勝利を見せてくれ

 小野投手は、投げるたびに次も投げさせてみたいと思わせる感じです。
 自分も初登板をみましたが、その時は明らかに本人の投球ではないのでは・・・、という印象でした。

 首脳陣の間でよいストレートを投げる、などの高評価があるようですが、投げるたびにそれを感じさせる投球ですね。
 きっと近いうちに初勝利はつくのでしょうね。


 大山選手、起爆剤となりましたね!!!

2017-07-01 20:29|コメント支持(0)

調子の悪さと対戦相手

調子の悪さと対戦相手

 コメントありがとうございます。

 俊介の楽天戦の件は、知りませんでしたが、ホームランになりそうだったのですね。

 しかし、連敗を救ったのは新人の大山がプロ初安打、初ホームラン、初打点、初お立ち台と、近年にはなかった!?衝撃的できごとですね。
 これも金本監督をはじめとする首脳陣の起用によるものだと思います。

 文字通り、月が替わってツキもかわったとなることを願います。

2017-07-01 20:21|コメント支持(0)

明日からのオリックス3連戦で復帰?

中継ぎ投手

コメント失礼します。
青柳や小野の中継ぎはあるでしょうか?
私はないと考ぇますが。

2017-06-06 12:41|コメント支持(0)

サーフィンNO.H.MI

サーフィンNO.H.MI

 マサヤマモト(山本昌)さんが、マリン球場のバッテリー間は投手にとって向かい風と言っていました。
 向かい風を利用して鋭く落ちる球などをうまく使ったようですね。

 KY 空気読めない じゃなくて 風を読む とのことでした。

2017-06-01 12:48|コメント支持(0)

俊足巧打の男がヒーロー

秋山投手

 慣れない球場での投手って大変じゃないかなと思うのです。
 マウンドの感じだったり、背景の見た感じであったり、慣れない感覚が微妙に影響してくるのでは・・・と。
 岩崎や桑原なんかもちょっと違和感があるような気がしました。

 だから、秋山投手もそれほど心配ないと考えます。

 あの菅野投手も打たれましたから。慣れない球場のせいも少なからずあると思います。

2017-05-31 12:48|コメント支持(0)

苦しかった交流戦初勝利

2戦目

 金本監督なら、俊介は続けてスタメンだと思います。

 あとキャンベルは、当然投手との相性というものがあるにしても覇気が感じられなく、スタメンは厳しいのでしょう。
 代わりはだれか? 中谷が昨日、良い打球を打ってれば中谷でしょうが、本日は原口ではないでしょうか。

 このように考えます。

2017-05-31 12:41|コメント支持(0)

ブロガープロフィール

profile-iconkakefuton

スポーツナビネーム  ~夏でも掛け布団~


 小学生になる前からの阪神タイガースファン。かれこれファン歴、半世紀弱。

 ミスタータイガース掛布雅之をきっかけに阪神ファンになり、努力して勝ち取ったミスタータイガースの野球に対する姿勢と理論に賛同しています。・
 また、一流・超一流と呼ばれた複数の選手の直筆本を読み、プロ野球を勉強しました。

 どんなに勝てない時期があってもやはり阪神ファンはやめられい、他チームでも一流の選手の魅力を感じる、こんな私です。
 
  • 昨日のページビュー:47
  • 累計のページビュー:1531905

(09月25日現在)

関連サイト:飽きることのないこの世の中

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. こんなことがあるのですね チーム状態と和田監督
  2. 阪神に来たいか?
  3. 金本監督が来年どのような起用法・戦法をするかの興味
  4. WBC日本代表対阪神の試合を終えて ノムさんの考える意外な!?8番打者は???
  5. 2016年末に想う、2017年のメンバー
  6. 鳥谷残留で吹っ切れろ
  7. 鳥谷敬 生涯記録を振り返る
  8. 阪神にきた大物選手
  9. 鳥谷の評価 巨人広島中日DeNAヤクルトファンの目線
  10. 超変革は一日にして成らず~強い打球・鳥谷の目・香田コーチ

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss