横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか

ベイスターズ、まだ日本一には届かない問題 【日本シリーズ2017 第6戦】

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月4日 日本シリーズ 第6戦 横浜スタジアム(ホーム) De3-4×ソフトバンク 敗戦投手 エスコバー (0勝1敗0S) 本塁打 白崎1号(5回表ソロ)※Deのみ

 日本一になれなかった…だよー。

 野球の試合は一つの物語になっているというのが私の持論です。この試合、ソフトバンクにとっては不調だった松田選手の本塁打、元横浜・現ソフトバンクキャプテンの内川選手の同点本塁打、サファテ投手の3イニング回マタギ、元ヤクルト・川島選手のサヨナラ打。この4点がプロットのような形になったのではないかと思っています。日本一、おめでとうございます。

 ベイスターズサイドは白崎選手の活躍、今永投手の好投、ヤマヤス投手の被打、梶谷選手の送球がプロットになったのではないでしょうか。

 白崎選手は今季キャンプから流し打ちに取り組んでいたように感じました。オープン戦でも強引な流し打ちを何度か見ましたね。逆に魅力的な長打が鳴りを潜めてしまったように感じました。その白崎選手が2回表に流し打ち安打。5回表にはソロアーティスト白崎選手の真髄を見せてくれました。白崎選手の全てがこの2打席に集約されたのではないかと思います。あの白崎選手の本塁打の写真が、スポーツ紙にデカデカと載ったんですもんね。そんな日がくるんですね。なんでしょうね。言葉にならないですね。あの一打の時、腰は抜かさなかったですけど、「ファー」って言いました。「ファー」って。

 今永投手は先発を務めたシリーズ2戦とも、好投にもかかわらず敗戦。昨季の開幕4連敗を思い出しましたね。5試合の先発登板のうち、4試合でQSを達成していたのに負け続けた。「援護がないというのは防御率0点台の投手が言うこと」という名言もありましたね。これがあったから、今の今永投手があるのだと思います。本シリーズの今永投手も今後の今永投手の糧になるはずです。

 ヤマヤス投手に関しては、それこそ言いようがない。内川選手の同点弾はツーシームの落ちは悪かったかもしれませんけど、高さは間違えてない。むしろボール球でした。あのボールをスタンドに運ばれたら、ファンも首脳陣も選手も、納得しちゃうんじゃないですかね。

 それと梶谷選手。昨季に肩のケガをしてから、送球がずっと不安定だったように感じていました。ふわっとした送球で2塁に投げる姿をよく見ました。2016年秋までは送球フォームがオーバースローでしたが、以降は捕手送球のようなフォーム、要は捕った後にボールを耳の横に置いてから投げるようなフォームに変わったと思うんです。

 ほかの方はどう思っていらっしゃったかわかりませんが、私個人は梶谷選手の送球がずっと心配でした。でも、ペナントはこなせることはできたんです。しかし、日本シリーズという大舞台で梶谷選手の送球がフィーチャーされることになるとは。10月29日、ソフトバンクの決勝打となった中村選手の打球はライトへ。ライト梶谷選手の送球はやや1塁側に逸れたために間一髪でセーフ。そして11月4日は川島選手のサヨナラ打。ホーム送球のコースはよかったですが、バウンドが変わってセーフ。今季ベイスターズの試合は終わってしまいました。梶谷選手、しばらく立てなかったそうですね。言葉にならないです。

 一応、毎試合、レビューというか、感想をあげつづけてきましたが、スポナビさんで試合の感想をあげるのはこれが最後となります。ベイスターズさんのここ1か月の活躍ぶりを鑑みて、この試合の感想をどう言葉を紡いで書こうとしても、なんだか野暮になってしまいますね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
DeNA
タグ:
ベイスターズ
DeNA
横浜

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ベイスターズ、まだ日本一には届かない問題 【日本シリーズ2017 第6戦】

コメント、ありがとうございます…だよー。
白崎選手は驚きましたね。一番、驚いたのはベイスターズ関係者とベイスターズファンだったのではないでしょうか。でも、もともと、打球軌道と飛距離は宮崎選手よりも上だと思っています。昨季の甲子園中段に運んだ本塁打も驚きました。
古木選手や小池選手って湘南シーレックス時代じゃないですか。恐れ入ります。私が初めてファーム戦を見たの、昨季なんです。スカスタでの柴田選手の守備範囲には驚きましたね。それが翌年には日本シリーズで好プレーを連発するんですからね。何が起こるかわからないですね。

「スポナビさんで試合の感想をあげるのはこれが最後となります」って、まどろっこしい書き方だったかもしれませんね。「スポナビブログ」は来年1月にサービス終了しますんで、スポナビさんではもう、公式戦の感想を書くことはないです。
ただ、ブログは来季も続けます。1エントリーに2試合ということもあるかもしれませんが、試合の感想も毎試合書く予定です。「いつも読んでます」とコメントいただける方が増えてきたので、辞めるわけにはいかないなあと。それと「横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか」というタイトルをつけてしまっているので、「本当の優勝」をするまでは、辞められないです。引っ越し先が決まりましたら、また、ご報告します。今後ともよろしくお願いいたします…だよー。

ベイスターズ、まだ日本一には届かない問題 【日本シリーズ2017 第6戦】

ね! 白崎選手も頑張ったでしょ。ってゆーか、私もHRは出来過ぎとおもいますが。
『野球は物語』に同感です。
私の場合は、育成型のスマホゲームとも感じています。
少し前は面白かったですよ〜。
古木選手や小池選手が育つ姿を安針塚や追浜で応援して、ハマスタで打って走る姿を見て感慨に浸って目に涙。福本選手や西崎選手がベイスターズのユニを着た姿を見ただけで涙モノでした。
アレコレと失敗をしたり物足りない結果の時もありましたが、その次の場面ではしっかりと直して成長した姿を観せてくれた時は感動しちゃいます。
皆、日本全国津々浦々から選ばれた『やれば出来る子達』なんですから、そのやる気スイッチを監督やコーチが押してチャンスを与えて、モノにしたんですよね。
ウカウカしている立場では無い事は本人も体感して十分理解しているでしょうから、秋から春に掛けて更に磨きを掛けてオープン戦で逞しくなった姿を観たいです。
さてさて、このブログが終わっちゃうのですか?
いつも電柱の陰から楽しみにしていたのですが、残念です。
選手をディスらずに前向きに応援している内容で、読んでいて楽しかったのですがね〜何処かで続けて下さいね!

こんな記事も読みたい

ホークス優勝おめでとうございます【トラコ好きの虎男】

来季さらなる上を目指すために必要な補強について【YOKOHAMA lover】

今年のプロ野球・日本シリーズを振り返ると【スポーツ えっせい】

日本シリーズの意味、日本一の価値について雑感【いろいろ所持雑感】

レギュラーシーズンを振り返って(1):先発投手【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

今日からは来期のために さようなら啓二朗・・・【素人目線のベイスターズ考察】

日本シリーズ感想。そして、内川に対するモヤモヤが完全に晴れた。【ベイスターズとプロレスを愛するブログ】

正確な送球と正確な捕球で、来季こそリーグ優勝と日本一を目指せベイスターズ【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconkajiwaradamono

スーパーカートリオ時代以来の横浜ファン。
暗黒時代はやきうを見ることから離れていましたが、DeNA買収以降から、再熱。
肉眼で確認できそうなほどにチームが変貌していく様を見ていて、いてもたってもいられず、2016年シーズン中盤からブログを始めました。
  • 昨日のページビュー:767
  • 累計のページビュー:2732178

(01月17日現在)

関連サイト:@kajiwaradamono

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. なぜエースに井納翔一ではなく石田健大を指名したのか問題
  2. 石川雄洋はもうダメなのか問題
  3. なぜ宮崎敏郎はラミレス監督の評価が低いのか問題
  4. 山口俊、FA退団問題
  5. 梶谷のやる気のなさそうな空振り問題
  6. ベイスターズの先発投手陣問題
  7. ベイスターズ、ファンと選手の関係性問題
  8. ジョー・ウィーランド獲得! ベイスターズ、オフの補強は大丈夫なのか問題
  9. ラミレス采配は横浜野球に合致しすぎてるんじゃないか問題
  10. ロペスの骨折問題

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

https://twitter.com/kajiwaradamono

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss