横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

梶谷のやる気のなさそうな空振り問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月20日 交流戦・横浜スタジアム(ホーム) De2-5日ハム 敗戦投手 砂田(1勝2敗0S) 70試合 31勝 36敗 3分 首位と8ゲーム差 5位

 試合を見れなかったので、帰ってからハイライト映像を確認しました。試合展開としては、前日と同じような点の取られ方をされてますが、砂田君が打たれた球は、どれもコース、高さは悪くない変化球っていう印象です。平田君の投球内容はよくわかりませんが、ミスもあったようなので、余計な点を取られてる感じでしょうか。

 打線は筒香の前後、梶谷宮崎がノーヒットです。

 ロペスがいない今、筒香の次に打ってもらわないといけない選手が梶谷だと思うのですが、左投手の外角低め変化球にめっぽう弱い。今、特に、素人目から見てもめっぽう弱いです。

 梶谷は2013年8月に突如ブレイク。その月、1か月で打率は4割越え、8本塁打という衝撃の成績を残しました。2014年には盗塁王を獲得。守備や足でも魅せる選手で、トリプルスリーの候補としてあげられていました。しかし、2014年は.263 16本。2015年は.275 13本と期待以上の成績は残せていない。というか、ファンが梶谷に期待しすぎてるだけなのかもしれませんけどね。

 昨年あたりから、左投手にアウトコース低めにスライダー系のボールを投げられると、やる気のない感じのスイングで三振してしまう場面をよくみられます。やる気のないというのはファン目線であって、正しくはつられるようにといった方がいいかもしれません。調子のいいときはしっかりと踏み込んで左右にライナー性を打球を飛ばしてくれるのですが、ここ数試合はそういうバッティングを見れていません。

 逆にアウトコース低めのストレート系のボールは左方向に鋭い打球を飛ばす場面をよくみるようになりました。変化球には弱いんだよなあ。

 そういえば。ゴールデンウィークあたりのヤクルト戦のとき。梶谷打席でカウント3-2、アウトコース低めの変化球を投げられて、膝が崩れるように打った打球がショートゴロだったのを思い出しました。「どうにか打ってやろう」という気持ちが伝わってきましたが、自分のバッティングをも崩されてしまっているようでした。

 膝が突っ立ったような状態のまま、アッパー気味に鋭い打球を運んでいくのが梶谷らしいバッティングのように思えます。だからなのか、粘ってカットするような器用なことができない。左投手にアウトコース低めのスライダーを投げられると、自分らしい打球を飛ばせないがわかっている。梶谷自身、スイングの始動の時点で、大体の結果が見えてしまっているのではないでしょうか。。だから、ああいうスイングになってしまう。また、あっさりと見逃し三振喫してしまう場面をよく見るのも、そんな理由からではないかと思いました。

 素人目で勝手に妄想してるだけなので、本当のところはわかりませんが、この弱点の克服が梶谷の本当のブレイクへの道筋なのではないかと思います。…言いたいことがうまく書けてるかどうかわかりませんが。とにかく。過去、屋鋪や鈴木尚典がある時期から自分のバッティングを見失ってしまったことがあったので、梶谷に同じ轍を踏んでほしくないという想いを誰かに伝えたかっただけなのです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
梶谷隆幸
タグ:
横浜DeNAベイスターズ
梶谷隆幸

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

梶谷のやる気のなさそうな空振り問題

コメントありがとうございます。

なんとなく、ご理解いただけて幸いです。

ただ、お言葉を返すようで申し訳ないのですが、「やる気なさそうな空振り」は2ストライク後が多いように思えます。2ストライクとられたら、読みも何もないのです。ところが、自分のバッティングにこだわってる部分があるのか、アウトコース低めのスライダーにつられるように空振りしてしまう。そのように思えるのです。それまでのカウントは、おっしゃるように読みが外れての空振りなのだと思います。

梶谷は下半身がしっかりしてるので、当たれば飛ぶんですけどね。自分の読みと間合いにうまく入ってくるボールがなかなかなくて四苦八苦しているように見えます。もうちょっと、バッティングの幅が広がればいいなあと思いつつ、でも、自分を見失わないようにしてほしい。
とはいえ、
5月の快進撃は梶谷が戻ってきてからなので、チームが浮上するには、やはり梶谷の復調がカギです。やってもらわないと困ります。

須田、乙坂は心配ですね。故障の詳細を知りたいですね。

「梶谷のやる気のなさそうな空振り問題」へのコメント

失礼します。
映像ですが試合を観ているので仰る事、すごくよく解ります。
とりわけ今季はその手の変化球に弱くなっていますね……ラミレス監督も3番でライトに置くつもりでいるなど何とか出来ないかと試行錯誤中の様ですが……
更に読んで打つ事が多く、今季はその読みも冴えない様なので余計に「読みが外れてやる気なく見える三振」が増えるんですよね。
ロペス不在な上に投手陣が疲れぎみ(須田は怪我?)、そしてこの大連敗で、CSももう非常に望み薄な状態ですが、もし可能性があるとすればここからの梶谷の完全復活くらいでしょうから、期待はしたいのですが……

こんな記事も読みたい

“投手”大谷翔平にデータが期待すること【野球専門誌『ベースボール・タイムズ』編集部ブログ】

交流戦最終戦を白星で飾る【猛虎、目指せ日本一!】

連敗。。6月20日。【えんじょいブログ】

【号外】交流戦まさかのホーム6連敗で終了して考えてみる。【ベイスターズが勝ったら更新するブログ】

2軍との大量入れ替え。6連敗だけど、交流戦終了という区切りがついて良かった。【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

地力の露呈【百万の綺羅星】

6/20日本ハム戦【中区からベイスターズを応援】

同じような負け方【ハマに酔う】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:711
  • 累計のページビュー:2499944

(10月24日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  9. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss