横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

アレックス・ラミレス

アレックス・ラミレスのスタメン采配問題

9月29日 横浜スタジアム(ホーム) De6-2阪神 勝利投手 石田 (6勝6敗0S) 本塁打 戸柱9号(4回裏3ラン)、筒香26号(6回裏2ラン)※Deのみ 2位と3.5ゲーム 4位と0.5ゲーム  勝った…だよー。4番筒香選手、6番戸柱選手。この打順が見事にハマりました。石田投手のピッチングもよかったですが、戸柱選手のリードも光ってましたね。  ラミレス監督は打順変える采配、ちょくちょく当......続きを読む»

ノーノー石田健大の交代問題

9月23日 ナゴヤドーム(ビジター) De13-5中日 勝利投手  石田 (5勝6敗0S) 2位と5.5ゲーム 4位と1.5ゲーム  勝った…だよー。  初回8得点は驚きましたね。中4日の休養でリフレッシュができたのでしょうか。守備の間を抜けるヒットが多く、マシンガン打線を彷彿とさせるバッティングでした。梶谷選手の盗塁も大きかったですね。相手先発・伊藤投手の投球は甘いボールが集まっていたわけで......続きを読む»

アレックス・ラミレスの細かい継投策問題

9月16日 東京ドーム(ビジター) De1-0巨人 勝利投手 井納 (6勝9敗0S) セーブ 山崎康 (4勝2敗24S) 本塁打 梶谷19号(4回表ソロ) 首位と16ゲーム 2位6ゲーム 3位と0ゲーム  勝った…だよー。まさに全員で勝ち取った勝利だったようですね。  というのは、ベイスターズファンと飲んでいて、一球速報を見ながら一喜一憂していたので、「ようですね」と書かせていただいた次第でご......続きを読む»

ラミレス監督のアクロバット采配問題

7月11日 マツダスタジアム(ビジター) De5-2広島 勝利投手 石田 (3勝3敗0S) セーブ 山崎康 (1勝1敗12S)  仕事でほとんど見れなかったのですけど、なんとか勝てたみたいですね。よかったですね。本当に良かった。AS前の最後の広島戦。この勝利は首の皮1枚つながったような形になりましたね。  試合を見れてないので記録から追いかけますが、この試合の安打数12に対して得点は5。残塁多く......続きを読む»

1回表の石川雄洋のバントはサインだったのか問題

4月25日 甲子園球場(ビジター) De1-0阪神 勝利投手 濱口 (2勝0敗0S) セーブ パットン (2勝1敗3S)  もう少しでゴールデンウィークを迎えるというなか、関東地方は五月晴れ。ベイスターズはスミ1で勝利をもぎとりました。この試合のポイントを私は2つあげたいと思います。1つは1回表の石川選手のバント。2つ目は7回裏の2死満塁3-2、ヤマヤス投手のツーシームです。  先にヤマヤス投手......続きを読む»

ラミレス監督が投手交代を我慢している問題

4月19日 マツダスタジアム(ビジター) De4-0広島 勝利投手 今永 (1勝1敗0S)  やっと春うららかな季節になってまいりましたが、ベイスターズファンの皆さんはいかがお過ごしでしょうか。そんななか朗報でございます。ベイスターズが広島カープに完封勝ちをしたそうですよ。今永投手の1安打完封勝ちです。逆球も多かったように見えましたが、緩急織り交ぜたピッチングで9回まで投げ切ってくれました。1塁球......続きを読む»

バント型に変更するラミレス采配問題と2番梶谷問題

 奄美で秋季キャンプを行っているベイスターズですが、打撃陣はバントやエンドランを重点的に練習を行っているそうですね。ラミレス監督の就任当初は2番に梶谷選手を据え、攻撃的野球を標榜していました。しかし、途中からバントの重要性を指摘。CS前の練習でもバントを重要視していました。何が彼をそうさせたのでしょうか。  ラミレスさんは現役時代から監督になるのが夢だったそうですね。となると、バントの少ない攻撃的......続きを読む»

ベイスターズのバント練習問題

DeNAラミ監督“バント漬け”指令「筒香以外は全員してもらう」 2016年10月24日 デイリースポーツ  っていう記事があがってました。ラミレス監督は2016年シーズン前に、”2番梶谷”の攻撃的野球を掲げており、「犠牲バントで簡単にアウトを一つあげる必要はありません」とまで語っていました。しかし、デイリーの記事には「バントをできずに落としたゲームがあった」とバントの重要性を説くまでになっ......続きを読む»

石田健大6回86球無失点交代と中継ぎの内角使い方問題

9月8日 横浜スタジアム(ホーム) De3-5ヤクルト 敗戦投手 田中(3勝3敗0S) 130試合 61勝 66敗 3分 3位  2位と5ゲーム差 4位と3ゲーム差  負けました。7回の失点が全てですかね。3点リードしていて継投で逆転されてしまうのは痛いです。以降のベイスターズの攻撃は当たりが良くても相手の守備範囲に入ってしまっていました。流れが向こうに行ってしまっていたんですかね。  先発は中......続きを読む»

今永昇太、7回93球無失点交代問題とブルペンの登板数問題

9月4日 甲子園球場(ビジター) De1-3阪神 敗戦投手 田中(3勝2敗0S) 本塁打(Deのみ) ロペス 24号(2回表ソロ) 127試合 59勝 65敗 3分 3位  2位と4ゲーム差 4位と2ゲーム差  今日勝って、3タテぬけぬけ問題を取り上げようと思っていたのですが、負けてしまいました。3連勝3連敗を繰り返していたのは表ローテと裏ローテの先発能力の差っていうだけなんですけどね。    先......続きを読む»

なぜぺトリック投手だったのか問題

8月30日 マツダスタジアム(ビジター) De2-8広島 敗戦投手 井納(6勝10敗0S) 本塁打(Deのみ)筒香 37号(6回表ソロ) 122試合 57勝 62敗 3分 3位  首位と16.5ゲーム差 2位と5.5ゲーム差 4位と2.5ゲーム差  負けましたね。リアルタイムでは全く見れなかったので、Deさん・かぷさんのまとめ動画や出場成績を確認してみました。よくよく考えると、松山(井納投手)、安......続きを読む»

ラミレス監督の負け試合の作り方問題

7月28日 ナゴヤドーム(ビジター) De2-15中日 敗戦投手 熊原(1勝1敗0S) 96試合 46勝 47敗 3分 首位と11ゲーム差 3位  ルーキー熊原投手、2回で7失点です。試合が決まるのが早かったですね。    前回登板も前々回の登板も初回先頭打者に四球を出し、初回失点している熊原投手ですが、今回の先頭打者は四球を出しませんでした。三塁打でした。熊原投手はやっぱり立ち上がりの悪さが目立......続きを読む»

ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題

7月2日 横浜スタジアム(ホーム) De1-4広島 勝利投手  石田(6勝3敗0S) 本塁打(Deのみ)筒香 17号(4回裏ソロ) 77試合 35勝 39敗 3分 首位と9.5ゲーム差 2位  今日はライトスタンドで観戦してきました。いやあ、暑かった。家に帰ってもまだクラクラしています。選手はもっと大変だったのではないかと思います。  初回、先発の石田投手は1人目の打者にストレートのフォアボー......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:2408
  • 累計のページビュー:2699238

(12月12日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  9. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss