横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

『FOR REAL』は映画である必要があるのか問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

『FOR REAL』2017年版を観てきた…だよー。 (※以下の文章はネタバレになるかもしれませんし、ならないかもしれません。ご了承ください)

 今季のベイスターズを観続けたファンは、特に『FOR REAL』に期待していたのではないでしょうか。「あのときのベンチ裏はどうだったのか」「あの選手はあのときどう思っていたのか」、そして、「どういう雰囲気で日本シリーズを戦っていたのか」。

 映画にしろ、小説にしろ、もちろん、野球観戦もそうなのだと思いますが、期待しすぎると失望する。期待をせずに観に行くと「思ったよりよかった」。こういう感想になりがちなのは世の常なのではないでしょうか。

 私はちょっと期待しすぎたのかもしれません。暗黒時代を経て、誰がここまでチームや選手が成長すると予想できたでしょうか。雨の開幕戦は2-9で惨敗。開幕3戦目は延長で満塁本塁打を打たれてサヨナラ負け。そこから、梶谷選手や桑原選手のグラスラ。3試合連続サヨナラ勝ちなどがあって、CS進出。雨の甲子園と雨の広島を勝ち上がって日本シリーズ進出。0勝3敗からの2連勝。6戦目の9回裏まではリードしていたのだけど、元横浜・内川選手に本塁打を打たれて同点。延長のクロスプレーでサヨナラ負け。今季をぎゅっと縮めて書こうとしても、これだけの話が出てくるのです。

 さらに『FOR REAL』はベンチ裏の様子を映し出し、各選手、そしてチーム全体のモチベーションやテンションを時系列で切り取るのが特徴なわけです。コーチの仕事ぶりまでも描き出しています。

 これらを約100分でまとめようとしているのですよ。よくよく考えたら、そりゃあ無茶だわ。

「なぜ、あの選手を取り上げなかった」「なぜ、あのシーンにもっと焦点を当てなかった」「もっと長時間の上映ができたのではないか」。コアなファンであればあるほど、不満が出てくるかもしれません。今季過ごしているだけで、スポーツ紙などの各情報から、勝手に脳内補完をしていったファンも少なくないはず。今季のベイスターズをリアルに追いかければ追いかけるほど、この1年間は映画以上の壮大な物語になってしまう…。

 約100分の上映時間。私はこれで丁度よかったのだと思います。ただ、今年はいろいろありすぎたってだけなんだと思います。お客さんの中にはベイファンでない方もいらっしゃったでしょうし、野球を知らないで観た方もいらっしゃるでしょう。ファンだけが対象の映画ではない。この作品をきっかけにファンになってくれればいいな。そんな意図もこの作品には込められているように思えます。だから長々とやる必要はないんじゃないかな。

 さて。ここで表題の件について言及しようと思います。”『FOR REAL』は映画である必要があるのか問題”。是か非か問われたら、私は”是”と答えたい。

 映画の映像ってなんでしょう。『スター・ウォーズ』のようなCGを駆使した壮大な映像。ジャッキー・チェン映画のような迫力ある格闘シーン。もしくは小津安二郎作品のようなローアングルを多用した奥行きのある映像。映画監督ってスクリーンで魅せる意味を問い続けながら撮影に挑んでいるのだと思うのです。

 では、『FOR REAL』はどうでしょうか。「ベンチ裏の様子を映し出し」と先程書きましたが、それはどういうことかというと、鑑賞者が「ベンチ裏にいるような錯覚を覚える映像に仕上がっているという訳でもあるのです。試合内容については、各放送局から映像を借りているようなので、これは固定カメラ。ベンチや客席に関しては手持ちカメラで撮影を行っている。ときには客席から手持ちカメラでボールを追いかける映像もありました。これが、映画だからこそ味わえる臨場感を生み出しているのではないかと私は思うのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
FOR REAL
タグ:
FOR REAL
ベイスターズ
DeNA
横浜

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

『FOR REAL』は映画である必要があるのか問題

コメント、ありがとうございます…だよー。
「クラシコ」はこちらですかね。
http://www.clasico-movie.com/
https://www.youtube.com/watch?v=eppMnbjY8tg
(当時、地域リーグに所属していた、AC長野パルセイロと松本山雅FCの激闘の1年間を追ったドキュメンタリー。)
この映画は存じ上げませんでした。勉強不足です。教えていただき、ありがとうございます。
拝見したことはないのですが、また、こちらは毛色が違う作品のようですね。
『FOR REAL』は選手に焦点を当てるのか、チームに焦点を当てるのか。各ファンによっていろいろと見方が変わるんで、難しい企画なのかなあと思います。でも、続けてほしいです。

『FOR REAL』は映画である必要があるのか問題

サッカーだと一つのチーム、リーグを追いかけた映画に今はJ2所属の松本山雅を一年間追いかけたクラシコという映画がありますが、野球だとこの企画が初めてかもしれませんね。
いろいろと不満や改善点はあると思いますが、映像資料の一つとして球団史に残るかもしれませんね。

こんな記事も読みたい

戦力補強。そして各々のレベルアップを!【燃えドラ】

FA大野獲得と新外国人と改妄想スタメンとドラ1鈴木登場曲【妄想ドラゴンズ】

ガバナンスがないフロントに取って不倫の方が重要案件らしい【アナグラム的分析ラボラトリ】

白崎浩之が「後がない」と球団から宣告されている問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

* ”防寒対策”ってか(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

梶谷隆幸が「来季は打率を意識したい」って言ってる問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

細川成也選手にお詫びしたり褒めたりするブログ【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

スポナビブログも私にとってはファミリーだった【素人目線のベイスターズ考察】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2732178

(01月18日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  9. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss